タダで海外に行ける方法!高額報酬をもらいながら旅行も出来るハンドキャリーとは?

ハンドキャリーマッチングのTOBERUとべ〜る

こんにちは!自称ノマド、Guanxiのジアダです。
 
 
高額報酬がもらえて、海外に行ける「ハンドキャリー」というお仕事を皆さんは知っていますか?
 
 
あまり聞き慣れないハンドキャリーという言葉ですが、いったいどんなお仕事なのでしょうか。
実は今、密かに話題のハンドキャリーについて紹介していきたいと思います。
 
TOBERU – ハンドキャリー
 
 
 

タダで海外に行けて、アルバイト代ももらえます!


ハンドキャリーとは、企業からの依頼でビジネス関係の荷物(部品や書類など)を届けるお仕事です。企業がより速く確実に届ける方法として人に依頼し、ハンドキャリーを行います。
 
 
このとき、荷物と一緒に海外へ行くことで「タダ」で「海外」へ行くことが可能になります。
 
 
ぜひとも行ってみたい。。。
 
 
 
 

アジア各地や中国にある日本企業からの依頼が急増!


そのため、ハンドキャリーを行う方は、お小遣いを稼ぎながら、世界中を飛び回ることが可能になります。学生やフリーランスの方がハンドキャリーを行う場合が多いです。
 
 
 
時間に自由な方向けのお仕事といえるかもしれませんね。主婦の間でも密かに人気なんだとか。とはいえ、急にお仕事になる場合は多いため、いつでも行けるように準備は必要です。 
 
 
 

高額な報酬がもらえる!


大事な荷物を届けるために2~3日程度の時間が必要です。そのため、その仕事の時間に合わせた報酬がもらえるので、バイト代が高額になる場合もあります。
 
ヨーロッパの場合は8万円前後、東南アジアであれば4万円前後の報酬になることが多いでしょう。
 
 
 
 

大事な荷物を届けるからこそ注意も必要!


企業からの荷物を預かり、届けるだけというシンプルなお仕事。しかし、大事な荷物を預かるからこそ、責任も重大です。
責任感のある方には安心して仕事を任せられますね。
 
 
 
もちろん大事なのは、報告連絡相談です。(基本です!キッパリ)
 
 
 
 

語学力はそこそこでも意外と大丈夫!


最低限、日常会話程度の英語力は身につけておきましょう。
現地で会話することはほどんどありませんが、最低限、日常会話程度ができれば、アクシデントの際もスムーズに対処できます。
 
 
荷物の中身は自分で確認しよう!
空港のスタッフに中身はなんですか?と聞かれることもたまにあります。自分自身が企業のどんな荷物を預かっているのかをしっかりと確認しておきましょう。
 
 
 
 

最後に


いかがでしたか。もちろん、予期せぬアクシデントに出くわしすこともありえます。
 
 
臨機応変に対応出来る能力も必要です。最低限、海外旅行に一人で行けるぐらいの経験はあったほうが安心して仕事ができますね。
 
 
興味のある方はこちら
TOBERU – ハンドキャリー
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. 北京空港
  2. ホームステイ
  3. イタリアで財布に注意
  4. 北京のサークル
  5. 大連に持ってきた方がいいもの
ページ上部へ戻る