オーストリア・ウィーンでの電車の乗り方とのチケットあれこれ

ウィーンで電車に乗る

チケットを券売機で買って、自動改札機を通してから電車のホームに向かう、というのが日本のスタイルですよね。

 

しかし、オーストリア・ウィーンは少しばかり事情が違います。まず、電車のホームに向かう際、自動改札機がないことに気が付くでしょう。もしかしたら、ちょっと戸惑うかもしれません。

 

今回はウィーンで電車に乗るときに知っておくべきことをご紹介します。

 

切符を買おう

電車のチケット購入

ウィーンでも電車のチケットは自動券売機で買うことができます。様々な種類があって、値段も有効期限もチケットによって違うので、自分の目的に合ったチケットを購入しましょう。

 

ウィーン市内のチケットの値段

  • 一回券は2.2ユーロ
  • 24時間券は7.6ユーロ
  • 48時間券は13.30ユーロ
  • 72時間券は16.50ユーロ

例えば24時間券を購入すれば、24時間電車の乗り放題になります。

 

チケット上に購入日時が印刷されていないチケットは、駅または市電内に備え付けられている入鋏機に自分で通して刻印する必要があります。

 

自動券売機で、今すぐこのチケットを使う、というボタンを選択すると入鋏機に通さなくても切符に購入時間が印刷されます。長い有効期間のチケットはよりお得になっています。

 

月曜0時から次の月曜9時までの一週間券は16.20ユーロ(72時間券より安いですが、譲渡が不可能です)、各月1日0時から翌月2日の23時59分までの一か月券は48,20ユーロです。

 

関連記事▶︎ウィーン国際空港からウィーン市内へのアクセス方法まとめ

 

長期滞在する人は年間定期を購入するとさらにお得

電車の定期券を購入

もしも、留学や仕事などで一年以上ウィーンに滞在(オーストリア・ウィーンへ移住!滞在許可証の申請の仕方と流れ)するのなら、年間定期を購入するとさらに便利です。各月の1日から一年間有効で365ユーロです。

 

ウィーン市内の公共交通機関全てが乗り放題になります。値段の安さももちろんですが、これならチケットの買い忘れや刻印を忘れたりする心配がなくなるのも魅力です。

 

年間定期を持っている人の特典


などなど様々な特典がついてきます。購入は受付カウンターの他、インターネット上でも簡単に行うことができ、購入した定期は郵便で自宅まで送られてきます。

 

申し込んでから定期が届くまでに2週間ほどかかるので、すぐに使いたい人は早めに申し込むとよいでしょう。

 

無賃乗車はダメ、絶対!タダより高いものはなし

電車に乗る時に自動改札機がないので、ウィーンではチケットを買わずに電車に乗れてしまうのですが、無賃乗車は絶対にしないようにしましょう。

 

私服の検察官が突然チケットの確認に来ることもあり、そこで無賃乗車が発覚すると103ユーロの罰金になります。罰金はその場で現金で支払うか、3日以内に振り込みで支払うかを選択しなければなりません。

 

もしも振り込みを選択して、3日以内に支払わなかった場合は、さらに値段が高くなります。楽しいウィーン滞在を台無しにしないためにも、きちんとチケットを購入して電車に乗るようにしましょう。

 

チケット一覧

下記のリンクでチケットの一覧が見ることができます。(英語のみ)
http://www.wienerlinien.at

 

まとめ

いかがでしたか。

 

日本と違う電車の乗り方なので、初めて乗る方は少し戸惑ってしますかもしれません。しかし、チケットを買って乗るだけなので安心して、電車に乗ってみましょう。

 

今回ここでご紹介したチケット以外にも、8日分の回数券、ショッピングチケットなど、まだまだたくさんの種類のチケットがあります。一度是非すべてに目を通して、自分の目的に合ったチケットを見つけてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 本のオブジェ
  2. ロンドン
  3. 事務員
  4. レストラン
  5. フランスで働く
  6. プーケット

おすすめ記事

  1. 海外へ転職したい。会社の辞め方と知っておきたいこと
  2. ジョグジャカルタ
  3. 台湾留学することを決めた理由
  4. ガソリンの種類
  5. オーストリアのパン、ゼンメルsemmel
ページ上部へ戻る