老若男女が楽しめるベルリン・ドイツ技術博物館がめっちゃ面白い

ベルリン・ドイツ技術博物館

ドイツ・ベルリンの町歩きシリーズ第二弾です。

今回はベルリンでも大人気の博物館、ドイツ技術博物館(Technikmuseum)です。老若男女楽しめる博物館でどこから見ればいいのか迷ってしまうほど

 

ここは1982年にオープンし、世界中の飛行機から車、船、鉄道など様々なコレクションを展示しています。

 

そんなベルリンでも人気の博物館、ドイツ技術博物館(Technikmuseum)を写真と一緒に紹介します。

実際に行くと、誰でもワクワクできる博物館です。

 

前回の記事→結構オシャレ?東西を分けたベルリンの壁周辺を歩いてみましょう・ドイツ

 


館内の様子


船のコーナー

ベルリン・ドイツ技術博物館

模型が沢山あって、足が止まります。海軍の船など迫力満点です。

 

 

ベルリン・ドイツ技術博物館

大きな船があれば、小さな船の模型もあります。

 

家の廊下に飾ってみたい模型です。

 

 

ベルリン・ドイツ技術博物館

飛行機・戦闘機のコーナーもあり、子供達の目がキラキラします。
子供でなくても、興奮できます。

 

 

ベルリン・ドイツ技術博物館

風洞実験施設もあり、どのように揚力が作用するのかが分かって面白いです。ここで初めて、飛行機が飛ぶ理由がわかりました。

 

 

ベルリン・ドイツ技術博物館

木製の羽の着いたロケット?弾丸?のような展示物です。
初めて見ました。

 

これはたぶん…飛ばないやつです。

 

 

ベルリン・ドイツ技術博物館

屋上には、まさかの飛行機丸ごと一体が飾られていて、大興奮です。

 

たぶん…飛ぼうと思えば飛べるやつです。

 

 

ベルリン・ドイツ技術博物館

旧式ですが、プロペラやエンジンを間近で見ることができます。歴史を感じますね。

金属のむき出し加減が何とも言えません。

 

 

ベルリン・ドイツ技術博物館

BMWの刻印が入ったエンジンは、ドイツらしさを感じさせます。

もちろん、ここドイツ博物館には「TOYOTA」はありません

 

 

ベルリン・ドイツ技術博物館

建築のコーナーでは、ベルリンの有名な橋「オーバーバウムブリュッケ」の模型があります。

 

玄関のくつ箱の上に並べたいです。

 

 

ベルリン・ドイツ技術博物館

少し時代を遡ったエリアでは、アンティーク家具にすら見える観測器があります。

これは模型ではなく、本物の観測器です。

 

家の書斎に欲しいです。

 

 

ベルリン・ドイツ技術博物館

カメラ・映像のコーナーでは、歴代のドイツ・カメラメーカの機材がずらり。
このカメラを使えば、どんな人でもプロのカメラマンに見えます。

 

もちろん、ここにも「キャノン」や「ニコン」はありません

 

 

ベルリン・ドイツ技術博物館

昔ながらの方法で写真を撮ってみたりとかなり遊べます。

 

 

ベルリン・ドイツ技術博物館

科学エリアでは、サーモグラフィで温度を測ったり・・・

 

 

ベルリン・ドイツ技術博物館

表情や温度から現在の気分・感情を当てる、センサーの前に立って大はしゃぎできます。
古風なアンティーク調の展示物から最新の技術まで、ドイツ博物館は面白いです。

 

 

ベルリン・ドイツ技術博物館

ジブリを思わせる、ファンタジーな飛行船の模型には夢しかありません。

 

これに乗って旅に出よう」そう決意しました。

 


ドイツ博物館の料金と営業時間


開館時間:

  • 月曜日:休館日
  • 火曜日から金曜日:9時から17時30分
  • 土曜日、日曜日:10時から18時

 

入場料:

大人が8ユーロ、6歳までの子供は無料です。

子供連れで行く場合には、家族用にミニファミリーカードや大ファミリーカードがあります。

 


最寄りの駅


クライスドライエック(Gleisdreieck)が最寄り駅です。

駅から徒歩で10分程度でドイツ博物館に着きます。

 


まとめ


いかがでしたか。

 

ドイツ技術博物館は大人から子供まで男女楽しめる博物館です。車や飛行機、機関車など親しみの深い展示物が数多くあり、見たままの感覚で楽しむことができます。

 

写真では、この博物館の良さを全て伝えることが出来ないことが残念ですが、ベルリンへお越しの際は是非とも足を運んでほしい博物館のひとつです。

 

ベルリンの町歩き結構オシャレ?東西を分けたベルリンの壁周辺を歩いてみましょう・ドイツ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

GraceOkamoto外部フォトライター

投稿者プロフィール

エンジニアとして勤務後、バックパックを担いで単身世界一周。訪れた国はのべ60ヶ国以上。 現在はベルリンを拠点に、ファッションフォトグラファーに師事、かつフリーランス・フォトライターとして活動中

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. フランス
  2. 中国へ持っていくと便利なもの
  3. ニューヨークのお土産ドライフルーツ
  4. 白いコーヒー?マレーシアでコーヒーをたしなむ
  5. 北京のサークル
ページ上部へ戻る