隠れた名スポット!タイ東北地方のナコンパノム県で非日常体験

ナコンパノム県 (นครพนม)

毎年タイに多くの日本人観光客が訪れています。しかし最近ではメジャーな観光地だけではなく、他の人が知らないようなローカルに行く人たちも多くなっているようです。

実際のところ、タイにはメジャーではなく、聞いた事もないような県にも観光客が楽しめる場所はたくさんあり、タイのローカル特有の雰囲気を楽しむことができます。

そこで今回はタイの東北地方にあるナコンパノム県、訪れると意外と楽しめるその県特有の楽しみ方を紹介していきます。

ナコンパノム県 (นครพนม)

ナコンパノム県は、イサーン地方(タイの東北地方)の最も東北に当たる場所にあります。

ここは、ラオス(ラオスのターケーク県)とメコン川を挟む形で面しており、ラオスのちょっと変わった岩山を見る景色は見る人の心を癒してくれます。

おすすめの時期は11月〜2月の乾季

乾季である11月から2月までは、タイで言う冬にあたりますので日本人にとってとっても過ごしやすい気候となります。特にナコンパノムはバンコクなど南にある県と比べても格別寒い季節を持つ県です。

ただし、寒い時は3度まで下がる事もありますので、しっかり防寒対策をしてお出かけ下さい。

ナコンパノムは周りに山や川があるため、雨季は日本の梅雨のようにシトシトとずーっと降り続けるので、雨季である6月から10月に行くことはおすすめできません。雨でどこにも行けないと残念ですよね。 

ではナコンパノムのおすすめスポットをご紹介します。

メコン川クルージング

メコン川クルージング

船に乗り込めば、メコン川クルージングの始まりです。

 

メコン川クルージング

夕日がキレイに沈むところ眺めることが出来ます。

 

メコン川クルージング

船から見た景色

 

メコン川クルージング

時期によっては、すっかり薄暗くなりラオス側の夜景がキレイに見えます。

ナコンパノムの一押しといえばこれです。1日に一度だけ一時間ほどメコン川を周遊しています。1人50バーツ(今のレートでは160円程)で乗船することが出来ます。

定刻の出発時間は17時ですが、人が揃うまではなかなか出発してくれません。逆に人が揃ってしまえば時間にならなくても出発してしまいます。

それで、早めに16時半頃には船着き場に向かうと良いかもしれないですね。多人数で行く時は前もって予約する事も出来ます。

船着場の場所

舟着き場はナコンパノムでは有名なインドシナ市場「ตลาดอีนโดจีน(タラート インドー ジン)」と呼ばれる商店街に面しています。

個人的には二階の席がおすすめです。というのも視界を遮るものがほとんど無く、メコン川の真ん中から見る景色を充分に楽しむことが出来るからです。

でも、二階席は人気が高いので早めに行って席を取らないと、座れなくなってしまうかもしれません。

船乗り場の周りにはたくさん屋台が出ており、飲み物や食べ物を買って持ち込む事も出来ます。

ココナッツアイス

ココナッツの器に入ったココナッツミルクアイスはおすすめです。25バーツ(80円程)

船着き場手前広場の移動式屋台で売っていますが、この写真が貼ってある看板があるのでわかりやすいと思います。

船の中でもビールやミネラルウォーター、コーラ、ポテトチップスなどのお菓子も売っています。

また、ルークチンと言って豚のつくねのようなかまぼこのような肉団子が一串10バーツ(35円程)で売っています。とても美味しいので是非注文してみて下さい。注文は次のように言います。

・ルークチン10串下さい:「เอาลูกชิ้น สิบอัน(アオ ルークチン シップ アン)」

注文が通って少しするとお皿に盛って持って来てくれます。商品を受け取ったならその場でお金を払いましょう。

一時間ほどゆっくり周遊してくれますのでたっぷりとメコン川の景色を楽しむことができます。心が穏やかになってすっかりデトックスできること間違いなしです。

ナコンパノムに行った際には是非立ち寄ってもらいたいおすすめ観光スポットです。

メコン川水族館

この水族館にはメコン川にいる魚を集められています。

この水族館、ナコンパノムから隣のサコンナコン県方面に行く道から少し外れた場所にあり、市街地からは10キロほど離れていますので少し分かり難いかもしれません。

しかしナコンパノムに住んでいる人なら皆知っていますので、タクシーを使えばすぐ連れて行ってくれるでしょう。

ここの水族館の事をタイ語で次のように言います。

・水族館:พิพิธภัณฑ์ สัตว์น้ำจืด หนองญาติ(ピピタパン サット ナムジュー ノーンヤート)

正式にはノンヤート(村の名前)にある淡水魚の博物館です。

・水族館に行きたいです:อยากจะไปพิพิธภัณฑ์ สัตว์นำ้จือ ที่ หนองญาติ(ヤーク ジャ パイ ピピタパン サット ナム ジュー ティー ノンヤート)

水族館自体はそこまで大きくないですが、日本ではなかなか見ることのないメコン川特有の珍しい魚がたくさんいます。

入場料もとっても安いですので是非お立ち寄り下さい。

基本情報

おしゃれカフェ「ドゥーム スック(เติมสุข)」 

ドゥーム スック(เติมสุข)

旅の合間に少しホッと一息つく場所も必要ですよね。

日本の喫茶店のようなオシャレな落ち着いた雰囲気のカフェです。アイスコーヒーが50バーツ(160バーツ程)

ドゥーム スック(เติมสุข)

朝10:00から夕方17:30まで営業しています。

無料Wi-Fiがあるのでゆっくりと時間を過ごして見るのはいかがでしょうか?

バンコクからナコンパノム県へのアクセス

バンコク・ドンムアン空港からナコンパノム空港まで、飛行機で1時間ちょっととそこまで時間は掛かりません。

バスですとバンコク・モーチットマイのバスターミナルからナコンパノムのバスターミナルまで12時間ほどかかります。

まとめ

いかがでしたか?

あまり知られていないタイ東北部のナコンパノム県ですが、ガイドブックにも載っていない密かな人気スポットがあるんです。

実際、ナコンパノムはメコン川沿いということで、地元タイ人にとっては人気の観光地となっています。メコン川を眺めながら食事をしたり、歩いて運動したり、夜は友達と一緒にお酒を飲んだりと楽しみ方は様々です。

実際に行ってみた事があるのですが、是非おすすめしたいタイのローカル観光地です。一度足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

海外求人

【採用担当者の方】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ記事

バンコクのスーパーで買えるおすすめのお土産9選

タイのお土産が揃うチャトゥチャックウィークエンドマーケットが面白い!

タイの国内移動に格安バスを使おう!ナコンチャイエアーがいい3つの理由

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
tanyao

tanyaoライター

投稿者プロフィール

タイ在住6年目の日本人、2011年に夫婦でタイへ移住。
タイの中でも特に自然豊かで昔の名残を残しているイサーン(東北)地方に住んでいます。
自分たちの目で見、肌で感じた経験を記事にしていけたらと思います。
日常で使えるタイ語も記事の中に盛り込んでいきますので語学に興味ある方にも見ていただけたら嬉しいです。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. お金
  2. フランス人
  3. フランス生活
  4. workingholiday
  5. 海外で働く
  6. 馬車:delman(デルマン)

おすすめ記事

  1. 台北のメトロ
  2. 英語を使う機会をできるだけ増やしましょう!
  3. サントニーニョ教会
  4. タイ語の挨拶
  5. ニュージーランドで海水浴
ページ上部へ戻る