ロンドンで気をつけるべき危険な地域、スリと詐欺の対応策

スリ対策

ヨーロッパは詐欺が横行していることで有名です。ロンドンに観光に行きたいけれど、詐欺師などどこにいるのかも、どのような手口で近づいてくるのかもわからないですよね。

今回は、詐欺だけでなく、ロンドンで起こり得る犯罪をいくつかピックアップし、対処法などを説明します。犯罪が多発する地域なども紹介するので、安全を気にするのであれば近づかないことをおすすめします。

ロンドンで狙われやすい日本人観光客

日本人

ロンドンには、毎年たくさんの日本人観光客が来ます。EU離脱の影響も強くあるポンド安の今がみなさんがロンドンに来たがる時期です。

ところが、日本人は世界の人々と比べると、性格が優しく気弱な人が多いので、犯罪の標的になりやすいのです。

ケンカなどしないし、お金を要求されたらすぐに出す。問題が起きてからも、英語が苦手だし旅行中の限られた時間の中だと警察にも行けず、諦めてしまう。日本人観光客は、皆こう思われています。

詐欺師からしたら、当然このような性格の人々は一番標的にしやすいのです。

これから、それぞれの対処法を説明していきましょう。

ロンドンでのスリや強盗への5つの対策

スリ対策

スリは人が密集する場所に多くいます。特に観光地などは要注意の場所です。その中でも一番標的にされやすい日本人は、気をつけましょう。

ロンドンの街に溶け込みましょう

日本人観光客は、ロンドンでは意外と目立ちます。特にスリから見たら日本人観光客などすぐに見分けが付きやすく、標的になりやすいです。

地味な色の服を着ましょう

まず服装ですが、イギリス人は結構地味な服装を好みます。色もそこまで派手ではない無地のセーターやパーカーが主流ですね。

ショルダーバッグは使わないようにしましょう

ショルダーバッグが日本では主流ですが、ロンドンではなるべく使わないようにしましょう。

まずロンドンでは誰も使わないですし、背中側にあるので気付きにくく、中身だけ抜かれるケースが多いです。

長財布はポケットから出さない

長財布も、ポケットから出ているととても簡単に抜かれてしまいます。カバンや携帯なども、無防備に置いておくとあっという間にひったくりにあってしまいますよ!

きょろきょろしない

さらに、日本人は海外の観光と英語が苦手なので、キョロキョロ辺りを見渡す人が多いですね。そのように辺りを見渡しすぎていたら、観光客であることがとてもわかりやすいです。

しかもそこにカメラをぶら下げていたら、日本人のステレオタイプが丸出しです。

なるべく早く街に溶け込むようにしましょう。

ATMを利用するとカード情報を盗まれるかも

ATM

イギリスのATMにも気をつけた方がいいでしょう。

暗証番号を盗み見し、カードが出てきた瞬間に強奪して逃げる犯罪者もいます。ロンドンではくれぐれも自分の暗証番号を人に見られないようにしましょう。

さらに、カードの差込口にデータを盗む機械を設置していることも多いです。カードを通しただけで、相手に口座への通路を渡してしまいます。

これらの詐欺は口座からお金が引かれてからでないと気づかないので、カードを使うときは注意しましょう。

ロンドンでは2つの詐欺に気を付けよう

イギリスに詐欺は多くないですが、全くないわけではありません。

黒タクシーのぼったくり詐欺

ロンドンの黒タクシーは現金で払うので、運転手が観光客をぼったくる場合が多々あります。遠回りをしたり、お金を多く払わせたりします。

ネットがあれば地図を見ながら経路を確認できますが、一番地理を知っているのが運転手です。遠回りに見える経路が早いのかもしれません。

値段の上がり方も見慣れていないとわからないですし、あまりケチをつけると逆に問題が起こりそうですよね。

なので、タクシーに不信感を抱いたら、タクシーの番号を記録しましょう。後からタクシー会社にクレームを出した方がうまくいくはずです。

観光地の道端詐欺

他に多く存在するのが、道端の詐欺です。

私が経験したのは、ビッグベンの前の橋でコスプレした人たちが寄ってきて写真を迫られます。一緒に撮ってしまい、1人20ポンド(2,700円)を要求されました。写真を撮っただけで、です。

このようなぼったくりはどの国でもあるので、気をつけましょう。

ロンドンでの詐欺への対処法

まずは、観光地で話しかけられたら答えてはいけません。

相手はあなたの心を開こうと色々な手を使います。初めから無視していればいいのですが、無視するのは失礼だと思ってしまうと、もう相手の思うツボです。特に英語が話せなかったら、警察にも事情を説明できません。

もし引っかかってしまったら、周りの人々に助けを求めましょう。大人数に寄られたら、相手も強気ではいられなくなります。

ロンドンで犯罪が起こりやすい場所

ロンドン

観光地

一番危ないのは観光地です。

犯罪は、主に人の密集度が多い場所で起こります。特に観光地などは多いでしょう。集まる人の多くが英語と英国の常識が乏しい旅行者だと、詐欺師もカモにしやすいのです。

交通機関

交通機関なども、ラッシュアワー時には人が密集するので、スリが多発します。自分の持ち物をしっかり見張っておきましょう。

地下鉄のエスカレーターの降り口でわざと転び、後ろの人たちもつまずいて山積みとなっているところで盗みをするという手口もあります。

最も危ない地域「Hackney」

地域でいうと、Hackneyが治安の悪さで有名です。ギャングがいたり、暴動が起きたりするので、用がない限り、特に夜には寄らないようにしましょう。

他には、Brixtonも同じように治安が悪く、ギャングやドラッグが横行する地域です。

まとめ

いかがでしたか?

犯罪はどの国でもありますが、ロンドンは他のヨーロッパの国と比べ、詐欺は少ない方だと思います。ですが全くないわけではありません。旅行先・滞在先では自分の身は自分で守るようにしましょう。

まずは日本人らしい格好から抜け出し、旅行先では日本のファッションは忘れましょう。日本人だと思われたら犯罪のマトです。

警察もいますが、観光地には堂々と偽警官もいる場合もあるので、不審に思ったらIDを出してもらいましょう。さらに、問題があれば、周りの人に助けを求めましょう。

海外求人

【採用担当者の方】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

ヒースロー空港からロンドン市内へ移動方法まとめ

初めてでも安心!ロンドンを自由に移動する方法まとめ

イギリスの金融業界で現地採用として10年間働いて気づいたこと

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. リヨンの交通機関
  2. ヤンゴン動物園
  3. ドイツのビザ
  4. 青島54広場
  5. 葡萄
  6. イギリス

おすすめ記事

  1. 韓国のカフェ
  2. 韓国の求人
  3. タイでの市販での商売は値札が貼っていない商品は値段交渉が必要なところが多い
  4. 郵便
  5. コンビニのみで生活可能!ベトナム・ホーチミンのコンビニ生活ガイド
ページ上部へ戻る