プチ移住体験もできる?ゲストハウスでしか得られない7つのこと

多国籍の友達

バックパッカーや格安で海外に宿泊したい!という人にとっては無くてはならないゲストハウス。

そんな様々な国のゲストハウスを渡り歩いて来た私がゲストハウスに宿泊するメリットとして得られる7つのことをご紹介します!

 

街の情報(地理、観光地、チケット、他ゲストハウスの情報、車の売買等)

ゲストハウスで得られる情報

ゲストハウスの利用者はやはり海外の旅行者が多いです。つまり置いてあるパンフレットや表記は海外の旅行者向けに英語表記のものも多く、オーナーは外国人慣れした人がほとんどですので何かあった時の対応は現地の一般人よりも迅速かつ的確です。

 

困ったらオーナーに聞け!

 

旅で何か困ったことがあればとりあえずオーナーに相談すればその対応先の連絡先を教えてくれたり、親切な人ならば代わりに交渉してくれたりもします。

 

得に英語が不得意な人が多い地域に行けば行くほど、現地語に通訳してくれる地元オーナーは非常にありがたい存在です。具体的には現地の情報、観光地の相談、チケットの手配、他ゲストハウスの情報なども教えてくれます。

 

ツアーデスクを備えていればさらに楽々

 

ツアーデスクを兼ね揃えているところだと同時にツアーも申し込めるので大変便利です。

 

また、多くの同じような境遇の人が集まる場所ですので、短期間の仕事の募集情報やボランティア、車の売買等も掲示板に張り出されていることが多いのでこう言った情報収集にも役立ちます。

 

関連記事▶︎タイをレンタルバイクでバイク旅してみた。そしたらすごい良かったという話

情報集したら、自分で好きなところへ行ってみましょう!

 

多国籍の友達ができる

多国籍の友達

やはり得られるものとして一番大きなものはこれではないでしょうか?私も今まで何カ国か行きましたが、ゲストハウスでの出会いは本当に一生ものの友達が出来る出会いです。

 

たまたま同じ部屋だったり、たまたまきっかけがあって話してみただけなのにものすごく意気投合して、誰よりも濃い線でずっと繋がっている友達は数多くいます。

 

そのタイミングこそ一期一会

 

それはゲストハウスに宿泊する人達がお互いがお互いに一期一会を大切にしていたり、その出会いの尊さを理解しているからなのかもしれません。

 

ここでたまたま出会った人達と、出会って1時間後には一緒に観光地を巡ったり買い物をしたり一緒に食事を作ったり夜更かしをしながら語り明かしたり・・・。

 

それはもう奇跡というような瞬間を体験できる素晴らしい所です。別れの時が来てもお互いの国に遊びに行く時に必ず連絡を取ってまた再開する、そんな経験はたくさんしました。

 

ぜひこの出会いの素晴らしさを多くの人に体験して頂きたいです。

 

関連記事▶︎ベトナムで一番空気が綺麗な街、サパが魅力的すぎる街でした

仲間を見つけたら、次はステキな場所へ一緒に行ってみましょう!

 

生活の知恵が増える

生活の知恵

長期で海外を回る時に一番重要なのは荷物をいかに軽量&コンパクトにするかということです。特に生活用品は一番コンパクトにしたいもの

 

そんな時に使えるのが日本の100均用品なのですが、私もバックパックを背負って行く時には100均商品を大活用バッパー(ゲストハウス)に持っていくと困らない8つ道具しています。

 

それもこれも全ていかに利便性のあるものを見つけるか、どんなものがゲウトハウスでの生活で必要かを知っているからこそできるものです。

 

私は日本での一人暮らし歴も長く生活の知恵はそれなりにある方だとは思いますが、海外のゲウトハウスでの生活が初めての実家以外での生活、というような強者に出くわしたことも何度かあります。笑

 

こんな知恵が得られた

 

私が実際に得た生活の知恵だと

  • 洗濯物の乾かし方の工夫(コンパクトロープや折りたたみハンガーを活用したり、千場や干し方を考えたり)
  • 荷物の上手な詰め方(液体や重いものを下にして隙間に軽量のものを埋めるようにして詰める)
  • 必要なものが無いときの代用品の知恵

 

よく言うおばあちゃんの知恵袋のようなものは生活の随所で得てきたと思います。もちろんこれはゲストハウスのみならず、今後どこでどんな環境で生活しようとも活かせる知恵なので、生きる力にもなります。

 

現地での生活感を味わえる

現地での生活感を味わえる

一つの場所で長く滞在していると、お気に入りの飲食店を見つけたり、ゲストハウスのオーナーとかなり親密になって仲の良い友人のような関係になることも良くあります。

 

今日も明日も馴染みのお店でごはんを食べていたらお店のおばさんにサービスをしてもらったり、たわいもない日常会話を楽しんだり・・・。

 

気分はプチ移住

 

そういったことは別に本格的に現地に移住などしなくともゲストハウスに長期滞在していても経験出来るものなのです。

 

昼間はふらふらと街を散策して必要なものを買い足しに行ったり、毎食屋台などで現地の人たちと混ざってご飯を食べたり、夜は屋外のデッキで夜風に当たりながら物思いにふけってみたり・・・。

 

それはもうその地で暮らす生活感と変わりないことなのです。プチ移住のような体験が出来るのも多くの人達と触れ合うことができるゲストハウスだからこそです!

 

関連記事▶︎長期滞在したいあなたに!海外滞在中の住民票と住民税ってどうなるの?

プチ移住では住民票関連の問題はありませんが、ガチ移住をしたい人は参考にしてください!

 

安全性を確保できる

安全性を確保出来る

ゲストハウスは施設によっては夜22時以降は施錠されたり、男女別でフロアーが分かれていたり、それぞれに独自の規則があります。24時間オープンのフロントもあったり、防犯カメラがあったり、セーフティボックスがあったり・・・。

 

もちろんそれだけでは完全に防犯できるわけではありませんが、ゲストハウスとは多国籍の様々な人達が集まる場所、ということはもちろん誰しもが承知の事。つまりそれなりに防犯対策もされています。

 

そして何よりも宿泊者全員が同じ境遇の元生活するので、他の宿泊者と親密になるとそれなりに相手の安全性も考慮してくれます。

 

仲良くなると安全性が増す?

 

そういった意味でも同じ宿泊者の人達と仲良くなるのは自分の身を守る為にも得策なのです。

 

実際、私はたまたまお財布を6人部屋の床に落として出かけてしまったことがありましたが、前日に仲良くなった友人がそれを見つけて拾って安全な場所に隠しておいてくれたという奇跡的な出来事がありました。

 

やはりこれはビジネスホテルなど人との繋がりが薄いところではなかなか難しいことだと思います。

 

関連記事▶︎東南アジアに行くなら絶対にここ!カンボジアで体験出来る素晴らしい3つの体験

防犯もバッチリなら早速、素晴らしい体験をしに出かけましょう!

 

防犯の仕方を覚える

防犯の仕方を覚える

少し前述と矛盾するかとは思いますが、やはり不特定多数の人達がいる場所というのは悲しいことに窃盗等をする人達がいることも否めません

 

物事というのは何でも二面性があるので前述のように人のおかげで助かることもあれば、人によって悲しい思いをすることも事実です。

 

私の友人も何人かはバックパックごと奪われてしまった人達がいます。あるところでは現地の貧しい家庭の子供がゲストハウスに忍び込んで窃盗を働いた、いう場面に遭遇したこともあります。

 

またセキュリティーがしっかりしているゲストハウスもあれば、全く誰かれ何時でも構わず出入りできてしまうようなゲストハウスももちろんありました。

 

だからこそ身に付く防犯応力

 

そういったところで宿泊するからにはもちろん防犯の知恵も身につきます。私は基本的に貴重品は貴重品ボックスに入れて南京錠(ちょっとやそっとでは斬り落とせない太めのもの)をかけて出かけますが、それでも盗難に合う人もいます。

 

貴重品ボックスが無い場合はバックパックにワイヤー錠を工夫して通してベッドの柱にぐるぐるに括りつけたりもします。(底が抜けやすいと柱か抜かれて持って行かれることがあるので縛り方にも要注意!)

 

比較的南京錠、ワイヤーロック、ワイヤーロープ等はとても使い勝手が良いのでオススメです。

 

集団生活の仕方を学べる

集団生活を学べる

ゲストハウスではカップル部屋や一人部屋、ファミリールームなど様々なタイプのお部屋がありますが、せっかく多国籍の人達が集まる場所なのですから、ぜひとも他の宿泊者とも積極的に話してみてほしいもの。

 

キッチンや談話室、共同部屋での共同生活では集団生活の仕方を自然と身に付けれます。消灯後の部屋の入室にはペンライトを使って明かりを照らしたり、シャワーや通話などは常識の時間内にしたり場所を考慮したり。

 

誰かを気遣う生活は気疲れする、と思うかもしれませんがそれは自分が体調不良の時や疲れている時に他の人がそういった対応をしてくれるととても身に染みるものです。

 

食糧を共有したり、食事を共にしたり。これもゲストハウスならでは。やはり一つ屋根の下で共に生活をするというのは家族のような関係になれるものなのです。

 

関連記事▶︎一人旅でもおすすめのラオスの世界遺産ルアンパバーン

それでもやっぱり一人旅も捨てきれないあなたにはルアンパバーンがおすすめです。

 

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

 

いかがでしたでか。

ゲストハウス?そんな安くて不衛生なところなんて・・・。とイメージしている人がいたら、そういう人にこそぜひとも一度は経験してもらいたいゲストハウスでの生活。

私は実はかなりの潔癖ですが、ゲストハウスや海外に行くとそこで生活する以外他にないので自然と割り切れるものなのです。笑
今までの宿泊経験からトータルで考えてみても、嫌な経験よりも素敵な一生涯の多国籍の友人が出来た素晴らしい経験の方がはるかに勝っています。

この記事を見て少しでもゲストハウスに興味を持った方がいればぜひとも一度チャレンジしてみてください!ちなみにゲストハウス初心者の方には設備がどの国よりも整っていて清潔すぎる日本のゲストハウスからデビューしてみることをお勧めします!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Miiライター

投稿者プロフィール

世界を旅するフリーライター。アメリカ、中国、オーストラリア、マレーシア、タイ、ラオス、ベトナム、カンボジア等を旅する。今年はイギリスへ渡航予定。感覚で生き、何でも興味を持つ好奇心旺盛ライター。笑顔は最高のビタミン!o(≧ω≦)o

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 青島54広場
  2. イギリス
  3. ミャンマー語
  4. サウナ
  5. ディズニーランドパリ
  6. 台湾でのワーホリ

おすすめ記事

  1. タイ・バンコクのタクシーの乗り方
  2. 契約
  3. 食事の写真
  4. 中国遼寧省で無農薬野菜の現場
  5. 勉強
ページ上部へ戻る