結構オシャレ?東西を分けたベルリンの壁周辺を歩いてみましょう・ドイツ

ドイツ、ベルリンの壁、イースト・サイド・ギャラリー

こんにちは、Guanxi [グアンシー] 編集部です。
 
日本国内やアジア各国と違ってヨーロッパへ聞く機会は少ないのではないでしょうか。
いろんな話を聞いてみても、いまいち想像しにくかったり。。。
 
そこで今回は、ヨーロッパの国ドイツの町歩きです。
ドイツといえば、東西を分けたベルリンの壁が有名ですよね。
 
歩き出しは、ぜひワルシャワ通り駅から、さくさく歩いてみましょう。
ドイツ・ベルリン・ワルシャワ通り駅
ワルシャワ通りからの線路
 
 
ドイツ・ベルリン・フリードリヒスハイン地区
フリードリヒスハイン地区にはクラブも多く、壁じゃなくてもグラフィティだらけです。
 
 
ドイツ・ベルリン
天気がよいと、ベルリナー達がランニングをする通りを越えて、壁に向かいます。
上半身はもちろん裸です。
 
 
ドイツ、ベルリンの壁、イースト・サイド・ギャラリー
ここからがベルリンの壁「イースト・サイド・ギャラリー」の始まりです。
 
 
ドイツ、ベルリンの壁、イースト・サイド・ギャラリーのっけからサイケデリックな色彩で、目が奪われます。
 
 
 
ドイツ、ベルリンの壁、ビールバイク
時折騒がしく「ビール・バイク」を漕いでいる軍団に遭遇するのも、ご愛嬌。
飲むのか漕ぐのかどちらかにして欲しいものです。
 
飲んで漕ぐなんて日本では飲酒運転です。笑
 
 
ドイツ、ベルリンの壁、外国人専用の「チェックポイント・チャーリー」かつての外国人専用の「チェックポイント・チャーリー」を描いた部分。
 
ドイツ、ベルリンの壁、オーバーバウム橋
壁の内側に入ると、ネオゴシック建築の、オーバーバウム橋が美しく見えます。
 
 
 
ドイツ、ベルリンの壁、ボート・ホステル
運河の一角にいつも停留している、ボート・ホステル。いつもパーティーの音が聞こえてきます。
 
 
ドイツ、ベルリンの壁、「ホーネッカーとブレジネフのキス」
有名な「ホーネッカーとブレジネフのキス」の前では、写真を撮る観光客が沢山!
 
 
ドイツ、ベルリンの壁、I love berlin
目を反対側に向けてみれば、ホテルの壁にも巨大なアートが!
「私はベルリンが大好きです」
 
 
ドイツ、ベルリンの壁アート
やたらポップな色彩が、とてもベルリンの壁っぽさを醸し出しています。
 
 
ドイツ、ベルリンの壁アート
クラブが多いこともあり、電柱はフライヤーやポスターだらけ。
 
 
ドイツ、ベルリンの壁アート
むむむ?やや怪しいフォントで日本語も書かれています。
危ないから迂回しろということでしょうか。
 
ま、迂回はしませんけどね!
 
 
ドイツ、ベルリンの壁アート
まさかの富士山が!プロトタイプすぎる日本像。
海外の人達はきっとこういうイメージなのかもしれませんね。
 
 
ドイツ、ベルリンの壁アート
観光客が多いため、路上で作品を売るアーティストも多く居ます。
 
 
ドイツ、ベルリンの壁アート
ドイツと言えば、アインシュタイン。カラフルすぎる、アインシュタイン。
 
 
ドイツ、ベルリンの壁アート
壁が破られたときに人が押し寄せてきた様子を描いたもの。ちょっと怖い!?
 
 
ドイツ、ベルリンの壁アート
まさかの「壁」を使った作品も売られていて、ベルリンらしく自由すぎる!
 
 
ドイツ、ベルリンの壁アート
ゴールです。
壁と川の間の公園。
 

▽まとめ


いかがでしたでしょうか。
 
ドイツでは日本とは少し違った雰囲気を知ることができます。
ドイツベルリンの壁アート。壁アートは世界共通なのかもしれませんね。
実際に歩いてみたい町のひとつです。
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

GraceOkamoto外部フォトライター

投稿者プロフィール

エンジニアとして勤務後、バックパックを担いで単身世界一周。訪れた国はのべ60ヶ国以上。 現在はベルリンを拠点に、ファッションフォトグラファーに師事、かつフリーランス・フォトライターとして活動中

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. トロント
  2. リヨンの交通機関
  3. ヤンゴン動物園
  4. ドイツのビザ
  5. 青島54広場
  6. 葡萄

おすすめ記事

  1. ドイツ、ベルリンの壁、イースト・サイド・ギャラリー
  2. 台湾の地下鉄(MRT)
  3. ウィーン語学学校に通おう
  4. 神秘的な光景に出合えるブルーム
  5. コムジャンオ料理
ページ上部へ戻る