ハノイで絶対に食べるべきおすすめの麺料理三選(フォー、ブン、ミー)

フォー

突然ですが、皆さんはベトナムが世界有数の麺大国であることをご存知ですか?

ベトナムの麺料理といえば最初に思い浮かべるのがフォーですよね。

実はその有名なフォーはハノイ発祥と言われておりまして、ハノイの人たちは毎日のようにフォーを食べています。そんな麺好きが多いハノイには、フォーの他にも美味しい麺はたくさんあります。

今回はそれらのとっても美味しい麺類を種類ごとに紹介し、その食べ方についても紹介します。

フォー

言わずと知れた米麺の代表格。

ベトナムではフォーのように米でできた麺が主流となっています。そんなハノイでは、いたるところで「PHO」と書かれた看板が見受けられます。

ところで皆さん、そんなフォーにも非常にたくさんの食べ方があることはご存知ですか?

フォーガー、フォーボー

フォーガー

日本にあるベトナム料理屋さんなどでよくお店で食べられているのが、鶏肉が入った「フォーガー」や牛肉が入った「フォーボー」などですよね。

その名の通り、ベトナム語でガーは鶏肉、ボーは牛肉を指します。

あのつるつるとした喉ごしの良い麺とあっさり出汁は何杯でも食べれてしまいそう。

ハノイのフォーの出汁は薄めの味で作られていますので、好みで唐辛子やライム、その他たくさんの香草などを入れて自分流にアレンジするのがハノイっ子のイケてる食べ方です。

自分なりの食べ方を探してみるのもいいかもしれませんね。

フォーが大好きなハノイの人たちは、朝ごはんとしてフォーガーを食べることもよくあります。

フォーサオ(PHO XAO)

フォーサオ

「サオ」というのは炒めるといった意味で、その名の通りフォーの炒めたバージョンです。

フォーの麺を空芯菜や玉ねぎなどのたくさんの野菜と牛肉などとともに炒めたもので、日本でいう焼うどんのようなものです。

フォーサオはフォーガーなどと違って少し濃いめの味付けになっており、ビールもガンガンすすみます。日本ではなかなか見られないので、ハノイに来た際はぜひお試しください。

ブン

続いてはブンです。

ブンは日本では聞き慣れない食べ物ですが、ハノイではフォーをも凌ぐ超有名な麺料理です。ブンはフォーの麺より細くて、つるつると食べやすい麺であり、これにも様々な食べ方があります。

ブンチャー

ブンチャー

ブンを使った料理の中で一番有名なのが、このブンチャーと言えるでしょう。日本でいうつけ麺のようなもので、甘めのつけだれにブンをつけて食べます。

つけだれの中には炭火で焼いた豚肉やつくね、それに大根や人参などが入っています。

それにお好みでもやしや香草などを入れ、麺とともに食べる料理です。

ハノイ市内ではフォー屋さんと同じくらいよく見かけるこのブンチャー、実は遠くからでも簡単に見つける方法があるんです。

その方法とは、ずばり道のど真ん中で七輪の前でしゃがんでいる人を探す方法です。

実はこの人たち、ブンチャーのつけだれに入れる豚肉やつくねを直火で焼いているのですが、店の中では焼けないので店先で焼いているそうです。

ハノイ名物?のこの人たちもぜひ探してみてくださいね。

つけ麺やそうめんなど、つけだれに付けて麺を食べることに慣れているからか、現地に住んでいる日本人の方々にもファンが多数います。

ハノイに行った際には、ぜひ食べてほしい一品です。

ブンボーフエ

これは元々、ベトナム中部にあるフエという街の宮廷料理でしたが、その人気に火がつき、今ではハノイでも食べられるようになってきました。

スープは豚足や牛骨などからとっており、そこにレモングラスなどを加えたしっかりとした味付けになっています。

そのスープの中にブン、その上に牛肉や豚足などが乗っているのですが、ちゃんと作っているお店では、牛骨独特の臭みなどもなく食べやすいのにコクのある味になっています。

フエまで行かなくても、現地の名物料理を食べられるのは嬉しいですよね。

ミー

ミーはベトナムでは珍しい、小麦粉を使った麺です。

屋台などでは袋麺などが使われていたりもしますが、米でできた麺に少し飽きてきた人にはお勧めの麺です。

ミーサオ

ミーサオ

これは先ほど出てきたフォーサオの麺をミーにした料理です。

乗っている具などもほとんど変わりませんが、麺が違うだけで食感や味などはころっと変わります。

また、ミーサオにはMi Xao Gionという派生料理もあります。これは麺を揚げており、日本でいうかた焼きそばのようなものです。

ミーワンタン

ミーワンタンはその名の通り、麺にミーが使われているワンタンメンです。

ミーワンタンもベトナム全土で食べられている料理ですが、地域によってその味付けはまるっきり異なります。

ハノイのミーワンタンは麺の上にワンタンやチャーシューが乗っており、味も見た目も日本のラーメンに一番近い感じです。日本のラーメンが恋しくなったら、試してみるのもいいかもしれませんね。

このようにミーは他の米麺とは一線を画した麺料理となっています。

しかし、フォーがある屋台には必ずミーがあるといってもいいほど、ミーもハノイの人たちの中でポピュラーな料理になっているので、ぜひ食べてみることをオススメします。

まとめ

いかがでしたか?

ここまでハノイの様々な麺料理をご紹介してきました。

これらの麺料理はハノイの人たちのソウルフードであり、生活に欠かせないものとなっています。

レストランなどで食べると少々値段は張りますが、屋台で食べるとどれも一杯150~200円程度ですので、現地の人たちと一緒に小さな屋台で食べるのもいいかもしれませんね。

ハノイに遊びに来た際は、ぜひお試しくださいね!

海外求人

【採用担当者の方へ】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

ハノイ観光をより楽しむためにバイク移動をおすすめする3つの理由

ベトナムの通貨は何?ベトナムへ行く前に知っておきたい通貨(レート、両替方法)

ベトナムで英語は通じる?困ったときに役立つちょこっとベトナム語講座

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. お金
  2. フランス人
  3. フランス生活
  4. workingholiday
  5. 海外で働く
  6. 馬車:delman(デルマン)

おすすめ記事

  1. タイの市場
  2. ホイトゥンタオ
  3. 海外でインスタントラーメンを買おう
  4. 【大自然】ニュージーランドに昔の古き良き日本の姿があった!
  5. 韓国メンバーシップカード
ページ上部へ戻る