海外に行ける仕事!海外添乗員ってどんな仕事?

海外添乗員

ヨーロッパで生活した後に日本へ帰国。帰って来た時に「さて何の仕事をしようかな」と考えた時に経験してみたい仕事の一つが海外添乗員の仕事でした。

海外添乗員の仕事といえば、お客さんと一緒に海外に行けるお仕事です。

今回は実際に海外添乗員はどんな仕事をするのか、どんな方が向いているのかなど経験を含めてお伝えします。

海外添乗員という仕事の魅力と現実

仕事をしながら色々な国へ行けるというのが、まず添乗員という仕事に惹かれた一番の理由でした。

そして自分の性格上オフィスでパソコンと向き合って働くよりも、常に動き回って体を動かしている事が性に合っているなと自覚していたからです。

働いてみて思った事は添乗員は世界を仕事の場として常に動き回り、時に走る。なかなか体力を使う仕事です。添乗中はお腹がとっても空きます。

出来るだけ美味しいご飯を食べて働くエネルギーに変えて次に備えます。

海外添乗員の仕事

海外添乗員の仕事

添乗前日までは打ち合わせや添乗する国の下調べを入念にします。

行程表の中に自由時間が含まれているツアーは、添乗員も自由に出来る時間があると感じがちです。

しかし、実際はその反対で、その自由な時間にどこへ行ったらいいか分からないというお客様の為に、案内が出来るようにプランを考えたりレストランのリサーチなど出発前にしておきます。

当日は集合時間の約1~2時間前に空港でスタンバイ。集合して参加者の人数確認をします。人数確認は出発から旅中常に行う大事な基本の仕事の一つです。

空港ではお客様のチェックイン・荷物検査・入国審査のケアをし、搭乗ゲートへ一緒に同行します。現地に着いた瞬間から本当の意味で仕事がスタートしますので、飛行機の時間は出来るだけ体を休め睡眠を取るようにします。

現地に到着したらツアーの旅行の行程通りに進行しているかを確認しながら進めていきます。

レストランの席の確保、ホテルのチェックインのお手伝い、予約した部屋に不備がないか、ヨーロッパの様な治安の良くない所では、スリや置き引きに巻き込まれるお客様もいるので、その注意喚起。

盗難や紛失により場合によっては一緒に警察や大使館に同行する場合もあり、仕事は毎日多岐に渡ります。

一番の優先はお客様の安全が第一になります。無事に日本へ帰り参加した皆さんが楽しい旅行だったと満足して頂けたら大成功です。

海外添乗員の仕事の魅力

海外添乗員の仕事の魅力

実際に仕事を始めてから面白いなと思ったのは普段会わない人と出会える機会があるという部分でした。

私の場合は添乗するお客様が大学生や中学生の学生さん達が多く、一緒に旅をしていると若く元気で未来に溢れたキラキラしたエネルギーを貰いながら仕事をしていました。

添乗先は本当に様々です。日本国内から始まり、海外もアジア・オセアニア・ヨーロッパ・アメリカ等。ツアーによります。

自分が今までに行ったことの無い国にも行きます。初めての国に緊張もしますがこの仕事のお陰で行ったことの無い国に行ける事はお客様が感じる感動と同様に私も感じます。

海外添乗員の仕事中に意識してること

仕事中に意識すること

私が仕事上で意識することは全てのお客様と毎日話す時間を持つことです。

そして必ず自分から笑顔でニコニコ話しかけます。目を見て話す事で旅中の不安や問題に一早く気付く事が出来ます。

旅の期間は約最長で2週間毎日お客様と過ごします。旅が終わればもうそれ以降会うことは無い方ばかりかもしれませんが、旅中は運命共同体の様な感覚で毎日その方達と顔を合わせ旅をします。

私が心を開いてお話をするとお客様も一日、一日慣れてきて話しかけて下さる方が多くなり、終わりが近づくにつれて別れが名残惜しく感じてくるのです。

旅は人との出会いです。それがあるからこそ旅が充実したものになります。

海外添乗員の仕事に向いている人

まずは言うまでもなく旅行が好きな人。そして、人が好きで思いやりや気遣いがある人です。

海外方面の添乗員を目指すならば英語は必要です。更に他の言語が話せればその現地のホテルスタッフやバスの運転手の方との対応もスムーズになり上手くいきます。

加えて決断力がある人も大事な要素です。ツアーに出たらたった一人で何人ものお客様を連れて旅をします。旅は楽しいだけでなくハプニングが付き物です。

その際に自分が瞬時の判断を下さなくてはならない時が出てきます。これについては経験から学ぶ事が勿論ですが、決断やとっさの判断を求められるシチュエーションが圧倒的に多いのです。

まとめ

いかがでしたか?

さて皆さんは海外添乗員という職業についてどう感じられましたか?旅という非日常的な時間を共有し、お客様と一緒に感動をしたり笑顔を見るとふと疲れも吹っ飛びます。

ハラハラドキドキな仕事ですが、私は結構この仕事が気に入っています。

海外求人

【採用担当者の方へ】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外就職に挑戦しよう

逆張りとしての海外就職、日本の景気が良い今だからこそアジアへ行け!

ネット上にない隠れ求人に応募しよう!海外へ飛び込み自ら就職活動する方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 青島54広場
  2. イギリス
  3. ミャンマー語
  4. サウナ
  5. ディズニーランドパリ
  6. 台湾でのワーホリ

おすすめ記事

  1. 韓国の求人
  2. ジョリビーくん
  3. カンボジアでの生活費
  4. ベトナム人の休日の過ごし方
  5. 中国での生活
ページ上部へ戻る