肥満大国?好きなものを根こそぎ食べるアメリカ人のリアルな食生活とは

ピザ、ハンバーガー、ホットドッグ、ジャンクフードのオンパレード

こんにちは、Guanxi [グアンシー] 編集部です。

アメリカに行って驚くことの一つは、太っている人がとても多いことではないでしょうか?実際のところ、街を歩けば日本の倍以上太っている人を見かけると思います。

では、肥満大国のアメリカ人はどんな食生活をしているのでしょうか?今回はその様子をほんの少しをご紹介します。

アメリカの肥満率

アメリカの肥満データ

参考:https://nccd.cdc.gov/

アメリカでは、太り過ぎ(overweight)の人の割合が35%以上(約3人に1人が肥満)の州は、なんと36州もあるのです。

肥満率は年々上昇傾向にあり、今回のデータでは36州でしたが、前年のデータでは20州でした。

アメリカの食生活に欠かせない飲み物、「ソーダ」

クリームソーダ

日本のレストランやファーストフード店に行くとドリンクの選択肢に緑茶、ウーロン茶、甘さ控えめのアイスティーや、オレンジジュースなどがありますよね。

しかし、アメリカのレストラン、ファーストフード店、ましてやスーパーやコンビニエンスストアでも並んでいるのは大量のソーダ類です。

コーラ、ジンジャエール、スプライト、アップルサイダーなどなど、様々な種類のソーダが並びます。無糖のアイスティーや、お茶などを探すのは一苦労です。

オーガニック系のお店や、アジア系の食料品店では緑茶やウーロン茶を見かけることもありますが、一般的なアメリカの食料品店ではほとんど見かけることはありません。

特にレストラン、ファーストフード店では、ソーダかジュース以外の選択肢はほとんどないのです。

関連記事▶︎アメリカ定番のダイナー、「クリスタルレストラン」をおすすめする5つの理由

 

朝昼晩の三食が炭酸飲料も当たり前?!

アメリカの食生活は常に炭酸飲料多くのアメリカ人はソーダが大好きです。朝食にソーダ、昼食にソーダ、そして夕食にもソーダを飲む人も多いですから、これはアメリカ人が太ってしまう大きな理由の一つです。しかも、ソーダは値段がとっても安いのです。

レストランなどでもソーダ類はお代わり自由な場合が多いですし、スーパーなどでもソーダ類は特売なことも多いです。特売の時にソーダを購入すると、ペットボトル1つ約25円程度で買えてしまう場合もあり、水よりも安い時もあるんです。

ソーダと同様に食べ物に関しても、炭水化物や脂質の塊のようなジャンクフードは価格が安く、野菜たっぷりのヘルシーな食事は概して高価なため、貧困層には太っている人が多いという話もあります。

逆に緑茶やウーロン茶はペットボトル1つ、最低でも150円ほどします。ですので、アメリカ人はついついソーダを手にとってしまうのかもしれません。そして、知らず知らずのうちに太ってしまうのです。 

関連記事▶︎アメリカ人が認める「ダイナソー・バーベキュー」でアメリカンな食事をしよう

肥満の原因になるアメリカの食生活。ピザ、ハンバーガー、ホットドッグ、ジャンクフードが盛りだくさん

ピザ、ハンバーガー、ホットドッグ、ジャンクフードのオンパレード

アメリカの典型的なレストランに行くと必ずメニューにあるのが、ハンバーガー、ピザ、ホットドッグ、フライドチキンなど。

日本でいうとスナック的なものばかりです。

ピザ、ハンバーガー、ホットドッグ、ジャンクフードのオンパレード

日本ではこういったメニューを日常的に昼食や夕食にすることはほとんどないと思います。しかし、アメリカの家庭ではこのジャンクなメニューが昼食や夕食になってしまうのです。

野菜が足りていないなど気にする人はごく少数。ほとんどのアメリカ人はこうったジャンクなメニューを気にすることなく毎日のように食べています。

お子様ランチもジャンクフード

アメリカはお子様ランチもジャンクフードアメリカでは子供のランチメニューもこういったジャンクなものが並びますので、実は子供の肥満に対しても問題視されるようになってきました。

しかし、日本のように健康的なおかず、お味噌汁、ご飯などが少しずつ並ぶようなことはほぼ皆無です。

簡単に汚さずに食べられて、片付けも楽チンなメニューがアメリカでは好まれるのです。こういった風習がアメリカ人の肥満を招いているのです。 

アメリカの食事は、食べきれないほどの超スーパーサイズ!

食べきれないほどの超スーパーサイズアメリカの多くのレストランでは、1人前を注文しても日本の2人前くらいの量が平気ででてきます。とんでもない量ですので、初めてアメリカで注文した人の多くは驚くはずです。

アメリカでは食べ残したものをボックスに入れて持ち帰ることができますが、ほとんどのアメリカ人はすごい量をその場で食べきってしまいます。飲み物のサイズも巨大です。

しかもその食べているものがジャンクフードやソーダなので、太るのは当たり前ですよね。

デザートもびっくりするほど巨大

巨大ケーキデザートのケーキやアイスクリームの量も半端ではありません。高く盛られたホイップクリームやキャラメルソースは驚くほど甘いですし、日本人にとっては2人でシェアしても食べきれるかどうかの量です。

アメリカ人にとっては当たり前のスーパーサイズ、肥満になるのも納得です。とにかく何から何までアメリカンサイズなのです。海外求人サイトGuanxi[グアンシー]

まとめ

いかがでしたか?

アメリカ人の食生活はとてもジャンクで量が多いのです。これはレストランに限らず家庭料理でも言えることです。

そんな毎日の食生活が肥満を招いてしまうんですね。特に田舎に行けば行くほど太っている人が多いのは、車移動だからという噂もありますよ!

もし、あなたもアメリカへ行くことがあれば、野菜などの食物繊維を取る、またカロリーの低い物を食べるなど、カラダには十分気をつけてくださいね!

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ記事

アメリカでモテるために必要な3つのこと(男性編)

アメリカでモテるために必要な4つのこと(女性編)

今さら聞けない生活習慣、アメリカ生活の基本の「キ」

 

アメリカ生活お役立ち

アメリカで妊娠したらまずこうする!妊娠検査薬の購入から初回の産婦人科受診まで

知らなければ恥をかく!アメリカ生活で「知っておきたい食事のマナー」まとめ

海外に3ヶ月以上滞在予定の人は大使館への在留届の提出が義務です

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. トロント
  2. リヨンの交通機関
  3. ヤンゴン動物園
  4. ドイツのビザ
  5. 青島54広場
  6. 葡萄

おすすめ記事

  1. プーケットでジャンプ
  2. 台湾でノマド生活
  3. タイの水質
  4. 台湾の地下鉄(MRT)
  5. 唐揚げホステルカフェ&バーtrica
ページ上部へ戻る