香港での賃貸マンション・アパートの探し方(相場・安い時期・エリア)

香港での賃貸マンションやアパートの探し方

香港ではどのようにマンションやアパートを探すのでしょうか。日本だと仲介会社に行きますよね。

どの国に住んでも一番はじめに取りかからなくれはならないのが住まい探し。どのエリアに住んでいいのか分からないし、家賃の相場もわかりません。

安心してください。香港でも実はいたってシンプルです。今回は香港での部屋の探し方をご紹介します。

賃貸マンションやアパートの探し方

香港での賃貸マンションやアパートの探し方

香港で部屋を探すときには、直接知り合いから借りる場合と不動産会社を通す場合があります。

 

友人から借りるのが一番簡単

友人や知り合いがマンションを持っていて、それを貸してくれるのであれば、直接契約ができるのでそれが一番便利ですよね。

ただし、その場合は何かクレームがあったときに「ちょっと言いにくい」などの問題もあります。香港のマンションは、水回りや電気機器など、住んでいるといろいろと問題が出てくることが多いので、そういうときには大家さんに修理してもらわなくてはなりません。

不動産屋を通していれば、気兼ねせずなんでもクレームできますが、友人・知人から借りるとクレームにも気を使わないといけないかもしれません。

また、クレームを言ったからといって、こちらの希望通りになんでも修理してくれるわけではありませんが、それなりの対応はしてくれます。

 

日系の不動産会社は高いけど日本語が通じる

一般的には不動産屋を通して探すことになります。言葉が不安で、時間もあまりかけられない、という人は、コストはかかりますが日系の不動産屋さんにお任せするのがおすすめです。

すべて日本語でやりとりできますし、日本人の好みもよく理解されているので、希望が伝えやすいという利点があります。

 

言葉ができればローカル不動産会社がおすすめ

あるいは、英語か中国語ができる人で、やりとりにかける時間もあるという人は、ローカルの不動産屋で探してみましょう。コストはかなり節約できるはずです。

関連記事▶︎多い少ない?香港の現地採用の給料と日本人向け求人(業種・職種)

香港で仕事も探したい方は合わせてどうぞ!

賃貸マンション・アパートを契約時に払うお金

賃貸マンション・アパートを契約時に払うお金

マンションを契約する時には、日本では敷金・礼金・仲介手数料を支払いますよね。香港でも同じように敷金と仲介手数料が存在します。

 

香港での敷金・手数料相場

  • 1か月分のデポジットを大家さんへ払う(解約時に返ってきます)
  • 0.5ヶ月分を不動産屋さんへ手数料として払う

これだけです。

 

家賃相場

香港の家賃は幅広く(ピンからキリまで)一概にはいえませんが、参考程度に

  • 1R:7,000〜10,000香港ドル
  • 1LDR:8,000〜15,000香港ドル
  • 2LDR:10,000〜25,000香港ドル

それなりのクオリティを求めると高くなることもありますし、頑張ってローカル物件を探せば安くなることもあります。

 

契約に必要な書類

  • IDカード

この他に必要な書類なども特にありません。香港に居住している外国人の人は、必ず、すでに IDカードをお持ちだと思います。必要な書類というと IDカードぐらいです。

就業証明書、残高証明書、就労ビザなどを提出するように言われることもありません。手ぶらで行って契約出来るのが簡単で嬉しいですね。

関連記事▶︎香港で長期滞在するときに気になる物価と1ヶ月の生活費シュミレーション

香港で1ヶ月滞在したら生活費はいくらかかるのかシュミレーションした記事です。

家賃が安いエリアは新界地区?

家賃が安いエリアは新界地区

立地についてですが、香港は 3つのエリアに分かれています。香港島、九龍地区、新界地区の 3つで、土地の値段が高いのもこの順番(香港島、九龍地区、新界地区)になります。

以前は安く家賃をおさえたいなら、新界地区で探せ、と言われていましたが、ここ数年はもうどこのエリアも値上がりし、新界地区もとりたてて安いと呼べるお値段ではなくなってきました。

新界地区は香港島に比べると若干安いかも、という程度です。

 

一昔前の香港島の太古城には日本人が多かった

日本人がたくさん住んでいるエリアといえば、一昔前は香港島の太古城でした。日系スーパーがあり、日本食レストランもたくさんあり、駐在員の方たちはほとんどがこのエリアに住んでいました。

とはいえ、まだまだ多くの日本人がこのエリアに住んでいるので、この辺りに住むのが無難だと思います。

しかし、最近はどこでも日系スーパーが進出し、日本の調味料や食材を買うのに困らなくなりましたので、どこに住んでも、買い物という点では特に不便は感じないと思います。

関連記事▶︎晴れでも雨でも空からモノが降ってくる街、香港

香港では晴れていても空から何か降ってきます。日本人の多いエリアだとどうなんでしょう。

 

どこに住んでも交通の便は良い

交通についても、香港では日本のように終電を気にして食事する、というような必要はありません。地下鉄には最終がありますが、バスは 24時間走っていますので、帰れなくなるということは、香港ではありえません。

さらに、香港は小さいですので、会社が香港の西の端で、家が香港の東の端、というのでもない限り、どこへ行くのもたいてい 1時間以内で行けます。ですので、どのエリアに住んでも、交通の便についてはたいした差はありません。

関連記事▶︎日本とはちょっと違う?香港の交通機関はこんな感じです

がっつりした交通機関の紹介記事ではないですが、こんな乗り物があるよという記事です。

賃貸が安い時期は春節前?

香港で、家賃が安くなる時期はあるのでしょうか。基本的には、ほとんど家賃は変わりません。しかし、春節前には、若干安くなる傾向があります。安くなるといってもほんの気持ち程度の差です。

香港に住んでいる一部の大陸の中国人など春節を機会に本土へ帰ることが多いため、マンションに空きが出ます。また、春節は日本のお正月のようなものなので、香港での春節は何かとお金がかかります。

そこでマンションが空いていたら、少し安くしてでも借りてもらおうという人が出てくるのです。

不動産屋以外に大事なのが大家さんとの関係

大家さんとの関係

実際に契約したあとは、いかに大家さんと仲良くやっていくかで、その後の快適さが変わってきます。たいだいの日本人は部屋をきれいに使うことが多いので、大家さんも貸す相手が日本人のだとかなり喜んでくれています。

日ごろから仲良くしておくと(お年玉を配るとか、月餅を配るとか)、何かお願いしたいときに気持ちよくやってくれることが多くなります。

香港では何事も交渉、「言ったもの勝ち」の世界ですが、快適さを手に入れるためには根回しも大切なのです。

関連記事▶︎住み込みで24時間勤務?香港なら格安で外国人家政婦を雇えるの?

その他、快適さを手に入れるために外国人家政婦を雇うという選択肢もあります。

まとめ

いかがでしたか。

香港ではどこでマンションやアパートを借りても交通の便や、周りの環境は正直大差ありません。結局は家賃が一番のポイントということになりそうです。

上手な交渉をして、他の人よりも安くマンションやアパートを借りてみてくださいね。

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

香港ドルへの両替方法!基本からお得まで(メリット、デメリット)

意外と知られていない、香港人の国民性からわかる働き方の6つ特色

香港で就職したい!香港の現地採用の給料と日本人向け求人(業種・職種)

 

 

香港お役立ち

香港で長期滞在するときに気になる物価と1ヶ月の生活費シュミレーション

病気になる前に知っておこう!香港の病院は料金も待ち時間も全然違う!

海外就職でチェックすべき「収入」の条件とは?3つのポイント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. そもそもマテ茶って何?
  2. セブ島の海
  3. 海外渡航前の準備
  4. オーストリア・ウィーンにへ行く前に知っておきたい3つのこと
  5. タイ・バンコクは知る人ぞ知る海外ラーメン激戦区
ページ上部へ戻る