バンコクの週末!ぶらり路線バスと鉄道の旅、都会の森と運河散歩

フアタケーは運河

バンコクでの週末、ショッピングモールでお買い物もいいけれど、たまには人が多い街から離れてゆったりとした時間を過ごしたい。

けれど車がないから遠くはいけない。そんなあなたにぴったりな、路線バスで行けるおすすめスポットがあります。

今回はバンコクの都会の森周辺のおすすめスポットをご紹介します。

森林の大切さを学ぶパー・ナイ・クルン(都会の森)

パー・ナイ・クルン(都会の森)

BTSオンヌット駅から徒歩5分、オンヌット通りのビックCの向かいのバス停から旅のスタートです。

1013番のバスに乗って、揺られること約30分、スカピバーン2通りの三差路まで16バーツ(約53円)です。

そこから道路の反対側に渡り、タクシーに乗り換えて5分、スカピバーン2通りのソイ25で降りたところにあるのが、「パー・ナイ・クルン(都会の森)」です。

パー・ナイ・クルン(都会の森)

ここは昨年、シリントーン女王の還暦を記念して、 PTT(タイ石油公社)が作った人口の森です。2万平米以上の敷地に250種類以上の植物が植えられており、自然と触れ合いながらその大切さを学べる施設となっています。

入口で記名をしましょう、入場は無料です。

パー・ナイ・クルン(都会の森)

進んでいくと、大きな土の壁の建物が見えてきます。中に入ってみましょう。

パー・ナイ・クルン(都会の森)

日陰で風が通り少し涼しく感じます。植物の種の標本がおしゃれに展示されている壁の間を歩いていくと、展示室の入り口があります。

パー・ナイ・クルン(都会の森)の展示室

ここは森林、緑について学べる展示室です。

森が酸素を作り気温を下げてくれること、本来なら一人当たり2平米の森林が必要なのですが、バンコクでは5.42平米しかないことなど、分かりやすく説明されています。

パー・ナイ・クルン(都会の森)のビデオブース

ビデオが流れ音声で説明してくれるブースもあり、子供から大人まで楽しめます。掲示も音声もタイ語のみですが、タイ語を勉強中の方にはよい勉強になるかもしれません。

パー・ナイ・クルン(都会の森)の展望台

展示室を出て土の壁を抜けると森林に囲まれた敷地に出ます。奥に展望台が見えました。森の中の遊歩道を歩いて行ってみましょう。

パー・ナイ・クルン(都会の森)の展望台

頂上まで登ると、森の全体を見渡すことができます。風がとっても気持ちいいです。

パー・ナイ・クルン(都会の森)の展望台

先ほどの壁を上がったところも、低めの展望台になっていて、展望塔の逆側から一帯を見渡せます。

パー・ナイ・クルン(都会の森)

展望台を降りて森の中を歩けば、様々な花や植物の出会えますよ。

詳細情報

  • 施設名称:パー・ナイ・クルン(都会の森)
  • 住所: 81 Sukhaphiban 2Rd.
  • 営業時間:午前9時〜午後6時
  • 定休日:月曜日
  • 電話番号:02-136-6380
  • 公式サイト:http://www.pttreforestation.com/

運河沿いのフアタケー・オールドマーケット

フアタケーは運河

パーナイクルンを後にして次に向かうのは、「フアタケー・オールドマーケット」です。

先ほどと同じバスでも行けますが、時間短縮のためタクシーで、「ラッカバン通りソイ17」まで約120バーツ(約396円)です。

フアタケーは運河沿いの歴史の長い田舎街。今でもタイの昔の造りの一軒家が立ち並んでいて、人々が生活をしています。

オールドマーケット

民家を抜けていくと、マーケットが見えてきますが、ここはすでに閉鎖しており、地元住民のための食堂がいくつか残っているのみのシャッター通りになっています。

ただその中でもドアが開いているお店を覗くと、数十年前にタイムスリップしたようなレトロな空間が広がっています。その通りの一番奥に、目的のカフェを見つけました。

おしゃれなオープンカフェ「シーイェーク・フアタケー」

カフェ「シーイェーク・フアタケー」

運河を眺めながら食事できる、おしゃれなオープンカフェ「シーイェーク・フアタケー」です。

カフェ「シーイェーク・フアタケー」

寂れた商店街の奥にこんな素敵な場所があるなんて、まさに隠れ家です。

カフェ「シーイェーク・フアタケー」

インテリアも食器もかわいいものが多く、店内はタイ人の女の子たちで賑わっていましたよ。

詳細情報

  • 施設名称:シーイェーク・フアタケー
  • 住所:Hua Take Old Market
  • 営業時間:午前10時〜午後7時
  • 定休日:年中無休
  • 電話番号:081-514-6636
  • 公式サイト:https://www.facebook.com/seeyakhautakhe/

運河沿いの道からフアタケー駅へ

フアタケー駅

商店街から20分程、運河沿いの道をひたすら歩くと、鉄道の「フアタケー駅」に到着します。改札のない田舎町の鉄道駅の雰囲気を楽しみつつ、帰りの電車を待ちます。

フアタケー駅

電車は1時間半に1本ほど。30分待って電車が来ました。バンコクのペチャブリ―駅まで1時間以上乗って片道たった7バーツ(約23円)です。

まとめ

いかがでしたか?

バンコクはタクシーでも十分安いのでどこへでも行けてしまいますが、たまにはローカルなバスと電車で景色を見ながらゆったりとした旅をしてみるのもいいものですよ。

海外求人

【採用担当者の方】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ!

バンコクから一番近い癒しの森!「バーン・カチャオ」でサイクリング

仕事に疲れたらここ!バンコクの自然と動物の癒し空間、ドゥシット動物園

バンコクの治安ってどうなの?安全な生活を送るために知っておきたいこと

 

タイお役立ち

乗車拒否もあたりまえ!バンコクのタクシーの乗り方の基本

タイと日本の働き方の違い!バンコクで仕事してわかったタイ人の働き方

おしゃれ女子必見!バンコクのおすすめカフェ10選

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
AYA

AYAライター

投稿者プロフィール

学生時代からバックパッカーで海外を巡り、現在はタイのバンコクに身を置き本業の傍らライター活動中。日本では味わえないタイの魅力やタイでの生活に役立つ情報をお届けします。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. リヨンの交通機関
  2. ヤンゴン動物園
  3. ドイツのビザ
  4. 青島54広場
  5. 葡萄
  6. イギリス

おすすめ記事

  1. アルゼンチンの日系人
  2. タイのミネラルウォーター
  3. Anomali Coffee
  4. 食事の写真
  5. 中国遼寧省で無農薬野菜の現場
ページ上部へ戻る