ロンドンでの部屋(家)の探し方(手順・必要なもの)

ロンドンの部屋

日本から出てイギリスにでも住んでみたいけど、物価が高そうだし、何より家を探せるかわからない。そういう方にとって、家を探すのはとても難しくなるでしょう。

まずは、ロンドンで部屋を探すには、手順や準備するもの、ポイントを知っておく必要があります。

今回は、ロンドンで家を探すとき、どこで探し、どのように契約まで持っていくのかを全て説明します。

ロンドンの家賃は高い

ロンドンの家賃

日本人からみると、イギリスの物価はとても高い!という印象が強いと思います。ですが、最近のEU離脱でポンドが安くなり、日本人はイギリスに行きやすくなりました。

現在の為替レートでは1ポンド130円と、ポンドは非常に安くなっています。 ですが実際には、外食をすると一食1,500円ほどになり、とても高いのが現状です。

ここまでポンドが安くなったのにまだ高く感じるとは凄いですよね。やはり物価は高いということになるでしょう。

平均家賃もやはり高いです。

ロンドンの家賃の平均は1,000ポンド、約13万円です。東京の家賃は約8万円ですので、比べてみるとポンドが激安になった後でもまだ上回る高さに驚きます。

関連:ロンドンの物価は?1ヶ月の生活費シミュレーション

ロンドン中心地や日本人が多い場所の値段相場

ロンドンで家を借りる場合、当然ロンドン中心地に近づくにつれて家賃は高くなります。

ロンドンには、山手線のようなCircle Lineの地下鉄路線が、ロンドンを一周して通っています。その内側が主に中心地と呼ばれていて、家賃の平均はどこも1,700ポンド(約22万円)以上です。

ロンドンで日本人が多く住んでいる場所は?

日本から来ていきなり周りに外国人しかいないという環境が不安な人は、日本人が多く集まる場所に引っ越すのもいいでしょう。ロンドンには2箇所ほど日本人街があります。

まずはロンドン北部にあり、中心まで車で30分ほどで行けるフィンチリー周辺です。

家賃の平均は1,000ポンド(約13万円)と少々高いですが、土曜日学校の補習校とAtariyaという日本食材屋があるから日本人が集まるのだと思われます。

もう一つは、ロンドンの西に20分ほど行った場所にあるアクトンという町です。

ここにもAtariyaがあり、日本人学校まであります。この日本人学校はイギリスで日本語を勉強するための私立校なので、日本人が集まって来ます。

平均家賃は1,100ポンド(約14万3千円)なので、フィンチリーよりは少々高くなりますね。

ロンドンでの部屋(家)はZooplaで見つけよう

ロンドン

大きな不動産業者は、ロンドンにはたくさん存在します。それらを一つずつ見て行くことも出来ますが、家を探すにはまずZooplaのサイトから始めるといいでしょう。

Zooplaは、売りに出されている家や賃貸の家を探すためのサイトです。

多数の不動産業者が取り扱っている様々な家を表示し、気に入った家があれば担当の不動産業者を教えてくれます。

Zooplaでの検索の仕方

検索の仕方は、まずは住みたい地域から検索し、値段の相場、寝室の数などを記入します。

寝室の数はStudio(ワンルームマンション)も選択することができ、それ以上は寝室の数だけでしか検索できません。部屋の大きさも平米で表示されていて、だいたい1平米=0.6畳の大きさになります。

また、希望家賃を記入するときは、毎月の値段か毎週の値段かを選択することができます。

イギリスでは毎週の値段が記載されている場合が多いのですが、どこのサイトを使っても毎月の値段に表示を変えられますよ。

気になる部屋を見つけたら

そこで気に入った家があれば、そこから直接不動産業者に連絡をし、家を見に行くことができます。何件もタダで家を見て回れるのでいいですよね。

いくつか家を見て回り、気に入ったところを見つけたら契約です。

ロンドンで部屋(家)の賃貸契約をするには

契約

気に入った家を見つけたとき、契約を進めるには、まず不動産業者に契約の意思を伝えなければいけません。

それを伝えると、次はHolding Depositを払うことになります。これは契約を結ぶまでの保証金です。これを払えば、他の人に先を越されることはなくなります。

賃貸契約に必要なもの

ここから契約書のサインまでは色々と準備しなければいけない書類が出てきますが、英国のビザ、パスポート、銀行の明細書などは必要になるでしょう。

もし学生であれば、学校から在学証明書も貰っておきましょう。

契約の時に必要と言われるかもしれないですし、仮に使わなくても、在学証明書があれば高額の住民税を払わなければいけない時に免除されるので、準備しておきましょう。

半年分の家賃の前払いが必要になることも

これを終えると大家が契約書を準備しますので、出来るだけ読み、自分の意思でサインをしましょう。サインし、契約が結ばれたら、家賃を払いましょう。

学生や収入が確実でない方は、家賃半年分の前払いが必要になる場合もあります。

これは主に大家が居住者の支払いを不安に思っている場合や、不動産の決まりごとなどにより起こります。

まとめ

いかがでしたか?

平均的な家賃はとても高いですが、少し遠くで少々危なそうな場所でも平気なら、十分安い物件はたくさんあります。

初めてのロンドンの場合、これはとても無謀ですが、英語が話せるのであれば大丈夫でしょう。

ロンドンの日本人街なども、初めてのイギリスであれば安心ではないでしょうか。日本人の集まる会などもたくさんありますし、経験豊富な方も多くいるはずです。

海外求人

【採用担当者の方】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

ヒースロー空港からロンドン市内へ移動方法まとめ

ロンドンは住み心地が最高!イギリス暮らしの4つのいいところ

イギリスの金融業界で現地採用として10年間働いて気づいたこと

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. お金
  2. フランス人
  3. フランス生活
  4. workingholiday
  5. 海外で働く
  6. 馬車:delman(デルマン)

おすすめ記事

  1. 中国での生活
  2. タイの常識
  3. 国際結婚
  4. St. Patrick’s Day
  5. 韓国に来てよかったこと
ページ上部へ戻る