ベトナム・ハロン湾は1泊2日のツアーで行くべき3つの理由

ベトナム・ハロン湾の夕日

ベトナム・ハノイを訪れる際に9割以上の人が訪れるであろうハロン湾。ハノイにはハロン湾ツアーを取り扱うツアー会社がひしめき合います。日帰り、1泊2日、2泊3日のツアーがほとんどですが、私がおすすめするのは宿泊込みのツアーで、さらに1泊2日のツアーが一番のおすすめです。

今回はその理由についてご紹介いたします。

 

そもそもハロン湾とは

ベトナム・ハロン湾

ハロン湾とは、ベトナムの誇る1994年に登録された世界遺産。3000もの岩や島が連なっています。ツアーを利用していく人がほとんどで、ボートに乗ってその世界遺産を様々な角度から楽しむことができます。

 

ベトナム・ハロン湾

ハノイからハロン湾まではバスで片道3時間ほどの旅です。

 

日帰りツアーだと移動時間が長く、ハロン湾に長く滞在できない

ベトナム・ハロン湾

カヌーをしたい!泳ぎたい!しっかりハロン湾を楽しみたい!という方は絶対に宿泊込みのツアーにすべきです。ハノイからハロン湾へ行くだけでも片道3時間長旅です。往復で6時間もかかってしまいます。

 

そんな遠い場所へ行くのに日帰りツアーで行くなんてもってのほかです。

 

ツアーの時間のほとんどをバスの中で過ごす…なんてことにもなりかねません。実際ほとんどの時間はバスで過ごすことになります。3時間バスに揺られ、到着して数時間の滞在で、また3時間の岐路です。

 

道中お土産屋さんに寄るくらいで大して見るものもありません。日帰りはもったいないので、なんとか時間を作って1泊2日にしましょう。

 

関連記事▶︎気分は陶芸家?ハノイから足を伸ばしてバッチャン村で陶器を作ろう

どうしても日帰りでしか行けない方はこちらへ行くのがおすすめです。

 

朝日、夕日、星空の絶景を見ることができる

ベトナム・ハロン湾の夕日

素晴らしい朝日、海に沈む夕日、満点の星空を見るためにも1泊することをおすすめします。

 

日帰りツアーは昼ごろに着き、数時間でハノイへ戻るものが一般的です。滞在時間がとても短いためどうしても絶景と言われる朝日、夕日、星空に照らされたハロン湾を見ることはできません。

 

空気の澄んだこの場所では、この絶景がはっきりと神々しく輝く姿を見ることができます。これを見ずしてハロン湾を去ることはできない、それくらいの絶景です。

 

夕日に輝くハロン湾でカヌーをする。夜甲板にあがりゴロゴロしてビールを飲みながら美しい星空を眺める。朝日に照らされた世界遺産とともに新しい一日を始める。これ以上贅沢なことはありません。

 

ハロン湾へ来たら、1泊して帰りましょう。

 

関連記事▶︎ボートでしか行けないベトナム人の聖地「香寺」・ハノイ

ボートでしか行けない場所は他にもあります。ここも面白いですよ!

 

船上に宿泊という貴重な体験ができる

ベトナム・ハロン湾で船上宿泊

映画に出てくるような豪華客船…というわけには当然いきませんが、キレイなベッドがきちんとある部屋に宿泊することができます。

 

世界遺産の海の上で寝れる…なかなかできない経験です。

 

私の使ったシンカフェのツアーではきちんとタオルの貸出もありましたし、それぞれの部屋にお手洗いもシャワーも付いていました。とてもキレイ!とはお世辞にも言えませんが55USDと考えれば十分すぎるほどの設備です。

 

55ドルだけ握りしめてツアーを申し込もう

 

おすすめはホアンキエム湖近くに多く代理店を持つSinh Cafe(シンカフェ)というツアー会社です。低価格ですが高い満足度を誇る人気のツアー会社です。

 

1泊2日で朝1回、昼2回、夜1回の食事込みで55USDでした。

 

まとめ

いかがでしたか。

ハロン湾へ行く人は日帰りのツアーを申し込むことが一般的です。しかし、みんなが日帰りだからといって、日帰りにする必要はありません。

滞在時間をほんの少し延ばして、1泊するだけで素敵な景色を見ることができます。せっかくハロン湾へ行くのですから時間も費用もケチらずに1泊2日のツアーにすることをおすすめします。ちなみに…2泊3日だと長すぎて飽きちゃうかも…!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
うだ

うだ外部ライター

投稿者プロフィール

カナダ・エドモントンで1年留学
アメリカ、マレーシア、タイ、インドネシア、オーストラリア、韓国、シンガポールなど各国を旅する
現在はベトナムで長期海外インターンを経験している海外旅行大好き大学生ライター
ふざけることと食べることをこよなく愛しています^^

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 本のオブジェ
  2. ロンドン
  3. 事務員
  4. レストラン
  5. フランスで働く
  6. プーケット

おすすめ記事

  1. 中国人との国際結婚手続き
  2. プサンシティツアー
  3. 大連の賃貸物件の家賃
  4. ジョリビーくん
  5. 海外へ転職したい。会社の辞め方と知っておきたいこと
ページ上部へ戻る