フランスでその携帯は使えるの?日本のスマートフォンを使うための3つのこと

スマートフォン

長期での海外滞在が決まったら、まず気になるのが携帯電話のこと。新しいスマートフォンを買うとなれば結構高いし、データの移動も面倒。

出来れば使い慣れたスマートフォンをそのまま使いたいですよね。でも、日本で使用しているスマートフォンをそのままフランスで使う事は出来るのでしょうか?

今回は、そんな日本とフランスのスマートフォン事情をご紹介したいと思います。

関連:フランスで携帯電話を快適に!SIMカードを契約(購入方法・必要書類)

フランスで日本から持って行った携帯電話は使える?使えない?

疑問

まずスマートフォンの基礎知識ですが、simカードと呼ばれる通信を可能にする小さなチップを入れることで携帯の電話回線を使用して通話することやデータ通信でインターネットに接続する事などが可能になります。

しかし、現在日本国内で売られているスマートフォンには一部の機種を除いてほとんどの機種にsimロックと呼ばれる、契約した携帯会社以外のsimカードは使えないように制限されています。

最近ではある一定期間、携帯を利用した後にsimフリーに解除してくれるサービスも始まっていますが、国内にある携帯電話会社のショップに行って手続きをしなければなりません。

もし、今国内で使用されているスマートフォンをそのままフランスでも使用したい場合は、まずお手持ちの機種がsimロックフリーなのか、またはショップにてsim解除可能なのかを事前によく調べてみましょう。

そして手続きが必要な場合は、必ず国内で手続きを済ませてから渡仏して下さいね。

同じiPhone6sでも販売国によってモデルが違う?!

最近ではsimフリーのスマートフォンも少しずつ発売されるようになり、節約のためにも出来れば使い慣れたスマートフォンをそのままフランスに持っていきたいですよね。

でも実は、同じタイプの機種であっても販売される国によってモデルが違うことをご存知でしたか?

それぞれの国、更に各携帯会社では、バンドと呼ばれる使用している携帯周波数帯に違いがあります。

それぞれの電波をキャッチするためには、使用するスマートフォンが契約する携帯会社のバンド数に対応している必要があるのです。

ここではIphone6sを例に見てみましょう。

iPhone6sのモデルと販売国

  • モデルA1633:アメリカ、プエルトリコ
  • モデルA1688:日本、アメリカ、オーストリア、フランスなど
  • モデルA1691:中国
  • モデルA1700:中国

日本とフランスでは同じモデルのA1688 が売られていることが分かりますね。

同じiPhone6sでも販売される国によって採用されている周波数に違いがあるため、各国に対応した別々のモデルが販売されているのです。

国内で採用されているバンドとフランスのバンドを比べてみよう

国内で広く使われている超高速データ通信サービスの4G(LTE)ですが、日本で採用されている主なバンドは下記のようになっています。

  • Band1:2100MHz帯(au,NTT,Softbank)
  • Band3:1800MHz帯(NTT,Softbank)
  • Band11:1500MHz帯(au)
  • Band19:800MHz帯(Softbank)
  • Band18:800MHz帯 (au)
  • Band26:800MHz帯(au)

そしてフランスでは、2016年に電気通信事業を管轄する行政機関が下記のバンドを開放し、オークションを実施する事を発表しました。

  • Band1:2100MHz帯
  • Band3:1800MHz帯
  • Band8:900MHz帯
  • Band26:800MHz帯

これを3G,4G に当てはめて、早ければ2016年度内に商用サービスを開始する予定です。これだと、日本のスマートフォンでもBand1とBand26に接続する事が出来そうですね!

フランスで採用されているバンドの電波をキャッチするためには、契約したいフランスの携帯会社と今お使いのスマートフォンがどのタイプのバンドに対応しているのか、一度よく調べる事が大切そうですね。

まとめ

いかがでしたか?

フランスで日本のスマートフォンを使うために知っておかなければいけない事をまとめると、下記のようになります。

  1. 今使っているスマートフォンはsimフリーなのか、またはロック解除が可能なのか。
  2. 持っている機種のタイプと対応バンド
  3. フランスで契約したい携帯電話会社が採用しているバンド

simフリーの携帯であれば、どこのキャリアでも問題なく使えると思ってしまいますよね。

でも、実はそこには落とし穴が。使用しているスマートフォンがその国の4Gバンドに対応していないと、電波をキャッチ出来なくて3Gや2Gにしか繋げられない!なんて事になってしまいます。

せっかく日本から持って行ったスマートフォン。フランスのsimを入れたら使えなかった!なんていう事にならないように、渡仏前に良くチェックしてみてくださいね。

また、貧富の差が日本より大きいフランスでは、スマートフォンは高級品になります。不用意に地下鉄でスマートフォンを取り出して使っていると、横から手が伸びてきて強奪されたなんていう事件もよく聞く話です。

人の多いところではスマートフォンを取り出さない、また夜道で電話しながら歩かないなど、十分注意しながらスマートフォンをフランス滞在に活用してくださいね!

おすすめ

フランス人をおもてなし!王道だけど喜ばれる日本料理5選

フランスで携帯電話を快適に!SIMカードを契約(購入方法・必要書類)

フランスでワーホリ、思いがけないパリでの歯科治療体験

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. お金
  2. フランス人
  3. フランス生活
  4. workingholiday
  5. 海外で働く
  6. 馬車:delman(デルマン)

おすすめ記事

  1. オーストリアの幼稚園、保育園
  2. ミャンマーの観光地
  3. スイス人
  4. 北京で生活
  5. シンガポールで働く
ページ上部へ戻る