オーストリア・ウィーンへ行く前に知っておきたい3つのこと

オーストリア・ウィーンにへ行く前に知っておきたい3つのこと

音楽の都、ウィーン、サウンド・オブ・ミュージックの舞台となったザルツブルクなど、観光地として日本人にとても人気の高いオーストリア。

オーストリア旅行をすることを決めたら、日本との違いについて知っておいた方がよいことがあります。今回はそんなオーストリアの知っておきたい3つの基本情報をお届けします。

年末年始のウィーンも最高ですよ。(一度は行ってみたい。ウィーンのステキな大晦日とお正月の過ごし方・オーストリア

プラグが違う?日本のコンセントが使えない

コンセントプラグCタイプ・オーストリアオーストリアで使用されているプラグはCタイプのものが殆どなので、日本から電化製品を持って行く場合は、Cタイプの変換プラグが必要になります。

このプラグは旅行グッズのお店や、空港で購入することができます。忘れてしまった場合は、ホテルのフロントで貸し出してくれる所もあります。

電圧は230Vで日本と違う

電圧は230V、周波数は50Hzと、日本とは異なります。

携帯電話やコンピューター、デジカメなどの電源アダプターはユニバーサル対応といって、100Vから240Vまで対応していることが多いので、変圧器は必要でない場合が殆どですが、必ず確認しておきましょう。

もしも変圧器を忘れたときの裏技

変圧器が必要な機器を使いたいのに忘れてしまった場合の裏ワザがあります。ホテル限定ですが、ホテルのバスルームの洗面台の所にあるコンセントは110Vと240Vを切り替えられる場合があります。

110Vに設定すれば、日本の機器も使用できるのですが、機器が故障してしまっては楽しい旅行も台無しです。ワット数が高いものはなるべく使用しない方がよいでしょう。

オーストリアの水道水はアルプスの天然水が出てくる

オーストリアの水道水は、アルプスの湧水が利用されているので、普通に飲むことができます。日本と違って硬水なので、口触りは全く違いますがミネラルたっぷりでおいしいです。

また、レストランでは、日本のようなお水のサービスはありません。

お水が飲みたければ注文する必要があるのですが、普通に注文すると炭酸水が出てくる場合が多いので、炭酸水が苦手な人は「炭酸抜き」と注文する必要があります。

アルプスの天然水を試しに注文してみましょう

初めてオーストリアでレストランに入る前と何かと不安はつきものです(

炭酸抜きの水が欲しい場合

  • Wasser ohne Kohlensäure「ヴァッサー オーネ コーレンゾイレ」
  • Wasser ohne gas「ヴァッサー オーネ ガス」

どちらでも通じます。

水道水が欲しい場合は

  • Leitungswasser「ライトゥンクスヴァッサー」

を注文すれば、無料、または50セントほどで出てきます。

オーストリアのトイレはDとかHはどんな意味?

トイレは、 Toilette(トイレッテ)またはWC(ヴェーツェー)、くだけた言い方ではKlo(クロー)などと言ったりします。

レストランやデパートのトイレには、イラストが描いてあることが多いので迷うことも少ないと思いますが、時には扉にDまたはHと書いてあるだけの場合もあります。

  • DはDamen(ダーメン)、女性の頭文字で女性用のトイレです。

DはDamen(ダーメン)女性用のトイレ

出典:jimcdn

 

  • HはHerren(ヘレン)、男性の頭文字で男性用のトイレです。

HはHerren(ヘレン)男性用トイレ

出典:jimcdn

 

トイレを使うにはチップが必要

駅などのトイレは、50セント程度のチップが必要なことが多く、デパートのトイレは無料で使えることが殆どです。

観光地のカフェやレストランでは、お客さんのみが無料でトイレを使えるよう、トイレに入るのに日替わりのパスワードを入力しなければならない所もあります。

パスワードはレシートに書いてあったり、店員に尋ねて入手する必要があります。

まとめ

いかがでしたか?

所変われば、文化や常識も変わります。ウィーン(オーストリア)を含め旅先で予想外のことに驚いたり戸惑ったりしないためにも、出発前に基本情報を集めることはとても重要です。

準備をしすぎて困ることはありません。万全に準備を整えて、安全で楽しい旅にしたいですね。

(ウィーンで芸術に触れるならここ!音楽の都ウィーンのおすすめのコンサートホール5

(そのままウィーンに滞在して勉強したい方→オーストリア・ウィーンでドイツ語を上達させる3つの方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

glueck

投稿者プロフィール

オーストリアとドイツ、2年の留学期間を経て、2011年よりオーストリアに完全移住。何年住んでもカルチャーショックの日々。本業は音楽家。趣味は貧乏旅行とカフェめぐりで、今までに30カ国以上の国を訪れている。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. カンボジアでSIMカードを買う
  2. これであなたもファッションリーダー?タイ・東南アジアの6つ最先端ファッション
  3. ノーマンビー島でのアクティビティー
  4. タイ
  5. ミュージック&シアター「MuTh」
ページ上部へ戻る