ベトナムに行く前に知っておきたい基礎情報あれこれ

ベトナム

日本からも観光客が多く訪れるベトナム。でも行く前に、ちょこっと予習しておきませんか?

フレンドリーで優しい性格の人が多いベトナム。思い出深い滞在にするために事前に知っておくべきことがいくつかあります。

今回は気候のこと、服装のこと、衛生面、治安、体調不良になったら?など誰でも感じる疑問についてご紹介します。

ベトナムの気候

ベトナムは、縦に細長い形をした国で、その長さは日本と同じくらいあります。ですから、日本と同じように、北部、中部、南部では気候に大きな違いがあります。

ハノイの気候

北部ハノイでは、四季があります。

10月~4月までは雨があまり降らず、寒さが堪えるほど。セーターやコートがあってもいいくらいです。

5月から8月は暑くなり、スコールも降ります。

8月~10月までは風が爽やかな秋です。

10月も後半になると、気温も下がってきて、冬がやって来ます。

ダナンの気候

中部最大の都市ダナンでは、雨季と乾季にわかれます。

年間平均気温が28~29度と温暖で、9月~10月にかけて台風が直撃します。

ホーチミンの気候

南部ホーチミンでは、2つの季節にわかれます。

「5月~11月が雨季、12月~4月までが乾季です。」とよくいわれるのですが、昨今の気候変動の影響か、以前ほどはっきりと雨季と乾季の区別がなくなってきました。

雨はしとしと降るのではなく、一時的なスコールです。雨宿りをしたらいい、という感覚で、傘を持っている人は少ないですね。年間平均気温が27.5度と温暖な気候が続き、冬はありません。

ベトナムで過ごしやすい服装は?

基本的には、日本の夏の服装だと考えてください。

日本よりもカラッとした暑さなので、過ごしやすいですが、日差しがキツかったり、埃も舞っているので、紫外線対策に日焼け止めや帽子は欠かせません。

ベトナムの道路は、デコボコがあり歩きにくいこともあります。ちょこちょこ色々な所を見て回っていると、結構歩いているものですから、はきなれた歩きやすい履き物を選んだ方が良いでしょう。

ベトナム北部を冬季に訪れるなら、上着は必須です。現地で調達するといっても、たいしたものは売っていないですし、値段も安くはありません。

ベトナムの寒さに負けないためにも、荷物にはなりますが、日本から持参したほうが賢明です。

ベトナムの北部、中部、南部どこへ行かれるにしても、カーディガンなどの羽織るものが1枚あると便利です。ホテルやレストランに入ると冷房がききすぎている、というのはベトナムも例外ではありません。

ベトナムの衛生面で気を付けることは?

レストランで飲み物を頼むときに、「氷なしで」と言ったのは昔のこと。レストランやカフェで出てくる氷、水は飲んでも大丈夫です。

ホテルの部屋の蛇口から出てくる水で口をゆすぐと、腹痛になる、といわれたこともありましたが、何の根拠もありません。

ただし自分で飲む水は、市販のペットボトルの水にするようにしましょう。旅行に行くと、慣れない土地で無理をして疲労がたまることもあるでしょう。

疲れをためすぎず楽しむことで、免疫力を落とさず、果ては楽しい旅につながるのではないでしょうか?

ベトナムの治安はいいの?

ベトナムは、アジアの中でも比較的治安のいい国だといえます。これは警察権力が強いからだとか。

しかしながら、日本と同じように考えてはいけません。貴重品や高価なものはなるべく持ち歩かず、両替所でお金を換金したら、財布にお金をしまってから外に出る、など自衛は必要です。

また、高価な貴金属を身に付けて歩くのも極力やめたほうがいいでしょう。バイクの2人乗りで後ろから近づき、アクセサリーやカバンをひったくられることはないともいえません。

楽しい時間になるように、ベトナムが嫌いになって日本に帰って欲しくないというのが本音です。

ベトナムで体調不良になったらどうする?

まずは日本から腹痛、頭痛薬、風邪薬といった常備薬を持参しておくことです。

実は、ベトナムで下痢になったら、日本の薬ではあまり効きません。でも、まずは馴染みのある薬を飲むのが一番でしょう。

ベトナムにも日本語の通じる病院がいくつかあります。日本人向けのフリーペーパーにも載っているので、事前に調べておくようにしましょう。

風邪っぽい時、ベトナム人はおかゆを食べます。生姜がきいていたり、鶏肉のお粥だったり。ベトナム料理はおいしいですが、実は結構、白砂糖や油を使って作られています。

今でこそ、健康志向のベトナム人も増えてきましたが、旅行中、疲れがたまって胃が重たく感じられたら、お粥がおすすめです。お粥はベトナム語で「chao(チャーオ)」ですよ。

まとめ

いかがでしたか?

ベトナムに行く前に知っておきたい基礎情報をご紹介しました。日本と同じように縦に細長い形をしたベトナム。基本的には日本の夏服で十分ですが、冬季の北部では、上着が必要です。

治安や衛生面でも、あまり神経質になりすぎずにポイントだけ押さえていれば大丈夫。ちょこっと気を付けて、楽しい滞在にしてくださいね!

海外求人

【採用担当者の方へ】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

ベトナムの通貨は何?ベトナムへ行く前に知っておきたい通貨(レート、両替方法)

ベトナムに来たら「とりあえずやっておきたい」3つのこと

ベトナムで英語は通じる?困ったときに役立つちょこっとベトナム語講座

 

ベトナムお役立ち

ホーチミン滞在のススメ!ホーチミンに滞在してよかった4つのこと

海外就職でベトナムVSタイ生活費が安いのはどっちだ!

ベトナムでの銀行口座の開設の仕方ガイド

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
藤田朱希

藤田朱希ライター

投稿者プロフィール

小学生の時にテレビで観た映像にショックを受け、「オーストラリア人になる」ことを目指す。
大学でオーストラリア留学を果たし、20代はベトナムに。
ベトナムでは、日本語教師、現地日系企業、ベトナム料理教室の通訳、翻訳を経験。現在は、毎日畑で土をいじる時間が癒しのひとときになっている。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 青島54広場
  2. イギリス
  3. ミャンマー語
  4. サウナ
  5. ディズニーランドパリ
  6. 台湾でのワーホリ

おすすめ記事

  1. カンボジアでの生活費
  2. タイ・バンコクのタクシーの乗り方
  3. 海外就職での収入
  4. 釜山のバス
ページ上部へ戻る