一度は行ってみたい。ウィーンのステキな大晦日とお正月の過ごし方・オーストリア

一度は行ってみたい。ウィーンのステキな大晦日とお正月の過ごし方

こんにちは、Guanxi [グアンシー] 編集部です。
 
日本のお正月はどうでしたか。除夜の鐘を聞きながら年越しそばを食べ、静かに新年を迎えるのが日本の年越しですが、ウィーンでは少し様子が違います。
 
キリスト教徒が多いウィーンでは、クリスマスが家族で集まり、静かに過ごす時であり、大みそかと新年は華やにお祭り騒ぎになります。今回はウィーンの年越しについてご紹介します。
 
 
▼目次
 
 
 
 
 
 
 
ということで、今回の場所は日本から約12時間のオーストリア・ウィーンです。
ウィーン・オーストリア

▽ 1-1. ジルベスターの過ごし方


一度は行ってみたい。ウィーンのステキな大晦日とお正月の過ごし方
出典:austria
 
ジルベスターとはドイツ語で大晦日という意味です。
 
ジルベスターでは、オペラ座にシュトラウスのオペレッタ「こうもり」を見に行く人、ホーフブルク宮殿のジルベスター舞踏会を訪れる人、ドナウ川を走る遊覧船上でフルコースを食べる人、カーレンベルクという小高い山に登る人、登山して山小屋に泊まる人、自宅で家族と過ごす人など。
 
ウィーンでのジルベスタ―の過ごし方は人それぞれです。 

▽ 1-2. ブライギーセン(Bleigießen)で来年を占う


自宅で過ごす人は、 鉛の小さな固まりをスプーンの上に乗せ、そのスプーンの底をろうそくの火でなどであぶって鉛を溶かし、溶けたものを冷たい水の中に入れて、再び固まったその形で翌年の運勢を占う、ブライギーセン(Bleigießen)という遊びを行ったりします。
ブライギーセン(Bleigießen)
出典:27000x8j
 
鉛の小さな固まりをスプーンの上に乗せます。
 
ブライギーセン(Bleigießen)
 
スプーンの底をろうそくの火でなどであぶって鉛を溶かします。
 
ブライギーセン(Bleigießen)
 
溶けたものを冷たい水の中に入れて、再び固まったその形で翌年の運勢を占います。
 
今年はどんな年になるのでしょうか。

▽ 2-1. ジルベスターはウィーンの街へ繰り出そう!


静かに迎える日本の新年と違って、ウィーンの年明けはお祭り騒ぎ。
 
街の広場や通りの上には舞台が設けられ、様々なショーやライブミュージックが行われます。食べ物や飲み物の屋台もたくさん出ます。
一度は行ってみたい。ウィーンのステキな大晦日とお正月の過ごし方
 
一度は行ってみたい。ウィーンのステキな大晦日とお正月の過ごし方
出典:austria
 
特に人が集まるのはシュテファンスプラッツと、市庁舎前広場です。日本の初もうで顔負けの人込みになり、身動きが難しくなるほど。

▽ 2.2 ジルベスターは花火がヤバい


年が変わる際には、カウントダウンが行われ、新年になった瞬間には、街の中心にあるステファンス寺院の鐘が響きわたり、空にはたくさんの花火があがります。
 
一度は行ってみたい。ウィーンのステキな大晦日とお正月の過ごし方
出典:kurier.at
 
一度は行ってみたい。ウィーンのステキな大晦日とお正月の過ごし方
 
一度は行ってみたい。ウィーンのステキな大晦日とお正月の過ごし方
出典:wien
 
 
一度は行ってみたい。ウィーンのステキな大晦日とお正月の過ごし方
出典:news.at
 
集まった人たちは抱き合ったり、シャンパンで乾杯したり、音楽に合わせてワルツを踊ったりして、新しい一年のスタートを祝います。

▽ 3. ニューイヤーマーケットでラッキーグッズをゲット


ニューイヤーマーケットでラッキーグッズをゲット
出典:4travel
 
クリスマスマーケットが終わって、街が寂しくなるな、とがっかりすることはありません。

年末から年始にかけて、ウィーンでは街の様々な場所でニューイヤーマーケットが開かれます。そこで見かけるのは、ブタ、キノコ、テントウムシ、四葉のクローバー、えんとつ掃除屋さんなどのモチーフのマスコットやチョコレートなどなど。
 
これらはウィーンでは大変縁起のいいものとされているので、友人や家族などにプレゼントすることが習慣とされています。四葉のクローバーは私たち日本人にも納得できますが、ブタやキノコがラッキーアイテムというのは、少し不思議な気もしますよね。
 

▽ 4. ちょっと寂しい?ウィーンのお正月


日本では正月三が日、といいますが、ウィーンでは祝日なのは1月1日のみです。
 
お正月にウィーンの人々は、楽友協会で行われるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートなどをテレビで鑑賞しながら家でのんびりとすごします。日本ほど特別なイベントはないので、少し寂しく感じてしまうかもしれませんね。海外求人サイトGuanxi[グアンシー]

▽ 5. まとめ


いかがでしたか?

日本とは、全く違ったウィーンの年末年始、一度は是非体験してみてください。
 
ただ、ジルベスターは街中で、花火や爆竹に火をつけたりする人たちがいて、ちょっと危ないこともあるので、外出する場合はケガのないように、また街は人で混み合うので、スリなどに合わないよう十分に気を付けてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 本のオブジェ
  2. ロンドン
  3. 事務員
  4. レストラン
  5. フランスで働く
  6. プーケット

おすすめ記事

  1. タイの市場
  2. ニュージーランドの料理
  3. シュノーケリングで沈没船を見に行こう
  4. 知らない人が寝ている
  5. タイの現地採用
ページ上部へ戻る