ドラマそのまま!イギリスの企業に就職して仕事してみた率直な感想

イギリス

日本人が海外で働くとなると、とっかかりになるのはやはり現地に進出している日系企業への就職が多いでしょう。

上司は日本から来た駐在員が大多数という日系企業では、やはり日本流の働き方が抜け切れていない部分あります。

最近の日本でもそんな「やや堅苦しい」ビジネススタイルを避ける為に、外資系への就職を希望する人も少なくありません。では、実際のところイギリスの現地企業はどんな雰囲気なのでしょうか?

イギリスで就職し仕事をしてみた感想をご紹介します。

「それは私の仕事じゃありません」イギリスでは求人票に書かれた仕事内容は絶対!

イギリスでも、日本と同様に求人票には求められる役割が書かれています。

日本の小さな企業なら、掃除やお茶汲みなど、求人票に書かれていなくても雑用を求められることもありますが、イギリスではそれは通用しません。

私がイギリスで一番最初に働いた場所は、オフィスというより事務所と呼びたくなるこじんまりしとした環境で、支店の社員も5名ほどしかいませんでした。

そんな小さなオフィスでしたが、掃除は外注のクリーナーの仕事でした。

それでも、自分でやった方が早いから……と雑用に手を出しがちなのは日本人社員だけ。イギリス人の社員は自分が使ったコーヒーカップさえ、「私は皿洗いの為に雇われたのではない」と拒否する状況でした。

単にだらしないだけなのではないか……とも思いましたが、彼らの言い分は「雇用契約書に書かれていない仕事はする必要が無い」という契約社会らしいものでした。

関連:ロンドンで非スキルワーカーが現地採用で働いた場合の給料はどのくらい?

「それはまだ教わっていない」は通用しない!合言葉は”proactive”

その後転職した会社は世界中にオフィスがある、世界でも有数の大企業でした。

内定の状態から既にチーム内には”buddy”と呼ばれるお世話係が決められており、入社式の後すぐにお迎えに来てチーム仲間に紹介してくれたり、オフィス内を案内してくれたりと心強い存在でした。

“buddy”とは別に相談役としてカウンセラーも必ず一人付き、仕事やキャリア、人間関係の相談にのってくれました。

けれど彼らは仕事を教えてくれる人たちでは無いので、実際働き始めてからは自分の力で仕事を覚えなければなりません。

マネージャー達は新入社員でも、その人物がするべき仕事は容赦なく依頼してきます。「入ったばかりなので……」「やったことが無いので……」という言い訳は通用しないのです。

日本の様に誰かが隣について一から十まで教えてくれることは稀で、たいていは「誰か分かる人に聞いてやっておいてね」と言われるのがオチ。運が良ければその人物の名前も教えてもらえます。

電話や社内チャット、更にはオフィス中を右往左往しながら、仕事を教えてくれる人を求めて駆けずり回ったのも今では良い思い出です。

「分からない」という発言は、「では何故分かる人に聞かないのか?」「何故自分で調べないのか?」という返答しかもらえません。

イギリスでは『自ら進んで行動すること』=”proactive”という言葉を耳にタコができるくらい聞かされることでしょう。

イギリスでは木曜日が過ぎたらパーティータイム?心は既に週末な金曜日

パーティタイム

月曜日から金曜日まで働くオフィスワーカーにとって、金曜日というのは心踊る日ですよね。

イギリスでももちろんそれは同じ。特に、在宅勤務を推奨していた私の会社では、金曜日はほとんどのマネージャー軍がオフィス不在の為既に週末モードでした。

デスク横の通路でクリケットをする人、ランチタイムに一杯ギネスをひっかける人、ミーティングと称して社員食堂で延々とコーヒーを楽しむ人々と自由過ぎる雰囲気でした。

五時の退社時刻が近づくと女子トイレは満員御礼。バッチリメイクと衣装変えで準備万端です。オフィスに出社しているマネージャー達も、「金曜日だから」とその一言で済ませて、自身も仕事そっちのけで早々に帰り自宅を始めます。

イギリスの会社の気になる上下関係は?

当たり前ですが、英語圏では上司だろうがパートナーだろうと、一緒に働く仲間ならファーストネームで呼び合います(稀にMr/Msで呼んでほしい人もいるようですが)。

そのせいか、日本の様に格式ばった雰囲気はほとんど感じられなかった気がします。会議中でも、上の言うことは絶対!ではなく、誰もが意見を言うことが許されます。

それでもやはり役職が付いている人がリードするのは当然なので、仕事上では上司の意見や方針が尊重されます。けれど納得のいかないことがある時、その上司を通り越して更に上へ相談することもタブーではありませんでした。

基本的に、プロ意識を持って仕事をしていれば、上下関係関係無くその頑張りは認められ、また一度オフィスを出てしまえば恐縮することなく上司とも友達の様に楽しく飲める間柄でした。

日本とは天と地の差?!イギリスの有給事情

イギリスに住んでいた頃、日本の家族や友人達がなかなか遊びに来てくれないことがやや不満でした。彼らの言い分は「仕事の休みが取れない」から。

それでも来てくれた数少ない友人達はたった数日で帰ってしまいました。

それを不満に思ってしまっていた私は、有給を年25日間取ることを許され、また一年に一度は三週間程まとめて休むことも当たり前の恵まれた環境で働いていました。

さすがに繁忙期は仕事を休みにくいのですが、「ちょっと疲れたから」という理由でも、休暇中にカバーしてくれる人さえいれば、一週間程休むことも可能だったのです。

これは、なかなか日本では難しい状況ですよね。

肝心なのはやはりイギリスのスタイルに合わせること

イギリスで働いていた日本人の同僚が一番頭を悩ませていたのは、イギリス人社員達の良く言えばビジネスライクな勤労態度でした。

仕事熱心が故に頼まれていないことも引き受けたものの、それを依頼した人物が残業する自分を置いてとっとと退社する姿に愚痴をこぼしてしまう人は数知れず。

けれど結局のところ、それは自分の選択なのでさほど感謝もされません。

もちろん、頑張りは評価されますがそれも自己アピールあってこそ。影の努力はなかなか認められない、というか気づかれないのが現実です。

残業しても、人より多く仕事をしても、要領の良いイギリス人社員には敵わないケースもあります。大事なのは、求められた仕事をしっかりこなし、自分の働き方に自信を持つことです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は実際にイギリスの会社で仕事をしてみた感想をご紹介しました。人のやり方を受け入れ尊重し、尚且つ自分の信念を貫くことが、イギリスで楽しく働くヒントだと思います。

海外求人

【採用担当者の方】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

ヒースロー空港からロンドン市内へ移動方法まとめ

ロンドンは住み心地が最高!イギリス暮らしの4つのいいところ

イギリスの金融業界で現地採用として10年間働いて気づいたこと

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. お金
  2. フランス人
  3. フランス生活
  4. workingholiday
  5. 海外で働く
  6. 馬車:delman(デルマン)

おすすめ記事

  1. 中国の公安
  2. バンコクでタクシーに乗車
  3. 海外就職でベトナムVSタイ生活費が安いのはどっちだ!
  4. カンボジアの治安
  5. セブの語学学校の選び方
ページ上部へ戻る