フォーしか食べないなんてもったいない!ベトナムで絶対食べるべきおすすめベトナム料理5選

これがベトナムのファストフード!バインミー

こんにちは、Guanxi [グアンシー] 編集部です。
 
ベトナム料理といえば、あなたは何を思い浮かべますか?そうです。ベトナム料理といえばフォーが有名ですね。フォーはもちろん美味しいです。
 
が、、、
 
フォーだけしか知らなければ、何かもったいないとは思いませんか?他にも美味しいベトナム料理はたくさんあるのです。これを食べずしてベトナムを去ることはできない!
 
おすすめのベトナム料理を5つ、紹介したいと思います。
 

ベトナムのつけ麺!ブンチャー


ベトナムのつけ麺!ブンチャー
出典:viet-jo.com
 
こちらはフォー同様、ベトナム人にも大変ポピュラーな料理です。ブンと呼ばれる米でできた細い麺を豚肉のたくさん入ったスープにつけていただきます。つけ麺を食べる要領で、ブンを少しずつ取って、スープに付けて食べます。
 
 
スープはフォーとは違い、肉汁たっぷりのこってりしたものとなっています。
そして、薄切りにした大根、人参、豚バラ肉、豚のつくねが入っています。お好みでにんにく、赤唐辛子、ライム、コショウを入れてみてください。
 
 
こってりした味の濃いスープが、モチモチとしたブンに絡まり、絶妙な味わいを生みます。甘さと辛さを両方楽しむことのできるつけ麺です。

これがベトナムのファストフード!バインミー


これがベトナムのファストフード!バインミー出典:flickr
 
バインミーは屋台で売っている、ホットサンドです。
 
 
パンの中にケバブ(屋台によってはソーセージや卵になります)、に香草(苦手な方はノー!と言えば抜いてもらえます)や千切りキャベツなどの野菜、チリソースやマヨネーズを挟み、ホットサンドの機械で焼いた食べ物です。
比較的どこにでも屋台はあり、一分程度でつくってもらえる、ベトナムのファストフードです。
 
 
一口噛めば肉汁がジワっと出てきます。それがパンに染み込み、野菜のあっさりさと相まってとても食べやすいホットサンドです。
 
 
これを片手に街を散策するもよし、湖のほとりに座って休憩するもよし、のお手軽ベトナム料理です。

包む手が止まらない!バインセオ


包む手が止まらない!バインセオ出典:flickr
 
こちらはベトナム中部の料理ですが、ハノイでもよく食べられる料理になっています。細長い豚つくねか、もやしやエビなどが入った米粉の入った生地をパリパリに焼いたものと、香草(お好みです)、キュウリや青いバナナ、パイナップルなどをライスペーパーでくるくる包み、甘いタレに付けていただきます。
 
 
少し甘めの料理ですが、一度食べたらその美味しさにやみつきになります。リピート必須のベトナム料理です。

米だって美味しい!ソイセオ


米だって美味しい!ソイセオ
出典:flickr
 
 
ベトナムのお米はタイ米とは違い、比較的日本米に近いものなんですが、中でもソイセオの米は黄色く、普通の米よりもモチモチしているのが特徴です。日本でいうおこわですね。
 
 
この上にマッシュされた緑豆、フライドオニオンが(お店によってはドライミートも)乗っています。
 
 
シンプルなものですが、見た目以上にお腹がふくれる料理です。味も素朴で日本人にも食べやすい一品です。

お肉好きにはたまらない!バインミーチャオ


お肉好きにはたまらない!バインミーチャオ出典:webry.biglobe.ne.jp
 
浅い鉄のプレートに乗っているのはドロっとした薄ピンクの甘いタレに半熟目玉焼き、マッシュポテト、パテ、ソーセージ、豚肉、牛ひき肉。これにパンをディップしていただきます。
 
 
お肉好きにはたまらないほどの肉の量で、パンに乗せて食べます。目玉焼きを割ってタレに絡めて食べるのもおすすめです。
 
 
パンが足りなくなって追加オーダーもしてしまうほどの量です。食べ始めたら最後、その美味しさに手は止まらず、最後まですくい取って食べきってしまいます。

まとめ


海外求人サイトGuanxi[グアンシー]
いかがでしたでしょうか。
 
今回紹介した5つの料理すべてが5万ドン以下(約250円以下)でどこでも食べることのできる美味しいベトナム料理です。
 
 
フォーはもちろんのこと、ぜひこちらの5つの料理にも挑戦してベトナム料理を楽しんでください。
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. 韓国企業
  2. タイへ移住
  3. 台湾のお茶
  4. カンボジアの学校
  5. 香港人の働き方の特色
ページ上部へ戻る