元アパレル店員一押し!カナダで手に入れたいカジュアルブランド3選

ファッション

実は世界的にカナダのファッションってダサいって言われています。 よく目にするスタイルは、無地のTシャツにレギンス。

日本ではレギンスはスカートや短パンの下に履くアイテムですが、カナダではレギンスパンツ感覚で履いています。

でも、カナダに行ったからには、日本では手に入らないような洋服を買いたい!というあなた、元アパレル店員の私がカナダでも可愛い洋服が買えるブランドをピックアップしてみました!

今回はファションに敏感な日本人・韓国人も目を光らせるような、日本には店舗がないブランドを紹介します。

TOPSHOP

topshop

公式サイト:http://www.topshop.com/

残念ながら2015年に日本から撤退したTOPSHOP。しかし、北米での人気はまだまだ衰えず、バンクーバーではH&Mと向かい合った、駅に直結する大通りに大規模な店を構えています。

価格帯や商品の系統も、H&MやFOREVER21とZARAの中間といった感じで、トップスが約2000円から5000円で、最新のトレンドを追えます。

また面白いのが、学生はサイトにログインすることで10%OFFの学割がきくんです。留学生や語学学校の学生さんにはお得ですね。

商品はシンプルで身体のラインを綺麗に見せてくれるような、スタイリッシュな商品が多く、靴や鞄、小物の種類もかなり豊富で、売り場面積も広いです。

ハイヒールはもちろん、サイドゴアのショートブーツやスニーカーなど1年を通し使える商品が置いてあったり、カナダ人にはマストアイテムのプチプラで個性的なサングラスなど、目移りしてしまうものばかり。

ジャージー素材のラフな服から、ナイトクラブ用のかっちりめのワンピースまで、この店だけで揃ってしまうんです。

関連:カナダ生活を満喫するために!行く前に準備しておきたい7つのこと

URBAN OUTFITTERS

urbanoutfittersの服

公式サイト:http://www.urbanoutfitters.com

欧米で展開しているURBAN OUTFITTERSは大都市の人気スポットに何軒も展開。広々とした、コンクリートや木材を使ったお洒落な店内はどこも2.5階の構成で(広い踊り場にも商品がある)、メンズ、ウィメンズと別れています。

店の空間そのものがアメリカの西海岸にいるかのような気分を味わうことができ、店内でも揃えているコンバースのスニーカーやドクターマーチンを合わせたらぴったりな、スポーツミックスの中にも都会的で女の子らしいカジュアルなものを取り揃えています。

特に、定番で、季節ごとに柄や素材、形を変えてくる花柄のワンピースや、addidasとのコラボ商品、個性的で存在感のあるアクセサリーがおすすめ。

また、鞄や靴、帽子などは人気ブランドからセレクトされているものも多く、近年日本でも人気のカナダのブランド、HerschelSupplyのバックパックとのコーディネートも素敵です。

もちろん、洋服だけでなく、店の雰囲気に合わせたレコードや書籍、生活雑貨も取り揃えてあるので、ふらっと入りやすい場所でもあります。

Roots

Roots

公式サイト:http://www.roots.com

Rootsの白地に赤とグレーのラインが入った定番柄を見ると否応なしにカナダを思い出すのは私だけでしょうか……。

アパレル界で、こんなにカナダ愛に満ちたアパレルブランドはROOTSと言っても過言ではありません。

カナダの代表的な動物、ビーバーのロゴが入ったRootsは、カナダ国旗の赤と白をさし色に、カナダの広大な大地と山々を意識したベージュやグレー、グリーンや革素材を意図的にデザインに取り入れ、一目見ただけでRootsと分かるような商品です。

商品はメンズ、ウィメンズ、キッズと家族展開。中には惜しげも無く、カナダの国旗やロゴを入れたTシャツやトレーナーもあり、日本へのお土産としてもかなり喜ばれそうです。

店員さんも、どこの店舗もフレンドリーで、お茶目な方が多く、お客さんと雑談しながら接客する姿が頻繁に見られ雰囲気も良いです。

個人的に可愛かったのが、一緒に働いていたカナダ人の女の子がRootsのベージュの革のエンジニアブーツに、赤とグレーのRootsのソックスを少し見せて履いていたことです。

まとめ

いかがでしたか?

これらのお店は、メンズ、ウィメンズ両方揃っているので、デートなどにも気軽に寄っていけそうですね。

海外の服屋さんでは、みんなガツガツ何着も試着しまくっているので、今までトライしてこなかったようなスタイルも合わせてみるのはいかがでしょうか?

その時は、店員さんに「Can I try this on?」とためらわずに話しかけてみてください。

海外のお店で、カナダのお店の雰囲気を味わい、接客されてみることも、きっといい経験になると思います。

海外求人

【担当者の方へ】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

カナダのパブで見つけた魅力!カナダ人に惹き込まれる5つのこと

カルチャーショック!カナダでの接客で悟ったこと

日本から持ってこればよかった!カナダで買えないもの4選

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
naho

nahoライター

投稿者プロフィール

同志社大学を卒業後、「人生の中で、旅行じゃなくて海外に住んでみたい!」という衝動から、就活を横目に、カナダに渡航。
ワーキングホリデーを使い、カナダを西から東へと転々とするのち、運良く拾われたロッキー山脈の麓のホテル内で働くことに。アート、音楽、社会心理、旅行には目がない。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. リヨンの交通機関
  2. ヤンゴン動物園
  3. ドイツのビザ
  4. 青島54広場
  5. 葡萄
  6. イギリス

おすすめ記事

  1. ハノイのボーイングレストラン
  2. ミャンマーの寺院
  3. 海外渡航前の準備
  4. シンガポールの部屋
  5. 韓国の運転免許
ページ上部へ戻る