知っておきたいオーストラリアで部屋探し!ルームシェアとトラブルを避ける注意点

シェアハウス

 

やっと憧れの地、オーストラリアへ到着。ホームステイも何ヶ月か経験し街の雰囲気にも慣れて来た頃、そろそろシェアハウスに移ろうかな・・・?という時期が来ると思います。

 

でもお部屋ってどうやって探したら良いのか分からない!シェアハウス周辺の治安は大丈夫!?相場はいくら!?英語の契約って大丈夫かな・・・?と色んな不安があるのではないでしょうか。

 

今回はそんな部屋探しの不安を抱えている方に、部屋探しの極意をお伝えします。


困った時にはまずはここから!とにかく使えるGumtree!


 

ガムツリー

http://www.gumtree.com.au/

オーストラリアで生活するには欠かせないマストなサイト、ガムツリー。

 

オーストラリア全土をカバーしており、仕事・部屋探し(シェアハウスからホームステイまで)・リサイクル・車の売買まで様々なジャンルで使える掲示板です。

 

もちろんオーストラリアの掲示板なので全ページ英語表記です。まずは州、地域を選択し、フラットシェア・ハウスシェア・ルームシェアとそれぞれ自分の希望のメニューから一覧を見てみましょう!

 

気になったら即連絡しよう

 

掲示板なので記載内容の充実さはあくまでも投稿者によりけりですが、分からないことがあればじゃんじゃんメールや電話で聞くことをおすすめします。

 

私は英語が全くの初心者ながら、恐る恐るネイティブと電話をし何とか会話をしたことが良い経験になりました。

 

お家やお部屋の写真が載っていなくても、お家のルールや家賃に何が含まれているのか(電気、ガス、水道、ネット環境)、また共同生活する人達の国籍、何人住まいか等をしっかりと記載しているところはまずは信用できる案件でしょう。

 

日本語の掲示板

 

でもやっぱり日本語でないと不安!という方は日本語の掲示板をチェックしてみましょう。

日豪プレス

日豪プレス

http://nichigopress.jp/

オーストラリア最大の日本語掲示板、日豪プレスも必見です。こちらも全土をカバーしてます。

 

 

チアーズ

チアーズ

http://www.cheers.com.au/

日本語検索が便利なこのサイト。お部屋探しだけでなく、様々なことを検索出来ます。

 

 

GO豪メルボルン

Go豪メルボルン

http://www.gogomelbourne.com.au/life/

メルボルンについて知りたいならこのサイトがおすすめ。探しているものがすぐに見つかります。

 

関連記事▶︎憧れのメルボルンで働きたい!留学やワーホリで働ける仕事と給料

せっかくなので仕事も一緒に探してみましょう。

 

その他の地域にも日本語掲示板がたくさんある

 

その他、地域によって様々な日本語掲示板があるので活用してみて下さい。また、語学学校に通っている人は学校の掲示板にも何件か貼りだされているのでチェックしてみましょう。

 

 


シェアハウス物件の見学は最重要かつ要注意!!


シェアハウス物件の見学は最重要かつ要注意

さて、気になるシェアハウス物件を見つけたらまずは物件見学のアポイントメントを取りましょう。必ず住所を聞いてグーグルマップを活用するのが一番確実です。

 

でなければ周りに目立った建物がなく住宅街だった場合に該当の物件を見つけるのは至極至難の業!迷子になって到着がかなり遅れるなんてことはザラです・・・。

 

ここで声を大にしてオススメしたいのが特にあなたが女性の場合。必ず誰かに付き添って来てもらうようにしましょう!!

 

しかも見学も慣れていない、英語が不得意ならば尚更です。そんな日本人女性一人での物件見学はあまりにも物騒。

 

自衛の意味でも、また友人がいれば自分では気づかないアドバイスを貰える、帰るタイミングを掴める、という意味でも得策なのです。

 

しっかりとポイントを抑えよう

 

具体的に見学時には、

  • 家まで来たルート(最寄駅からどのくらいの距離か、周囲の環境はどうか)
  • 大家さん、同居人の雰囲気
  • 施錠の場所
  • 日当たり、物干し場の場所
  • 家具やシーツ等どこまで提供して貰えるのか
  • 水回りの清潔さ
  • 家のルール(掃除当番やパーティー禁止やお泊り禁止等)
  • 最終的な値段、家賃支払日の確認

をポイントにしっかりと確認しましょう!!

 


決め手は治安?値段?環境?


 

シェアハウス

何件か物件見学をしたらいよいよ最終的に引っ越しするお家を決めます。この時の決め手は人それぞれのキャパシティーによって異なります。

 

私の場合最優先事項が治安と英語環境(日本人が誰もいない)でした。その他は生活環境(駅・スーパーが近い)、一人部屋(静かな環境でプライベートを確保したい)、キッチンが広い、という事が決め手となりました。

 

治安は特に私達外国人には分からないところなので、語学学校の先生やネイティブの友達に相談しましょう。家賃の相場は立地によって異なります。

 

やはり大都市に近いところほど高いのでメルボルン市内等は他に比べてかなり割高です。

 

しかし、電車で10~20分も移動すれば平均的な値段に下がるので、少し移動するのがお勧めです。

 

参考までに実際の家賃

 

ちなみに私が住んでいたところだと、

  • メルボルン・ノースブライトン (市内から電車で10分、3人でのシェアハウスで一人部屋、光熱費・インターネット代込み)で月約$730(約65700円)
  • ブリスベン・クーパルー    (市内からバスで20分、3人でのシェアハウスで一人部屋、光熱費・インターネット代込み)で月約$675(約60750円)

です。

 

契約時に必要なもの

 

また、契約時にはパスポート敷金(オーナーによって異なりますが約家賃2ヶ月分)、家賃が銀行引き落としならば銀行の口座番号が必要となります。

最終的に契約を結ぶ時も不安であれば英語が流暢な友人に付き添ってもらうことをお勧めします!

 


経験がモノを言う!とにかく物件見学に行ってみよう!


いかがでしたか。

やはり日本と違って色んなことがフリーダムな海外。自由も多いけれど、その分危険も多いので危険回避の保険をかけておくのも大事です。

 

お家探しは何と言ってもまずは物件見学から!何件か回って物件見学に慣れることから始めましょう。そうすることによって自分なりの条件が出来て来るので最終決定もしやすくなります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. ディズニーランドパリ
  2. 台湾でのワーホリ
  3. ベルリン
  4. ベトナム
  5. 英語力
  6. 台湾

おすすめ記事

  1. ニシキヘビを首に巻く
  2. 【大自然】ニュージーランドに昔の古き良き日本の姿があった!
  3. 巴黎贝甜「Paris Baguette」
  4. インドで部屋探し
  5. タイの飲み物事情
ページ上部へ戻る