シンガポールの部屋はこうやって探そう!家賃相場はどれくらい?

シンガポールの部屋

シンガポールに住むに当たり、大変なことの一つがお部屋探しです。というのも、シンガポールの国土はとても狭く、部屋代がとても高いため、安い部屋を見つけるのが難しいのです。

日本派遣の駐在員であれば家賃は全て会社が負担してくれますが、現地採用は自分で部屋を探し、賃貸する必要があります。今回はシンガポールでの部屋の探し方と家賃相場についてご紹介します。

シンガポールでの部屋の探し方は?インターネットサイトで地道に探すことから

インターネットには部屋情報が満載です。自分の条件に合う部屋をネットで探してみましょう。シンガポールで日本のような1Rマンションがないので、コンドミニアムをルームシェアすることが一般的です。

 

英語版の部屋探しサイト

Gumtree Singapore(英語)

ガムツリーシンガポール版

http://www.gumtree.sg/s-room-for-rent-flat-share/v1c10p1

まずはシンガポール版Gumtreeというサイトで探してみましょう。オーストラリアやイギリスにもある「なんでもサイト」です。家探しから語学レッスン、仕事探しもこのサイトで可能なので、知っておくと非常に便利です。

 

Share-Accommodation(英語)

Share-Accommodation

http://www.share-accommodation.sg/index.htm

シンガポールのことを深く知りたい人は、なるべくシンガポール人とシェアするのがおすすめです。違う国との人とのルームシェアは大変かもしれませんが、それはそれで面白いです。

 

日本語の部屋探しサイト

MixBクラシファイド(日本語)

シンガポールMixBクラシファイド

http://sin.mixb.net/acm/acm_list_f.php

日本語のサイトなので、英語が苦手な人でも安心して使えます。

シンガポールのマンションは基本料理不可

二つのサイトを駆使し、メールを送り、むこうから内覧の案内が来たら内覧に行く、という感じです。ただ、シンガポール人は毎日外食する人が多く、そのためほとんどのマンションが「料理不可」の制限があります。

料理をするとキッチンが汚れ、マンションの価値が下がるからです。「料理不可」が理由で最終的には日本人とシェアすることになることが多いです。

日本人がお部屋を借りている場合は、料理可能な場合が多いのでお料理好きの人には助かります。

シンガポールの家賃の相場

シンガポールの部屋

部屋の狭さの割に、月に800シンガポールドル、現在の価格で6万4500円相当(1シンガポールドル=80.7円※2016年2月23日現在)するので、やはりシンガポールの家賃は日本と比べても高いようです。

一般的な家賃の相場は、900~1,500シンガポールドル(7万2600円〜12万1000円)くらいだと言われています。その場合、光熱費や水道代は混みの場合が多いです。

関連記事▶︎マレーシアで海外就職、現地採用の気になる仕事や給料相場

シンガポールは家賃が高いので、生活費の安いマレーシアにて就職する人も多いです。

 

シンガポールの部屋は家具付き

必要な家具はついているので、洗濯機や冷蔵庫など買う必要はありません。余計な出費がないのは嬉しいところです。しかし、最初に書きましたが、シンガポールは家賃が高くお部屋も狭いです。私は日本人男性3人、それから私という人数でアパートをシェアしていました。

お部屋自体はとても狭かったのですが、広々としたリビングがあり、日本のワンルームに住むよりは良いと感じです。

関連記事▶︎シンガポールで海外就職しよう!日系企業の求人と仕事の探し方

シンガポールでの仕事の探し方です。現在、求人もあるので、シンガポールで仕事を探している方はチェックしてみると良いでしょう。

シンガポールで部屋を探す時のエリア選択

シンガポールは狭い国ので、どこのエリアに住んでもそこまで大差はないです。駐在の方は、クラークキーの近くやオーチャードロードの近くの一等地に住まれていることが多いですが、現地採用の給料ではそこの立地のマンションを持つことはなかなか難しいと思います。

中心部まで地下鉄で約30分のエリアでも、近くにはショッピングモールもあり、銀行もあり、スーパーもとても充実していたので、そこまで中心地にこだわらなくても十分に便利な生活が送れます。

シンガポールでの部屋探しには治安も考慮すること

治安も一つの要素ですが、シンガポールには基本的にスラムと呼ばれる場所はありませんし、夜でも安全なことが魅力です。

私は中心から地下鉄で30分以内のところ、駅から10分のマンションに住んでいました。夜の大人の街と言われるゲイラン地区の比較的近くでしたが、特に怖い思いをしたことは一度もなく、むしろ夜もずっと明るいので安心できる立地でした。

まとめ

いかがでしたか?

シンガポールでは、現地採用の人たちの多くがマンションをシェアして暮らしていました。シェアがどうしても向かないという人にはお勧めしませんが、意外とみんな楽しくシェア生活をしています。

日本ではなかなか経験しないことなので、これを機に一度くらいは体験されてみてもいいかもしれませんね!

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

失敗しないシンガポールでのCondo(マンション)の選び方、11のポイント

シンガポールに滞在して実感した7つのこと

シンガポール交通手段完全ガイド(バス・タクシー、地下鉄)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. ディズニーランドパリ
  2. 台湾でのワーホリ
  3. ベルリン
  4. ベトナム
  5. 英語力
  6. 台湾

おすすめ記事

  1. インターナショナルな街ベルリン
  2. イギリスでボランティア
  3. ウィーンでレストランに入ったら
  4. タイの郵便局プライサニー
  5. フィリピンでの妊娠と出産
ページ上部へ戻る