定番!スペインで食べたい10のスペイン料理

スペイン

スペイン料理は世界でもトップクラスの人気を誇り、特に一部のレシピは世界中で親しまれています。

一言でスペイン料理と言っても、古くから古代ローマ、ゲルマン人、イスラム人といった多くの文化が混ざり合った国スペインの歴史を反映して、地域によって多種多様な料理が存在します。そのどれもが素晴らしく、旅先で挑戦するだけの価値があるものだと言えるでしょう。

今回はその中から、どこの街のレストランやバルでもすぐに見つけることができるような、10の定番料理をご紹介したいと思います。

クロケッタ(スペイン風コロッケ)

クロケッタ(スペイン風コロッケ)

by flickr

クロケッタはスペインのレストランでもバルでも、どこでもお店独自の製法のものを食べることができます。作り方は聞いてもまず教えてくれないでしょう。

焼き鳥屋の秘伝のたれみたいなものかもしれません。生ハムや魚といった具材をベシャメルソースに加えて作るのが一般的です。地域によって独特な具材を用いるところも多く、モルシーリャと呼ばれる黒ソーセージやスパニッシュブルーチーズを加えることもあります。

スペイン人が美味しいレストランやバルを見分けたい時にはまずクロケッタを頼むと言います。

シンプルで普遍的な料理なだけに料理人の腕が強く反映されるということでしょう。スペインで食べ歩きをする際にはまずクロケッタから始めてみてください。

関連:情熱の国スペインへ行く前に知っておくべき10個の前知識

トルティージャ・エスパニョーラ(スペイン風オムレツ)

トルティージャ・エスパニョーラ(スペイン風オムレツ)

by flickr

スペイン風オムレツはスペイン人がもっとも愛する料理の一つです。

誰もがその料理法を習得している、いわばソウルフードとも言うべきものです。朝食に、昼食に、夕食に。食べるタイミングに限りはありません。

クロケッタと同様に、どこのレストランやバルでも見つけることができます。ちなみにスペインのマクドナルドにもあります。スーパーマーケットでも、多種多様なスペイン風オムレツが2ユーロ程度から真空パックで売られています。

オリーブオイルにジャガイモ、たまねぎ、そして卵を加えてじっくりと焼き上げたオムレツはほんのりと甘く、まるでケーキのような味わいです。そのまま食べてもいいですが、パンにはさんでサンドイッチにする食べ方も人気があります。

ガスパッチョ(スペイン風トマトの冷製スープ)

ガスパッチョ(スペイン風トマトの冷製スープ)

この風味の強い冷製トマトスープはいわば日本における味噌汁のようなもので、その需要の高さからスーパーマーケットでも所狭しと並べられています。

スペインの広大な大地で実った新鮮なトマトを使って作られた、家庭やレストランなどで食べるガスパッチョは格別です。

基本的には前菜として味わいますが、パーティなどの際にボウルに入れてテーブルに置かれたりもします。

材料はトマト、ピーマン、にんにく、たまねぎ、ヴィネガー、ハーブなど。夏場には特に食欲を大幅に増進させてくれます。ローカロリーでヘルシーな料理なのでダイエット中にも最適です。

ピスト(スペイン風野菜煮込み)

ピスト(スペイン風野菜煮込み)

by flickr

野菜を用いたタパスの代表格であるピスト。前菜としても、肉料理の副菜としても、そして目玉焼きやチョリソーとともに主菜としても用いられる人気の料理で、スペインでは老略男女問わず親しまれています。

トマト、ピーマン、ズッキーニ、玉ねぎ、にんにく、そしてオリーブオイルを加えて作るこの煮込み料理。

スペイン中のレストランやバルで提供されていますが、特にセルバンテスの著名な小説「ドン・キホーテ」の舞台としても有名なカスティージャ・ラ・マンチャ州で多く見られるようです。

カスティージャ・ラ・マンチャ州の有名都市トレドを訪れる際にはぜひ挑戦してみてください。

ハモン(生ハム)

ハモン(生ハム)

ハモン・イベリコやハモン・セラーノといったスペインのブランド生ハムはもはや説明不要でしょう。

スペインが世界に誇る美食の代表格の一つと言って間違いありません。日本でもスペイン料理店のみならず、多くの料理店でこれらの生ハムを提供しているのをよく目にします。

スペインでは、どこのレストランやバルでも豚の足1本分の生ハムを客の目の届くところに置いてあり、注文が入るとそこからカットしていきます。

スーパーマーケットには数十本の生ハムが陳列されており、少し圧倒されてしまいます。その光景だけでも日本人にとっては下手な観光地よりも面白いくらいです。

一般家庭でももちろん常食されていて、朝昼晩はもちろん、ちょっとした間食としても親しまれています。そのまま食べるだけではなく、スープに入れることも多いようです。

日本でも、生ハムは時にコンビニでも手に入るほどですが、やはり本場スペインのものはその風味と言い、歯ごたえと言い、段違いです。

チョリソー(豚肉のスペイン風ソーセージ)

チョリソー(豚肉のスペイン風ソーセージ)

by flickr

スペインを代表する肉料理として生ハムに並ぶのがこのチョリソーです。日本でもビールのつまみや、ピザの具としても人気があります。

スペイン発祥で、広く中南米にも広まったチョリソーですが、中南米のものは唐辛子を多く含んでいて辛いのに対し、スペインのものは大分マイルドに作られます。

タパスとしてそのまま食べることもあれば、カットしてサンドイッチの具にしたり、スープに入れたりとその用途は非常に幅広く、どの家庭でも数種類のチョリソーを常備しておくのが当たり前となっています。

中には皮をとって中の肉をパテのようにパンに塗りつける食べ方もあります。

プルポ・ア・ラ・ガジェガ(たこのガリシア風)

プルポ・ア・ラ・ガジェガ(たこのガリシア風)

by flickr

スペインの北西部、ポルトガルと接する地域であるガリシア州の名物料理であるタコのガリシア風は、スペイン中にあるガリシア料理店で楽しむことができます。

ガリシアは魚介類が豊富に取れる地域としても有名で、たこ料理専門店も多く存在します。材料はシンプルにオリーブオイル、パプリカ、岩塩、そしてもちろんたこ。茹でたジャガイモと一緒に提供されることが多いです。

また、スーパーマーケットではほぼ必ずこの料理の缶詰が売られているので、お土産にも最適と言えるでしょう。世界的にもたこを食べる地域はあまりなく珍しいものですが、同じたこ食文化のある日本人としてはぜひ試す価値ありだと思います。

パエリア

パエリア

スペイン料理と言えばパエリアという人がほとんどでしょう。世界的にもスペインを代表する料理として広く認知されています。

一般家庭で日常的に食べるというよりは、パーティなどの際に大きなパエリア鍋で作ってみんなでシェアするための料理といった感じ。

地域のお祭りで、巨大なパエリア鍋を使って大勢の人たちにパエリアを振る舞うのが慣習のところもあります。

風と呼ばれるパエリアは鶏肉かウサギ肉(日本人的には驚きですがスペインではスーパーに専用コーナーがあるほど普通の食材です。)、もしくは両方に豆、野菜を加えて料理するものです。

一方、マジョルカ風と呼ばれるものはいわゆるシーフード・パエリア。いかや貝、エビや魚など、多種多様な海産物が用いられます。

変わり種だとお米の代わりにパスタを用いたものや、具材としてうなぎやアヒル(これまたスペインでは普通の食材)を加えたパエリアもあります。レストランでこれらを見つけたら試してみるのもいいお土産話になりそうです。

ガンバス・アル・アヒージョ(エビのオイル煮)

ガンバス・アル・アヒージョ(エビのオイル煮)

海に囲まれた半島国家であるスペインでは豊富な海産物を楽しむことができますが、素材の良さをシンプルに味わう料理としてスペイン人に親しまれているのがこのエビのアヒージョです。

日本のスペイン料理店でも必ずと言っていいほど存在するメニューだと思います。同じく海産物を愛する日本人には非常に親しみやすい料理と言えるでしょう。

ニンニクと一緒に油でエビを茹でるこの料理は本当にビールに合うので、バルでおつまみに頼むと最高です。ついついビールが進みすぎてしまうこと間違いないので注意が必要です。

パタタス・ブラバス(フライドポテトのトマトソース添え)

パタタス・ブラバス(フライドポテトのトマトソース添え)

by flickr

ただのフライドポテトと侮ることなかれ。

アツアツのポテトと風味豊かなトマトソースのハーモニーは格別です。パタタス・ブラバスはスペイン中のレストランやバルで食することができます。

また、スーパーに行くと多種多様なポテト用のトマトソースが売られているので、家庭でも気軽に楽しむことも可能です。トマトソースだけでなく、アリオリ(にんにく入りマヨネーズ)をつけてもよし。

上記のガンバス・アル・アヒージョ同様、最高の酒のつまみの一つです。

まとめ

いかがでしたか?

スペイン料理は日本人の食の嗜好にもマッチしていて、とても親しみやすい料理だと言われています。

そもそも、スペイン人という人種は「旨いものを食べ、歌い、愛し合うことができればこの世に言うことなし」と詠うほど、食の幸せを追求する美食の民族です。

今回紹介したのはあくまで一般的な料理だけで、地域ごとに特色のある味付けや食材が使われていたり、その地域独特の料理が提供されていたりします。ス

ペインは壮大な歴史、華やかな文化、美しい風景と、旅行者を夢中にさせる数多くのもので埋め尽くされていますが、旅行される際にはそんなスペインの食文化の豊かさにもぜひ目を向けてみてくださいね!

海外求人

【採用担当者の方】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. お金
  2. フランス人
  3. フランス生活
  4. workingholiday
  5. 海外で働く
  6. 馬車:delman(デルマン)

おすすめ記事

  1. ホーチミンは過ごしやすい気候
  2. 台湾のお茶
  3. バティック
  4. アジア就職
  5. 食事の写真
ページ上部へ戻る