旅行会社はもういらない!香港から格安でピンクドルフィンに会いに行く方法

ピンクドルフィン

香港国際空港のあるランタオ島西部に大澳(ダイ・オウ)という名前の小さな町があります。香港繁華街の喧騒や人ごみとは、まったく違った空気の流れるのどかな漁村です。

意外かもしれませんが、香港にも漁村があるのです。ビルばかりだと思っていた人がほとんどではないでしょうか。香港の外れにあるこの漁村では、ピンクドルフィンに会うこともできるのです。

 

市街地を離れて漁村へ行ってみましょう

香港から漁村へ行く

MTR東涌駅からバスなら1時間、フェリーなら 30分で大澳へ到着します。ここへ行くのには、バスもフェリーも本数が少なく、1時間に1本か2本しかありませんので、到着したら帰りの時刻表も調べておきましょう。疲れた時にバスを待つのはつらいですよね。

 

大澳の町を歩き始めると、本当にここが香港かと思うほど、ゆったりした時間が流れていることに驚きます。海のにおい、乾物のにおいを感じながら、散策してみてください。

 

香港は元々は漁村だった

香港はもともと漁村だった

今は高層ビルが乱立する金融センターの香港も昔は漁村でした。片田舎の小さな漁村といったところだった香港が、今ではすっかり世界の金融の中心です。

 

香港には水上生活者もいる

 

まだここ大澳には昔ながらの香港が残っています。なんといまだに水上生活を続けている人たちがたくさんいるのです。数十本の木で支えられた、高床式になっているこの水上家屋は、広東語で「棚屋」と呼ばれています。

 

関連記事▶︎香港の新鮮なシーフードを楽しめる西貢(サイゴン)

西貢でも美味しいシーフードを食べることができます。

 

大澳では海産物のお土産を買って帰るのが王道

香港・大澳の海産物のお土産

町を歩くと、海産物のお店が立ち並んでいることに気がつくと思います。香港の中心部でも乾物屋はたくさんありますが、ここは本当に地元の人が自分たちで作っているものを売っているので、新鮮(乾物なので新鮮という言葉はおかしいですが)でおいしいです。

 

海産物はスープの出しにも使えて美味しい!

 

干し貝柱、干しエビ、干しイカなどはおなじみですが、珍しいところでは魚の浮き袋を干したものなどもあります。香港人はこれらでよくスープを作ります。

 

エビのペースト(蝦醤)や干し牡蠣、オイスターソースなどもあります。エビのペーストは、発酵食品なので独特のにおいがありますが、それが気にならなければ、野菜炒めやチャーハンなどに、ちょっと入れると旨みが出ておいしくなる、おすすめの調味料です。

 

ビールのお供にピッタリ!

 

干し魚はハムユーと呼ばれ、中国、台湾、香港などの中華圏でよく見られる食材です。塩漬けにした魚を発酵させ、それを天日干しにしたもので、しょっぱさと旨みが凝縮されています。

 

これもまたチャーハンや炒め物に使われますが、有名なのは「ハムユー炒芥蘭」というおかずです。ハムユーと芥蘭(からし菜)を炒めただけのシンプルなおかずですが、ビールとごはんのお供にぴったりのおかずです。

 

関連記事▶︎香港のB級グルメを屋台で食べる!香港人も大好きなおすすめ小食

香港には本当に美味しいものが多いです。

 

絶滅寸前のピンクドルフィンに会えるかも?

ピンクドルフィンツアー

大澳には、海産物以外にももうひとつ目玉があります。それがピンクドルフィンツアーです。ピンクドルフィンといえば、絶滅寸前で結構数の少ないイルカです。

 

そんなイルカを見たい場合が旅行会社でツアーの申し込みができます。料金はけっこう高めです。

 

ピンクドルフィンって?

ピンクドルフィン

ピンクドルフィンとは、中華白イルカと呼ばれ、子供のときは黒~灰色の黒っぽい色をしています。成長すると灰~ピンク色になる可愛いイルカです。

 

香港のマスコットとなっていますが、近年、空港やディズニーランド、火力発電所などの相次ぐ埋め立て・建設により、生息数が激減。現在150頭を切り、絶滅の危機といわれています。

 

格安でピンクドルフィンに会える裏技

 

大澳まで自分で来てしまえばいいのです。そうです。バスに乗ってここへ来るだけで結構お高いツアー代が浮きます。

 

到着したら、そのへんでおじさん、おばさんが船の呼び込みをやってるので、そのおじさんについて行きましょう。その船に乗ればHKD25 (約362 円)で楽しめます。ただし、もちろん、ピンクドルフィンが現れても現れなくても同じ値段です。こればっかりは運ですね。

 

でも浮いたお金でお土産を買って帰れば、満足のいくこと間違い無しです。

 

関連記事▶︎香港のお土産にも最適?日本とはちょっと違う香港のスーパーの品揃え

スーパーでも香港のお土産を買うことができます。

 

まとめ

いかがでしたか。

香港に漁村があることに驚いた人も多いのではないでしょうか。小さい香港ですが、実は繁華街以外にもステキな場所がたくさんあります。

百万ドルの夜景の香港もいいですが、このような郊外で一日を過ごすのも悪くないのではないでしょうか。ピンクドルフィンにも会えるといいですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. お金
  2. フランス人
  3. フランス生活
  4. workingholiday
  5. 海外で働く
  6. 馬車:delman(デルマン)

おすすめ記事

  1. 韓国へ持っていくべきもの
  2. 憧れのメルボルンで働きたい!留学やワーホリで働ける仕事と給料
  3. マレーシア
  4. 白いコーヒー?マレーシアでコーヒーをたしなむ
  5. 北京の日本人向けフリーペーパー
ページ上部へ戻る