フランスは夢の職場?衣装アトリエで働いてわかった5つの労働環境

フランスで働く

フランスは何といっても、料理、ファッション、芸術の本場。これらの業界に携わる方なら、一度はフランスで働いてみたいと思った方も多いのではないでしょうか?

でも、実際の労働環境は?フランス人の働き方ってどんな感じ?など、色々と気になりますよね。

今回は、フランスの舞台衣装アトリエで働いた実体験を元に、フランスの労働環境についてお伝えしたいと思います。

サービス残業なんてもっての外!有給休暇の取得率だって世界第一位!

有給の取得

仕事を始める時に交わす雇用契約書。

日本の場合はあまり詳細な内容までは明記されず、たった一枚の紙に纏められていることも多いですよね。

しかし、フランスの雇用契約書には残業代の計算の仕方から与えられる有給の日数についてなど、2、3ページにわたって細かく雇用条件が記載されています。

サービス残業などもっての外のフランスでは、この雇用契約書の内容に基づいて働いた分はきっちりと残業代を受け取ることが出来ます。

また当然の権利として与えられた有給を取得するので、フランスの有給取得率はなんと100%で世界第一位です。

全員が有給を取得するので、申請する際も全く引け目を感じません。

関連:有給は年37日間!のんびり過ごすフランスのバカンスの仕組み

フランス人独自の時間感覚

時間感覚

よくフランス人は時間にルーズだと言われますが、実際に住んでみると時間に対する感覚が日本とかなり違うことがわかります。

まず驚いたのが、始業開始15分前に出社してみてもドアが開かなかったこと。始業開始5分前ほどから人がぽつぽつと現れ始め、ベテラン組は普通にみんな遅刻をしていました。

そして、特に誰もそれを咎める様子もなく、その後はまずコーヒーを飲むのが日課です。

しかし時間に関してアバウトなのは始業時間のみで、就業時間の15分ほど前になると鞄の用意や化粧直しを始めて退社時刻はきっちりと守ります。

関連:夢への第一歩!フランスで働くには?(仕事と求人の探し方)

信じられないほど長〜いフランスのバカンス!

バカンス

ヨーロッパは夏休みが長い事で有名ですが、フランスも同様に多くの人々が2~3週間ほどの長い夏休みを取り、冬にもまた1週間ほどの休みを取ります。

しかし、オペラの仕事に関しては冬が最も重要なシーズン。

クリスマスやニューイヤー公演などで冬休み休暇が取れない分、オフシーズンの夏にはなんとまるまる二か月ほど休みます。

日本人であれば、そんなに長く休んだら働く気が無くなってしまいそうですが、フランス人たちはこの長〜いバカンスを何よりも楽しみにしています。

休暇中は旅行に行ったりセカンドハウスで家族や友人達とゆっくり過ごし、次の休暇までの活力をチャージするようです。

社歴は関係なし!フランス人の対等な人間関係

日本では「先輩」「後輩」という言葉が存在するように、社歴によって上下関係がはっきりしており、同じ職場でも職業によって多少の上下関係が存在することもありますよね。

しかし、フランスではそんな事がありません。

もちろん上司と部下の上下関係はありますが、それ以外は対等です。

みな、雇用主とそれぞれに契約を結んでいるのであり、他の同僚が何年前からそこで働いていようがあまり関係ありません。

またオペラの仕事の場合、日本では衣装の仕事は下の立場に置かれがちですが、フランスではコーラスも大道具も衣装もみな同じように力を合わせて、一つの舞台を作っていくという意識が強いです。

日本の場合、衣装係や大道具は最初「修行の身」で給料も殆どありませんが、ここフランスではちゃんと雇用契約を結び、大切な責任ある「仕事」として認められています。

関連:こんなに違う!驚きのフランス仕事事情

アーティスト達を支える手厚いフランスの社会保障制度

アーティスト

通常、俳優やオペラのコーラス、舞台照明や衣装などの仕事をしているほとんどの人々が「Intermittent du Spectacle アンテルミタン ドゥ スペクタクル」と呼ばれる不定期労働者で、舞台公演毎に契約を交わしています。

一定期間に定められた労働時間を働くと「アンテルミタン」として認められ、仕事が無い時期に失業保険が支払われたり、有給の代わりに前年度の年収の約10〜15%ほどを受け取ることが出来ます。

芸術に携わる人々は収入が不安定になりがちですが、この様な制度があれば安心して働く事が出来そうですね。

まとめ

いかがでしたか?

フランスの高い失業率は深刻な問題ですが、仕事を得ることが出来れば日本よりもかなりライフワークバランスの取れた生活を送ることができます。

また、アーティストが活躍出来る環境も日本に比べて整っており、フランスの文化レベルが高い理由の一つかもしれませんね。

海外求人

【採用担当者の方へ】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

フランス人ってどんな感じ? 移住して感じた魅力と驚き6つ

フランスで携帯電話を快適に!SIMカードを契約(購入方法・必要書類)

フランスでワーホリ、思いがけないパリでの歯科治療体験

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. リヨンの交通機関
  2. ヤンゴン動物園
  3. ドイツのビザ
  4. 青島54広場
  5. 葡萄
  6. イギリス

おすすめ記事

  1. 锅巴
  2. タイ語
  3. GAYANG Seafood Restaurant(ガヤンシーフードレストラン)
  4. タイで中型バイクに乗る
ページ上部へ戻る