インドネシアで海外就職?「コネ入社」で楽々就職!

インドネシアで海外就職?「コネ入社」で楽々就職!

大好きなインドネシアに長く留まる(長期滞在)方法はないものか、と考えた時に思いつく方法と言えば留学か就職でしょう。

生活資金を考えると現地での就職がベストですよね。給料ももらえるし、仕事もできるし、なにより現地での生活が楽しめます。

海外で生活する事を考えただけでもドキドキしますが、一体どうやって就職先(日本人向けの求人)を探せばよいのでしょうか?

そこで今回は、インドネシア共和国で就職したい時に注意すべきポイントをご紹介したいと思います。(2016年2月22日再編集)

 

インドネシアの基本

 

インドネシアはロングステイしたい国No.4に選ばれている国です。

 

ええ、4位です。もう少しでトップ3!!有望です。それだけではなく、、、なんと日系企業が進出したい国No.1(2014年)に選ばれています。

 

現在も日系企業は数多く進出していますので、日本人向けの求人が増えることが予想されます。今から南の国でのんびりってのもいいですね。

 

就活開始!インドネシアでの就職活動は多くの人に知ってもらおう!

 

インドネシアの職探しで最も頼りになるのは「ネット」「口コミ」そして「コネ」です。

 

しかし、求人サイトの数少ない求人にはその何倍もの人が殺到し、まさに職の奪い合い状態と言っても過言ではありません。そこで有効なのが自己宣伝です。

 

インドネシアではコネ入社が一般的

 

自分が求職中である事を出来るだけ沢山の人にアピールしておけば、仕事を紹介してもらえる事も少なくありません。

 

実際、地元インドネシア人の求職者の多くがコネ入社しています。日本ではコネ入社はけしからん!と言われることもありますが、インドネシアではこれが普通なんです。

 

知り合いの紹介だから安心して雇用出来る(働ける)のかもしれませんね。

 

英語以外の語学力も磨いておくとさらに良い!

 

首都のジャカルタで働く場合、国際色豊かな外資系企業への就職は、英語が出来る事が必須条件です。観光業が盛んなバリ島においても、英語が出来るに越したことはありません。外国人が多いですからね、やはり英語は世界共通です。

 

では、英語ができればカンタンに仕事が見つかるかと言うと、実はそうでもありません。インドネシアでは、外資系企業やホテルなどで働く人は英語が話せて当たり前です。

 

職種にもよりますが、英語+αの言語が話せるとインドネシアでの就職活動が有利になります。

 

例えば、公用語であるインドネシア語、それに加えてジャワ語やバリ語、スンダ語などの地方の言語が話せると一番良いと言えます。

 

現地語を覚えてみましょう!

 

企業で働き始めれば、スタッフは自分以外現地スタッフということがザラです。スタッフ間のコミュニケーションを円滑にするためにも、最低限あいさつぐらいは覚えましょう。

 

現地の言葉を話せるとスタッフから耳寄りな情報をもらえて美味しい思いができることもあります。

 

英語が苦手なら日系企業が狙い目

 

ちなみに、、、インドネシアで日系企業で現地採用として働く場は英語のレベルは中級程度でいけるところが多いとか。

 

もしかして、日系企業は狙い目かもしれませんね。

 

とにかく一生懸命に人脈作りをしましょう

 

日本だと求人サイトを見たり、人材紹介会社に登録したりしながら、情報を集めるのが就職への最短距離です。しかし、国や地域が違えば就職活動のスタイルも異なります。

 

郷に入っては郷に従え。

 

私の会社の偉い人がこう言ってました。笑

 

仕事探しには人脈が生きてくる

 

インドネシアでは求人情報を集めるよりも、人脈作り(コネ作り)に励んだほうが就職先をゲットしやすいです。友人や知り合いが多ければ多いほど、いい仕事の情報が入りやすいのです。

 

もしもインドネシアで就職したいと思ったのであれば、無理してでも社交的に振舞うことを忘れてはいけません。とりあえずニコニコしておきましょう!

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

 

まとめ

いかがでしたか?

大好きなインドネシアに長く留まる(長期滞在)ためにインドネシアで働きたい!という方はたくさんいます。最近はビジネスビザの法律改定で外国人を雇うことが厳しくなってきています。

そんな大変な状況ですが、ロングステイするためにも、なんとかいい仕事をゲットしたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. 「まだまだだね」と言われた私が一発奮起し英語が話せるようになったわけ
  2. ベトナム挨拶は大事!シンチャオ
  3. タイで歯科矯正
  4. ベトナム人の二人乗り
  5. 韓国の銀行口座
ページ上部へ戻る