ロンドンでの部屋探し!初めての部屋探しでの4つの手順


長期/短期留学、ワーホリ、海外転勤、旅行……。様々な理由でロンドンに来られると思います。

夢や希望を持って、ロンドンには世界中から人が集まります。みなさんもこれから、どんなロンドンライフが待っているんだろうと楽しみ半分、不安半分な心境ではないでしょうか。

何はともあれ、まずはイギリス生活をスタートさせるにあたり、一番大切なことは家探し。ロンドンの家賃相場は常に世界で1、2位を争うほど高いことは有名で、家探しには本当に苦戦を強いられます。

限られた予算の中で快適な家が見つかるように、今回はロンドンでの家探しのポイントをお伝えしたいと思います。

ロンドンへ行く前に部屋の目星をつけよう

ロンドン

私はロンドンで家が見つかるまで「経済的に余裕があるのでホテル暮らしをする」もしくは「知り合いがいるので居候させてもらえる」などができませんでした。

そこで取った行動が渡英前に短期間だけ住める家を探す」ということです。

ワーホリの方なら2年、留学生や駐在員の方なら更に長くなるであろうイギリス滞在。これから長期で住むことになるそんな大切な住まいを、日本にいながらにして探すことはとても困難だと思います。

なので、短期的住む部屋を事前に探すことをおすすめします。

まず日本にいる間に、ロンドンに到着してからの何週間か滞在できる場所を探しましょう。数週間なので、多少何かしら問題があっても我慢できるのではないでしょうか。

そしてその滞在中に本格的な家探しをおこないます。ロンドンでの家探しの際、おすすめするWebサイト3つをご紹介します。

関連:ロンドンの物価は?1ヶ月の生活費シミュレーション

ロンドン在住日本人の方なら誰もが知っているWebサイト

MixB

このMixBには物件情報を始め、売ります買います情報、仕事情報、イベント情報と、とにかく便利な情報が盛りだくさん。

このWebサイトの良い所は、日本語対応なこと。英語に自信がない方でも安心して利用できます。長期/短期色んな物件がありますが、若干高めの家賃設定にはなっています。

 

短期物件探しで人気なAirbnb

こちらのAirbnbは、空き部屋がある人とそこに泊まりたい人をつなげるサービスで、日本では民泊という言葉で聞いたことがあるかもしれません。

このWebサイトを利用し、これから住んでみたいエリアに滞在して、どんなエリアかチェックしてみるのもいいかもしれませんね。

 

ロンドンでの物件探しに人気のSpareroom

Spareroomは英語での対応のみですが、それほど難しくはありません。MixBより沢山の物件情報があります。

そしてその家の情報が細かく記載されていますので、自分が求めている物件かどうかの判断がしやすいように感じます。

ロンドンで住みたいエリアを決める

ロンドン

家探しを始めるにあたり、まずは何処に住むかのエリア選択をしなければいけませんね。

日本と違って外国では、安全なエリアとそうでないエリアが混在していて、土地勘がない人にとってエリアの選定は、なかなか難しいことではないでしょうか。

ロンドンで日本人に人気のエリア(西部)

  • イーリング
  • アクトン

周辺です。駐在員の方も多く住み、日本人学校や日経のスーパー、日本語対応の病院もあり、快適に住めるエリアです。

「ノッティングヒルの恋人」の舞台で有名なノッティングヒルも西側エリアにありますが、こちらは高級住宅街で家賃はびっくりする程、高くなります。

ロンドンで日本人に人気のエリア(北部)

  • セントジョーンズウッド
  • スイスコテージ
  • フィンチェリーロード

です。こちらも閑静な住宅街で、ロンドン中心からも近く、バスもTubeも通っているのでとても便利です。ビートルズで有名な「アビーロード」が近くにあります。

数年前からロンドンで人気のエリア(東部)

  • イズリントン
  • ショーディッチ

です。若手アーティストが沢山住み、クリエイティブでお洒落な街として有名です。家賃も少しお手頃になってきます。こちらはバスの本数が多いので、チケット代が高いTubeを利用するより経済的ではないでしょうか。

ビューイング(内見)をしよう

部屋の内見

興味のある物件が見つかったら、迷わずすぐにビューイング(内見)のアポを取ってください。

ロンドンでの家探しのポイントは素早く行動に移すこと!迷っている間に別の人に取られてしう、まさに争奪戦です。できればメールより、すぐに電話をして、誰よりも早くアポを取ることをおすすめします。

またロンドンでは多くの人がフラットや一軒家を数人でシェアして住みます。ロンドンでの一人暮らしは、家賃が高すぎてなかなか難しいのが現状です。フラット/ハウスシェア物件のビューイングをする際のポイントとして

  • フラットメイトは何人か/学生か社会人か
  • 家のルール(例:友達を泊めてはいけない/掃除/シャワーの時間帯)
  • 家賃の支払い方/期日
  • 光熱費込かどうか
  • 家の周辺の治安
  • バス/Tubeはあるか
  • 最低滞在期間
  • 家を退去する際のNotice期間

などを、ちゃんと確認してくださいね。

ロンドンでの賃貸契約とデポジット

ビューイングに行った物件が気に入ったら、その場で家賃交渉をしてみてください。私はこれで最初に提示されていた家賃より、少し安めに住むことができました。

デポジットは退去する時に、何も問題がなければ戻ってくるお金です。どういう時に引かれることになるのかもちゃんと確認しておいてください。契約事項は口頭ではなく、ちゃんと書面に記載してもらいましょう。

まとめ

いかがでしたか?

ロンドンでの家探しは根気よくおこなうのと同時に、タイミングも重要です。クリスマス前は物件が少なくなる傾向がありますので、気をつけてくださいね!

海外求人

【海外の担当者の方】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

ヒースロー空港からロンドン市内へ移動方法まとめ

ロンドンは住み心地が最高!イギリス暮らしの4つのいいところ

イギリスの金融業界で現地採用として10年間働いて気づいたこと

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 青島54広場
  2. イギリス
  3. ミャンマー語
  4. サウナ
  5. ディズニーランドパリ
  6. 台湾でのワーホリ

おすすめ記事

  1. ミャンマーの病院
  2. ニュージーランドの治安
  3. 台北のメトロ
  4. シンガポールで働く
  5. バンドンで語学留学
ページ上部へ戻る