病気になる前に知っておこう!香港の病院は料金も待ち時間も全然違う!

香港の病院

香港で生活していたり、出張だったり、旅行だったり、その際に病気や怪我をしたらどうすればよいでしょうか?できれば病院には行きたくないと思っても行かなければならないときもありますよね。

 

安心してください。香港で病院レベル先進国レベルです。病院の医療技術や設備は、問題ないので安心して治療を受けることができます。

 

ただし、待ち時間が異常に長いですので覚悟が必要です。。。(1香港ドル=14.5円※2016年2月22日)

 

香港での病院利用の際は自費払いが基本

香港の病院

香港には、日本のような健康保険というシステムはなく、病院の診察代は全部自分で払います。香港には公立病院と私立病院があり、その違いは値段(詳しい値段は下記にて記載しています)です。

 

香港の公立病院は安い!が、、、

 

公立病院は一律料金で安く治療を受けることができるかわりに、とんでもなく待たされます。香港人の人口に対して、病院の数がまったく足りていないのです。公立病院は、一律 100ドル(約 1,450円)、再診からは 60ドル(約 870円)で診察を受けることができます。

 

また、入院も安くて一律一日 100ドルです。どんな手術をしようと、どんな高い薬を使おうと入院費は「たったの」100ドルです。

 

公立病院の薬

香港の公立病院の薬

公立病院は一律料金です。何日分でも、どんな薬でも一律 10ドル(約 145円)

 

私立病院は待ち時間が短い!が、、、

 

私立病院は、待ち時間は短いですが、値段はとても高いです。個人で医療保険に入っていれば、保険でカバーできるので私立病院に行けますが、そうでなければ自腹で払うにはかなり厳しい金額です。

 

とんでもなく待たされる公立病院の実情

 

公立病院の待ち時間がどれぐらいひどいかと言うと、救急で運ばれても 4時間待ち、 8時間待ちなど当たり前です。

 

私も昔、食あたりで夜中に下痢・嘔吐に苦しみ、これは朝まで我慢できない、とタクシーに乗って公立病院の救急に駆け込みましたが、まず、入り口でトリアージされます。

 

超緊急・緊急・非緊急と 3段階あります。救急に来ているのだから「非緊急」はないだろう、と思うのですが、少しでも早く診てもらいたくて、緊急ではない普通の症状でもあえて救急に来る香港人がたくさんいるのです。

 

ただでさえ、救急でも数時間待ちなのに、そういう人たちのせいで、さらに救急が救急ではなくなっているのです。

 

緊急・非緊急の分類は運任せ

 

どのように緊急・非緊急に分けているのか謎ですが、私は残念ながら「非緊急」に分類されてしまい、自分としては、絶え間なく下痢・嘔吐に襲われ、数分おきにトイレを往復しなければならない状態。一刻も早くなんとかしてほしいのに、その状態で待合室の硬いベンチに座ってひたすら耐えるだけでした。

 

ようやく名前を呼ばれたのは、朝も明け始めたころで、、、こんなことになるのなら、苦しみながらも家のベッドで寝ていたほうがまだましだと思ったものです。

 

そのときに横目で、一体どういう人が「超緊急」なのだろうかと見ていたのですが、それはもう本当に全身血だらけで運ばれてくるような、そういう人たちでした。

 

香港の待ち時間にはブラックジョークがある

 

さらに公立病院の問題は、救急だけではなく通常の診察や検査も順番待ちさせられることにあります。香港人の公立病院に対するブラックジョークがあります。

 

『検査で初期ガンが見つかったのに、手術の順番待ちに数年かかって、ようやく手術の日になったときにはすでに末期ガンで手遅れだった』

 

しかし、これがジョークではなく、頻繁にこういうことが起こっているのが公立病院の実態です。ガンの手術が充分にできる技術も設備もあるのに、順番待ちのせいでその技術も設備も無駄になっているのです。

 

私立病院はどれぐらい高いのか?

 

私立病院は、順番待ちをしなくてもよいですが、値段が高いのです。公立病院は、一律 100ドル(約 1,450円)、再診からは 60ドル(約 870円)なのに対して、私立病院では、初診費用だけでも500~ 1,000ドル(約 7,250~ 14,500円)もかかります。

 

さらに、私立病院で手術なんてしようものなら、何百万円もかかります。保険に入ってないととても払える金額ではありません。逆に言うと、金額的に高いので行く人が少ないため、順番待ちの必要もないのです。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

 

まとめ

いかがでしたか。

旅行で香港に来られる場合は、海外旅行保険に入っている場合がほとんどだと思いますので、その場合は迷わず私立病院へ行ってください。

間違っても公立病院には行かないようにしましょう。とんでもなく待つはめになります。

もし保険に入っていない場合は、、、半日あるいは一日がかりになること覚悟で公立病院へどうぞ。でも、公立病院は安いですけどね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. 海外転職しようと思った時に、求人サイトに頼らないで仕事を探す3つの方法
  2. 海外で働く
  3. タイは気軽に小旅行が出来る
  4. ジョリビーくん
  5. 韓国での働き方
ページ上部へ戻る