20代女子がシンガポールで働くことを選んだ理由

シンガポールで働くということ

海外で働いているのは何も日本から派遣された駐在員だけとは限りません。今は自らチャンスを掴みに海外に進出する時代です。実際にシンガポールで働いている私が、なぜシンガポールで働くことにしたのかをご紹介します。

シンガポールで就職した私の基本スペック

  • 女性:20代
  • 勤務先:在シンガポール日系電子会社勤務
  • 英語力:普通
  • その他:ライター

元々海外が好きだった

学生時代には長期休暇が始まるとすぐにバックパックを背負って海外に出ていた私。旅先でトラブルを乗り越えるうちに、多くの人と出会ううちに語学力はだんだんと上達し、コミュニケーションレベルの英語力は大学生のうちに身につけていました。

その頃から、「海外で働いてみたい」と漠然と思っていたのですが、現実問題どのように外国で就職するのか想像もつかず、大学卒業後は日本で就職し、目の前にある仕事をこなす日々を送っていました。

初めての海外はオーストラリアでワーホリ

本当にありがちな話なのですが、一度日本で就職したものの、オーストラリアへ逃げるように渡航。現地でも運よく仕事が見つかりましたが、ワーホリは通常1年で終わってしまうので、息をつく暇もなく、次の活路を見つける必要がありました。

 

次の国を探すも就労ビザの取得はどこの国も難しい

どこの国も就労ビザの取得は難しいのが現実です。そのため、オーストラアリアの次もワーホリを活用出来る国に行こうと考えていました。英語圏だけでもイギリス、カナダ、それからオーストラリアのお隣のニュージーランドなど、ワーホリの選択肢はたくさんあります。

 

ワーホリで行ける国は仕事の選択肢が少ない

ただ、私にはそれらの国に行くには迷いがありました。いろいろとリサーチした結果、上記の国々(イギリス、カナダ、ニュージーランド)では日本食レストランでの就労以外の選択肢が非常に少ないのです。

また、ほとんどの国が滞在期間の期限を設けています。期限が過ぎれば、否応なく日本へ帰国する未来が見えていました。30歳が近づくに連れて自分の人生、キャリアについては真剣に向き合わざるを得なくなっていました。

シンガポールで働くことを選んだ理由

シンガポールは選択肢の中になかったのですが、「ワーキングホリデープログラムがある国」を探していたら、シンガポールが飛び込んで来ました。

現在シンガポールでのワーホリは要綱が変わってしまったようですが、私がシンガポールに行こうと思っていた時はまだ有効でしたので、すぐに要綱を調べ、必要書類を揃えて申請しました。

以前から「マルチカルチャー」「ビジネスプランの最先端の国」という良いイメージをシンガポールに持っていましたし、就労ビザについても難しくないことがシンガポールへの渡航を後押ししました。

 

決めてはシンガポールに対しての良い印象

理由を整理すると、シンガポールが大好きなので、どうしてもシンガポールに行きたかった!というよりは、

  • ワーキングホリデーが活用出来た(当時)
  • シンガポールに対する良いイメージがあった
  • 就職先が見つかりやすかった
  • ビザが取得しやすかった

大きく言えば、以上の4つのことが決め手になったと思います。

シンガポールに来てよかった3つのこと

以上の理由で比較的簡単にシンガポールへの渡航を決めてしまった私ではありますが、実際シンガポールに来たメリットはとても大きいと感じています。もちろん日々生活する中でマイナスの部分もありますが、私がシンガポールで働くメリットは、

  • ビザが取りやすいので、無期限で滞在できる
  • 日本のように労働時間が長くない
  • グローバルな会社の戦略、取り組みを学べる

ということです。

私は日系企業で働いていますが、従業員は多国籍ですし、会社の外では様々な業種の人と知り合う機会がありますので、そこで最新のシンガポールビジネス事情を常に更新するようにしています。

自分からチャンスを掴みにシンガポールへ来ている人が多くいますので、そのモチベーションの高さに触発され、よい意味で緊張しながら仕事ができるところも気に気に入っています。

現在シンガポールでの直接採用の求人があります。興味のある方はお気軽にどうぞ

直接採用▶︎日本のテレビ局のサポート業務のお仕事はシンガポールのみではなく、東南アジア全体でのお仕事です。東南アジアを飛び回りたい人におすすめです。

直接採用▶︎世界に知ってもらいたい!日本の食文化、伝統文化をアジアで紹介業務では、日本を知ってもらうために様々なアクションを行います。日系企業の海外進出をサポートできるやりがいあるお仕事です。

まとめ

いかがでしたか。

私が初めてシンガポールへ来た時よりもビザの取得は年々厳しくなっていますが、それでも北米やヨーロッパ、それからオーストラリアと比べるとまだまだビザも取りやすいと言えると思います。

多くの人がシンガポールを選ぶ一番の理由はこれではないでしょうか。

キャリアアップにはステップが必要ですので、最初のステップとして就労ビザが簡単なシンガポールを選んでみてもよいと思います。そこで見えてくるものがあれば、軌道修正をかけながら、自分のキャリアを磨いていきましょう!

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

中国とか東南アジアで海外就職をするとメリットもデメリットもあるけど総じて面白い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. トロント
  2. リヨンの交通機関
  3. ヤンゴン動物園
  4. ドイツのビザ
  5. 青島54広場
  6. 葡萄

おすすめ記事

  1. バンコクのコンドミニアム
  2. 台湾のお茶
  3. ホーキーポーキーチョコレート
  4. タイの完熟マンゴー
  5. ピンクドルフィン
ページ上部へ戻る