ウィーン国際空港からウィーン市内へのアクセス方法まとめ

空港から市内へのバス

長いフライトを終えて、やっとオーストリア・ウィーンに到着。でも、ここから重たいトランクを持ってホテルに入るまでは気が抜けません。

 

ウィーン国際空港から、市内に出るにはいくつかの選択肢があり、どうやって行くかによって値段と快適度に違いがあります。

 

長旅で疲れた体にむちを打って安くいくのか、それともちょっと高くても早く快適に行くのかはあなた次第です!

 

今回は空港から市内へのトランスポート、3つのアクセス手段をご紹介します。

事前情報もしっかりと!オーストリア・ウィーンにへ行く前に知っておきたい3つのこと


シティエアポートトレイン(CAT)


シティエアポートトレイン(CAT)

ウィーン国際空港からウィーンミッテ駅までをノンストップで結ぶ電車。わずか16分で市内まで出ることができます。

 

早い・快適・楽

バリアフリーなのでトランクを持って電車に乗り込むのも楽ですし、電車内にもトランクを置くスペースがあるので快適なのです。

時間的に早く、快適さを求めるならこのCATに乗りましょう。

 

この電車はウィーン国際空港からは朝の6時台から夜の23時台まで30分おきに運行しています。

 

チケット代はちょっと高い

片道チケットは11ユーロで往復チケットは17ユーロとやや割高です。

 

しかし、CATを利用するとウィーンを発つ前日18時から出発75分前まで、ウィーンミッテのCATチェックインカウンターでトランクをチェックインすることができるので、トランクを持たずに空港まで行くことができます。

 

つまり手ぶらで空港へ行けるのです。(オーストリアエアラインの場合は出発24時間前からチェックイン可能)

 

ただし、このサービスは全ての航空会社が対象ではないので注意が必要です。

 

こちらのサイトで調べることができます。http://www.cityairporttrain.com

 


シュネルバーン S7


 

シュネルバーン

ウィーン国際空港と、ウィーン市内にある駅フロリツドルフ(Floridsdorf)を結ぶ路線です。

 

安い・遅い・ちょっと不便

電車はまだバリアフリーではないので、電車に乗り込む際、重たいトランクがあるならば誰かに助けてもらいましょう。

 

空港からは朝の5時台から夜の23時台まで30分おきに運行しています。ウィーンミッテまでは約25分。

 

チケット代が安い

料金は4.4ユーロとCATに比べてかなりお得。旅行の予算を抑えたい人はこの行き方が最も安い方法です。

 

空港の出口からすぐの所にはCAT乗り場があり、そこを通り過ぎてさらに歩いた場所にシュネルバーンの乗り場はあります。

 


バス


空港から市内へのバス

ウィーン国際空港とウィーン市内を結ぶバスには2種類あります。

 

ウィーン・エアポートライン

行き先はシュベーデンプラッツ、ウィーン西駅、ドナウツェントルムの3つで、シュベーデンプラッツとウィーン西駅へは30分おき、ドナウツェントルムへは1時間おきに運行しています。

 

料金がちょっと高いけど24時間運営

料金は片道8ユーロとシュネルバーンより割高ですが、利点は旧市街シュベーデンプラッツまで行くバスがほぼ24時間運行しているということです。

 

(4時50分から0時20分までは30分おき、それ以外に1時20分、2時40分、4時50分の便があります)

 

その為深夜、早朝に空港についてしまった場合でもバスを使えば市内まで行くことができるのです。

 

ユーロラインズ

もう一つのバスライン、ユーロラインズは空港から地下鉄3号線の駅エアドベルクまでを結ぶラインで所要時間15分程度。片道5ユーロです。

 


まとめ


いかがでしたか。

ご覧のように、ウィーン国際空港から市内へのアクセスには様々な手段があるので、旅のスタイル、時間、予算などによって賢く使い分けることがとても重要です。

 

事前によく調べておけば、自分に合った移動手段で、楽しく快適、そして何より安全な旅にすることができますよ。それでは、よいご旅行を!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. 留学生活で使い勝手の良かった4つの英語表現
  2. メキシコ人は働かない??メキシコのお仕事事情
  3. 中国のイタ飯
  4. フランクフルト
  5. 韓国の求人
ページ上部へ戻る