海外へのスピード転職を成功に導く、海外転職サイト利用のコツ

海外転職サイト

日本国内で働きながら空いた時間でインターネットで得られる情報を集めて、海外転職について検討しているという人も少なくないでしょう。

しかしながら、現実に海外の仕事を対象に転職活動をスタートするために、なかなかきっかけが掴みにくいかと思います。

インターネット上には、海外の仕事を探すための海外転職サイトがいくつも存在しますので、ここではそれらをうまく利用するコツをご紹介します。

転職する際、前職と次の仕事との間の空白はない方が良い

海外での仕事

今後の長い人生を考えると、今回の海外の転職先で終身雇用となる確率よりも、海外に出て働き、再び日本に戻ってから転職する機会がある確率の方が高いと思います。

その際にそれまでの職務経歴を必ず提出することとなりますが、日本の一般的な企業の場合は、そこに空白期間があることをマイナス評価されやすいと言えます。

実際に日本では、ワーキングホリデーやインターンシップとして海外に出て一定期間働いてみることに挑戦する若者も多いです。しかし、そういった実情と逆になかなかその期間が職歴に反映されないことが多いです。

せっかく一念発起して海外へ出て、一定期間現地で働いてくるという貴重な経験をしてきても、空白期間と扱われてしまうことはもったいないことではないでしょうか。

つまり、海外への転職も含めて、前職から次職まで非常にスピード感を持って転職活動を行う必要が出てくるのです。

関連:海外就職や海外転職に成功した人がやっていた4つの事前リサーチとは?

海外の企業では海外経験が評価される

海外の企業ではワーキングホリデーやインターンシップでの職歴の空白期間が、マイナス評価を受けることは少なく、むしろプラスに評価されることの方が多いです。

就職して一度社会人生活を送ってから大学院に入学したり、別の職種のインターンシップに参加したり、ビジネススクールに通ったりする場合が日本国内よりも多いためだと考えられます。

また、後進国の場合も、求職者数に対する求人数が少ないなどの理由により、職歴に空白ができてしまうことは比較的よくあるため、空白期間があることでマイナスイメージを抱かれることはないようです。

大切なことは、一旦、海外に出て働き、帰国後にどのように更なるキャリアを形成していくか、という長期的な展望を忘れてはならないということです。

自身の職歴に空白期間を作らないためにも、転職活動はやみくもに時間をかけず、スピード感をもって進めなければなりません。

そのためには、インターネットを利用した情報収集においても、成功への近道となるポイントを押さえた方法をとっていく必要があるのです。

関連:海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

海外へのスピード転職を成功させる、海外転職サイトの賢い利用法とは?

海外転職

職務経歴に空白期間ができないようにするための方法にフォーカスしてみましょう。

インターネットで転職サイトに登録することは特に費用はかかりませんが、やはり無料で手に入れられるコンテンツには限りがあります。

誰もが見ることができる求人情報には誰もがエントリーできるわけですから、採用される確率も下がり、あまり価値のある情報とは思えません。

日本国内では経験できない仕事に就きたいという強い希望がある場合は、海外転職の情報に強いサイトを利用しなければならないのは当然のことです。

いくつかの海外転職サイトを利用し比較すること

海外転職

いくつかのサイトを無料登録の範囲で利用しながら比較していき、自分が求める種類の求人情報を多く配信していると思われるサイトでは有料サービスを利用してみることをおすすめします。

ただ、有料サービスを利用する場合は、なるべく短い期間で一気に転職活動を進められるように集中して活用し、だらだらと課金し続けることがないようにしたいものです。

有料で利用できる情報としては、求人を出している企業に対する口コミの詳細までを閲覧できるようになったり、企業に提出する書類のフォームが利用できたり、非公開求人の情報を得ることができたりなどと、非常に価値のある内容となっていると思います。

やはり短期決戦を成功させるためにはこれらの情報をフルに活用すべきで、首尾よく満足な転職ができれば慣れない海外生活へのモチベーションも大きく違ってきます。

何年か後の自分のキャリアにも影響をもたらす海外転職ですから、自分にとってベストな仕事に出会うためには、ここぞというタイミングで一気に掴みに行くことが必要です。

そのためにも、賢く転職サイトを活用していくことが重要となってくるのです。

また、サイトによっては、クオリティの高い情報を無料で得られる場合もあるかもしれませんので、海外転職に強いサイトの人気ランキングや口コミなどを参考に、自分に合ったサイトを見つけて下さい。

まずは大手の転職サイトから登録してみる

大手の転職サイトで、人気ランキングの常に上位の座を守っているようなサイトは、求人数や有料で受けられるサービスが他のサイトよりも充実していることがわかります。

ここでは筆者がおすすめしたいサイトを3つご紹介します。

まず1つめは、リクナビNEXTです。

リクナビネクストは登録はもちろん無料で、登録後はこのサイト以外のリクルートのサービスも活用できるようになっています。

海外を勤務地とする求人情報も豊富にありますので、まずはこのリクナビネクストでさまざまな条件を確認してみるとよいかと思います。

また、無料で得られるサービスだけでもかなり充実していますので、もし「これこそ」と思える求人が見つかれば、即エントリーしてチャレンジすることもできます。

他に便利な機能としては、転職の期限設定や自分が何社エントリー中なのかがわかるようになっていたりなど、転職活動をスムーズに運ぶためには非常に役立つ部分となりますのでうまく活用していければよいと思います。

2つめは、ビズリーチです。

こちらは、サイトの見やすさ、使いやすさで高評価となっており、まずは無料の登録で試してみるとよいかと思います。

そして、有料のサービスでは、非公開求人の情報を得られたり、ヘッドハンティングの情報なども個別に対応してもらえるなど、利用できる範囲がぐっと広がります。

また、年収の基準等をクリアしている場合はハイクラス会員として、さらにレアで価値の高い求人情報の提供も受けることができます。

日本国内での仕事を数年経験し、職場内でのリーダー的な立場に差し掛かり、収入もスキルも上がってきているタイミングでの転職には、ハイクラス会員での利用がおすすめです。

3つめは、JACリクルートメントです。

こちらも海外転職サイトでは最大手のひとつとなっています。

英国・ロンドン発祥のエージェントで、もとから海外転職や外資系転職を専門に取り扱いしているサイトですから、独自のグローバルな情報網に集まる求人には魅力あるものが多くなっています。

求人の紹介には個別にコンサルタントが対応しますが、専門性の高いコンサルタントが約500名所属していることも求職者からは心強いところです。

抱えている求人の半分以上は非公開のものとなっており、コンサルタントが求職者のキャリア、能力を考慮し選び出した求人を紹介してくれます。また、コンサルタントの企業側への交渉で、求職者の優れたキャリア、スキルに適したポジションが新しく用意されることもあるようです。

ただ、インターナショナルな文化をもち合理的なコンサルタントに定評がある一方で、シビアな評価に厳しさを感じる人がいることも確かです。

しかし、海外に出て働くということは、日本国内の「やさしい」文化、常識を捨てなければいけないという一面もありますので、海外転職に果敢にチャレンジするためのプロセスの一部として、是非利用してみてほしいと思います。

まとめ

いかがでしたか?

海外転職の場合も、国内でのそれと同様、転職サイトを利用することでスピードがあがり、多くの人がスムーズな転職に成功しています。

海外に出て働くためには、事前のリサーチをしながら語学のスキルアップも必要となり、時間のやりくりに非常に苦労しますが、ご紹介したような転職サイトの賢い利用が成功への近道にもなりますので、積極的に活用して良い転職につなげて下さい。

海外求人

【採用担当者の方】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

20代から視野に入れたい海外就職の4つのメリット

中国とか東南アジアで海外就職をするとメリットもデメリットもあるけど総じて面白い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. リヨンの交通機関
  2. ヤンゴン動物園
  3. ドイツのビザ
  4. 青島54広場
  5. 葡萄
  6. イギリス

おすすめ記事

  1. 中国移住のきっかけ
  2. セブ島とかマクタン島の治安と対応策
  3. 西ベンガル州にあるリゾート
  4. アルゼンチンの日系人
  5. タイの郵便局プライサニー
ページ上部へ戻る