ベトナム就職する前にハノイ現地企業でインターンシップに挑戦してみる

大学生がハノイの現地企業でインターンシップに挑戦してみるという選択肢

最近では多くの大学生がインターンシップという選択をしますよね。それが大学の近くの会社だったり、実家の近くの会社だったり。

そこに東南アジアのベトナム・ハノイでインターンシップをする、という選択肢を加えてみてはいかがですか。仮に海外(東南アジアなど)で就職を考えてる人には、一度体験してみることをおすすめします。

今回は女子大生の私が経験しているハノイの現地ベトナム企業でのインターンシップについてご紹介いたします。

ベトナムでの言語は?

私はベトナム語を話すことができません。知っているのは本当に簡単な言葉ばかりです。

これでコミュニケーションがとれているのかというと、ベトナム語ではまず無理です。そこで必要となってくるのが英語です。

ハノイでわざわざ日本企業にインターンシップする場合は必要ないとは思いますが、現地ベトナム企業ででインターンシップをするとなると英語は必須項目になります。

ハノイのオフィスに日本人は私しかいません。そのため日本語でのスタッフ同士のコミュニケーションは不可能で、どうしても英語に頼らざるを得ません。

しかし、裏を返せばベトナム語ができなくてもベトナムの企業でインターンとして働くことは十分可能といえます。

インターンシップ時の給与は?

日本でのインターンシップ、というとほとんどの場合が無給となるのではないでしょうか。

しかしベトナムで生活しなければならない、という点も踏まえるとハノイでのインターンシップでは有給の場合がほとんどです。

ハノイでインターンシップを行っている人のほとんどの給与は一ヶ月約600USD程度です。

日本で生活すると600USDなんてあっという間になくなってしまいますが、家賃や光熱費や食費等すべてを含めてもベトナムで生活するのには十分な金額になります。

贅沢をしなければ600USDで賄うことができるので、私自身、基本の生活はこの600USDで収めることができています。

ベトナムの休みは?

ベトナムの企業のほとんどは週1休みです。私のインターンをしている現地企業も月曜日~土曜日まで出勤日です。また、日本と違い国民の休日も非常に少なく、「日本人はどれだけ休むの?」と驚かれました。

ベトナムでは正月(新暦)はほとんど祝わないため、12月31日まで仕事、休みは1月1日のみで1月2日はもう仕事始めになります。その代わり2月後半には1週間程度の休み(旧正月※テト)があるので、そこでしっかり休むことになります。

夏休み、お盆休み等も存在しないので、「基本的にはずっと働いている」というイメージです。実際にベトナムに就職しても同じ感覚です。

インターンシップの業務内容は?

インターンシップというと、雑用をやらされるというイメージが強いかもしれませんが少なくとも私の場合はそんなことはありません。

私はマーケティングも営業などもさせてもらっています。他のインターンシップをハノイでしている人に聞いても他の社員さんとほとんど変わらない仕事をしているようです。

学生のうちに社会人と同じような職場経験を積んでおきたい、という考えをお持ちの方は思い切ってハノイで挑戦してみるのもいいかもしれません。私はアリだと思います!

ベトナムとの文化の違いは?

正直、ベトナム企業で働いていると文化の違いによりイライラすることがたくさんあります。

例えば

  • 給与が期日通りに渡されない。
  • 人がものを頼んでもメモをせず結局忘れる。
  • 時間に遅れるのが普通

こういったことは決して珍しくなく、日常的に行われます。私は一回も給与を本来の期日通りに渡されたことはなく、毎月バラバラの日にちで渡されます。

しかし、結局はそのスタイルに慣れるのであまり深く気にしなくて大丈夫だと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
日本でのインターンシップにもたくさんメリットはあると思います。しかし、グローバル社会と言われている今、思い切ってハノイの現地企業でインターンシップをしてみるのも良い経験になりますよ。

将来、ベトナムで就職してみたい方には一度現地で体験してみるといいと思います。

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

中国とか東南アジアで海外就職をするとメリットもデメリットもあるけど総じて面白い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
うだ

うだ外部ライター

投稿者プロフィール

カナダ・エドモントンで1年留学
アメリカ、マレーシア、タイ、インドネシア、オーストラリア、韓国、シンガポールなど各国を旅する
現在はベトナムで長期海外インターンを経験している海外旅行大好き大学生ライター
ふざけることと食べることをこよなく愛しています^^

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. ディズニーランドパリ
  2. 台湾でのワーホリ
  3. ベルリン
  4. ベトナム
  5. 英語力
  6. 台湾

おすすめ記事

  1. ネパールの軽食カジャ
  2. カオトム・マット
  3. タイに海外旅行の前にチェックしておくべき3つのこと
  4. アルゼンチン人の身振り手振り
  5. 海外に行きたい!滞在するにはどんな方法
ページ上部へ戻る