プリンラーメンも話題!台湾ならでは「とんこつ料理」が美味い

台湾のラーメン

台湾には日本食が溢れています。台湾は日本から近く、また親日国として知られている為、初めての海外出店に台北を選ぶお店も多いのです。そのため、たくさんの日系飲食店が進出しています。

誰もが知っているチェーン店から、高級店、また地方の特色あるお店などなど。そのジャンルは多岐にわたり、台湾に住んでいる日本人が毎日本物の日本食をローテーションできるほど充実しています。

旅行・観光など短期滞在の場合は、日本食は無関係と思いがちですが、視点を変えると現地日本食レストランも結構楽しめるのです。もちろん台湾に長期で滞在しようと思ったら日本食は必須です。

今回はそんな日本食「ラーメン・うどん・そば」をご紹介します。

台湾は日式ラーメンの宝庫

台北市はここ数年、日本からラーメン店の進出が相次ぎ、日本の地方都市よりラーメン店が充実しています。特に台湾人にダントツ人気なのが「とんこつ」スープです。

「博多一風堂」「山頭火」「せたが屋」「ラーメン花月」といった有名店をはじめ多くのラーメン店が進出しており、今もなお新規出店の勢いはとどまりません。

台湾でラーメンが恋しくなればいつでも日本式のラーメンを食べることができます。

台湾で流行ったプリンラーメン

プリンラーメン

プリンラーメンとはなんぞや?と思った方もいるのではないでしょうか。とんこつ好きの台湾人ですが、一部の熱狂的とんこつ好きが編み出した「プリンヌードル」が昨年話題となりました。

カップラーメンにプリンを投入するだけのシンプルな料理です。とんこつラーメンのような味わいになるようですが、気になる人は是非お試しください。日本でも「プリン」と「カップラーメン」をそろえれば、3分で試すことができます。

台湾人がいうには、まさに「とんこつラーメン」とのことです。

美味しいと思うかまずいと思うかはアナタ次第ですが、試してみる価値はありそうです。

台湾はラーメン激戦区

すでにこんなに沢山のとんこつラーメンのお店がある中、連日行列ができている店もあれば、逆に数カ月で閉店してしまうお店もあります。

日本人としては日本式ラーメンが台湾にたくさんあるというのは、うれしいですね。もしかすると世界トップクラスの激戦区と言っても過言ではないかもしれません。

ラーメン屋の店作りにも違いがある

店舗の作りは日本とは少しだけ異なります。例えばカウンター席を減らし、またサイドメニューが豊富にすることで、若いカップルやファミリー向けにラーメンレストランとして受け入れられています。

台湾の所得を考えるとラーメンも「それなりの価格帯」となるため現地事情に合わせています。価格は日本よりもちょい安になっています。

とんこつうどん

とんこつラーメンに続きブームとなったのが「うどん屋」で、今では大手チェーン店から「讃岐うどん」や「稲庭うどん」の専門店もあり、また最近は「そば屋」も少しずつ増えてきました。

お店によっては麺や食材を日本から仕入れているお店もあり、本場の日本の味を楽しめます。

「とんこつうどん」や「とんこつそば」がある台湾

とんこつそば

日本のラーメン店には無かった台湾ならではのメニューも楽しめます。台湾人が「とんこつ」が大好きということから大手うどんチェーン店、そば店ではなんと!「とんこつうどん」「とんこつそば」なるものがメニュー化されています。

売場を観察してみても「とんこつうどん」「とんこつそば」を頼む人達が一定数存在していました。どんな味なのか気になる方はぜひ台北に来た時に食べてみてください。

うどんとそば、両方食べましたが、うどんの方が美味いと思います。 

まとめ

いかがでしたか。

台湾では日本食は独自の進化をとげました。まだ原型は残っていますが、もしかしたら5年後には、さらなる進化をしているかもしれません。

台湾滞在時には、ぜひローカル料理を食べてもらいたいところです。しかし、台湾料理に疲れたら、台湾ならではの日本食も試してみてください。日本では見たことが無いメニューに出会えて面白いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 本のオブジェ
  2. ロンドン
  3. 事務員
  4. レストラン
  5. フランスで働く
  6. プーケット

おすすめ記事

  1. アプリ
  2. 海外就職でベトナムVSタイ生活費が安いのはどっちだ!
  3. セブ島の海
  4. タイ語の曖昧な返事
  5. 中国移住のきっかけ
ページ上部へ戻る