リヨンで感じる!世界に名だたるゆかりの著名人の足跡

リヨン

街を語るとき、その街に生きた人、その街で何かを成し遂げた人のことが語られずに終わることはありません。

リヨンにも、そのような人物たちが、しかも世界中にその名を轟かせる偉人たちが生きていました。彼らは、多くの人を楽しませ、その生活を便利に豊かにしてきたのです。

リヨンに行ったらその足跡をたどりたい、3人の偉人をご紹介しましょう。

国際空港にその名を冠するリヨンの顔、サン・テグジュペリ

サン・テグジュペリ

リヨン出身の著名人と言えば、その筆頭に挙げられるのが、アントワーヌ・ド・サン・テグジュペリ(1900-1944)でしょう。

世界的ヒット作「星の王子さま」の著者として知られる彼は、飛行士兼有名作家という大変珍しい経歴の持ち主です。

リヨンの旧伯爵家に生まれたサン・テグジュペリは、スイスで文学を学んだ後、志願してフランス陸軍に入隊。飛行連隊に所属し、パイロットとなります。

退役後、民間パイロットを務めるかたわら、1926年に26歳で作家デビューしました。31年発表の「夜間飛行」、39年の「人間の土地」がヒットして、作家としての名声が高まります。

1942年の「戦う操縦士」は、第二次大戦下という当時の時代背景を色濃く反映した作品で、ナチス・ドイツによる発禁処分を受けるも、多くの人々によって密かに読まれる人気作となりました。

翌1943年には、世界中で長く読み継がれることとなる「星の王子さま」を発表し、作家としての成功のピークを迎えます。

しかし、翌44年、強い実戦勤務希望ゆえに復員していたサン・テグジュペリの操縦する偵察機が地中海上空で撃墜され、44年の短い人生に終止符が打たれました。

関連:リヨンに行ったらココに注目!フランスの美術館では見られない街中の芸術

リヨンに残るサン・テグジュペリの足跡

残念ながら、リヨンにはサン・テグジュペリの記念館のようなものは存在しません。関連グッズは街の至るところで販売しています。

市内のゆかりのスポットといえば、ベルクール広場に立つサン・テグジュペリと星の王子様の銅像や、彼の生家(8 Rue Antoine de Saint-Exupéry, 69002 Lyon)です。

また、リヨン市から北東へ約50kmのところにあるサン・モーリス・ド・レマンという街には、彼が幼少期を過ごした城館が残されており、外観を楽しむことができます。

「映画の父」リュミエール兄弟

「映画の父」リュミエール兄弟

兄オーギュストと、2歳下の弟ルイのリュミエール兄弟は、19世紀半ばに、リヨンの北東約250kmの場所にあるブザンソンという都市で、写真館を営む両親のもとに生を受けました。

父の仕事を手伝いながら才覚を発揮したルイの研究により、リュミエール家の写真現像技術は大きく進歩し、人々の評判を呼ぶようになります。

好評を受け、父アントワーヌは大都市リヨンに写真工場を開設。こうして、リュミエール家とリヨンは交わることになったのです。

その後兄弟は動画の分野を開拓し始め、天才トーマス・エジソンの開発したキネトスコープの改良版であるシネマトグラフ・リュミエールを開発して、映像のスクリーン投影を実現しました。

1895年、パリにおいて、世界最初の実写映画「工場の出口」を公開。1900年のパリ万博でも映画を上映し、映像の時代の到来を世界に知らしめたのでした。

その後、1907年には世界初の実用カラー写真を発表し、写真の世界にも新たな時代をもたらしました。

美しいリュミエール博物館は必見

リュミエール家のリヨン拠点跡地には立派な博物館が建てられており、二人の偉大な業績を見ることができます。

建物はリュミエール邸を改装したもので、壮麗な内装に一家の成功の様子が垣間見えます。

メトロD線「モンプレジール・リュミエール」駅すぐそばという好立地で、10時から18時半まで開館しており、月曜は定休日です。入館料は6.50ユーロ。

リヨンが生んだ天才シェフ、ポール・ボギューズ

天才シェフ、ポール・ボギューズ

最後は、存命の偉人をご紹介しましょう。

その名は、ポール・ボギューズ。現在90歳の彼は、リヨン近郊にある自身の名のついた三つ星レストランのオーナーシェフで、世界で二番目に高齢の三つ星シェフとして、世界にその名を知られています。

リヨン郊外の料理人の家に生まれたボギューズは、修行を経て、1959年にレストラン「ポール・ボギューズ」を継ぎました。

その後、数年の間に店をミシュラン三つ星へと引き上げ、それ以来50余年にわたって三つ星を維持し続けています。

フランス料理に新たな時代をもたらした特別な料理人として、自身もフランス国家最優秀職人章の取得をはじめ、数々の表彰や受勲を受けているんです。

スズキのパイ包み焼き、クレーム・ブリュレ、パイ蓋付きトリュフスープなどが代表作で、日本料理にも影響を受けたと言われるその革新的な料理で、人々に強烈なインパクトを与えています。

ポール・ボギューズを味わう

リヨン中心部から北へ10km、コロンジュ・オ・モン・ドールという町に、ポール・ボギューズ本店はあります。

世界中からの客でにぎわうこのレストランでは、伝説の料理の数々をいまも楽しむことができ、夢のような時間を過ごせることは間違いないでしょう。

お値段も、もちろん相応のものですから、そのつもりでお出かけください。

詳細情報

  • 店舗名:Paul Bocuse Restaurant
  • 住所;50 Rue de la Plage, 69660 Collonges-au-Mont-d’Or, フランス
  • 営業時間:午後12時〜午後1時半、午後8時〜午後9時半

まとめ

リヨンゆかりの偉人たちの業績はいかがでしたか?

実際に訪ねて、その足跡・雰囲気を感じてみたいと思われた方も少なくないのではないでしょうか。

長い繁栄の歴史と、豊かな風土を持つリヨン。その街で、世界の注目を集める仕事をしてきた偉人たち。街と人は関わりながら、歴史を紡いできました。

街を感じ、人を感じる。これも、旅の醍醐味の一つですね。

おすすめ

憧れのフランス暮らし!フランス生活で発見した5つの魅力

リヨンに行ったらココを見よう! 世界遺産・リヨン歴史地区

フランス・リヨンへ行こう! 日本からリヨンへのアクセス方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. お金
  2. フランス人
  3. フランス生活
  4. workingholiday
  5. 海外で働く
  6. 馬車:delman(デルマン)

おすすめ記事

  1. スイスの学校
  2. スイスの高速道路
  3. ベトナム・ハロン湾の夕日
  4. 海外就職
  5. 台湾のお土産茶器
ページ上部へ戻る