マレーシアで携帯電話を使おう!プリペイドSIMカードの購入方法(iPhone・スマホ)

マレーシアで携帯電話を使う

旅行の際にも、長期滞在の際にもなくてはならない携帯電話。道に迷って地図が必要になったり、急にホテルなどへの電話が必要になった時に「あ、圏外…」とならないようにSIMカードを買っておきましょう。

マレーシアでは簡単にSIMカードを購入できるので、空港に着いたら買ってくのがベストです。

今回はマレーシアでのSIMカードの購入方法についてご紹介します。

マレーシアならSIMカードは格安で購入出来る

SIMフリーの携帯電話を持っているのであれば、早速SIMカードを買ってみましょう。マレーシアでは、お手軽にプリペイドSIMカードを購入することができます。

マレーシアでSIMカードを購入し、そのままSIMフリー携帯を利用すれば、数日の滞在(1週間程度)なら約1000円程で利用出来ます。

日本の携帯でデータローミングをするもの簡単でいいですが、何日も滞在すると、お金がかかってしまいます。できれば、SIMカードを購入し、利用するようにしましょう。

関連:ロングステイ人気国マレーシア!滞在中に注意したい4つのこと

空港でSIMカードを購入しよう

マレーシアでSIMカードを購入する場合、空港で購入する方法と市内のショップで購入する方法があります。空港で購入する場合は到着後、KLIAであれば到着後、免税エリアに各社ブースがありますのでそこで買うことが可能です。

KLIA2であれば、空港とショッピングモールは直結しているので、ショッピングモールのショップへ行って手続きしましょう。

 

SIMカード購入に必要なものはパスポートだけ

パスポートと書類(お店でもらえます)を提出すれば、その場ですぐ電話の開通が可能です。所要時間は15分程度です。

マレーシアではCelcom、Maxis, Digi、U Mobile 等が有名です。どの会社もそれぞれ店舗を持っています。24時間営業している会社もあります。

※1リンギ約27円(2016年現在)

 

SIMカード購入を市内のショップで買う方法

市内でSIMカードを購入する場合は、ショッピングモールに行くと各社店舗がありますので、SIMカードの購入が可能です。市内も基本的に空港での購入と同じ手続きです。こちらでも身元確認のためパスポートが必要です。

SIMカードを交換しなくてはいけないので、一緒に携帯電話持って行き、ショップのスタッフに手渡せば、スタッフがSIMカードを替えてくれます。

マレーシアの電波はいいの?

日本と変わらずマレーシアもクアラルンプール周辺は電波が良好です。現地の人は通常の方法で電話するより、LINEやWhat’s upなどのアプリを使って無料で電話をする人が多いです。

ただし、wifiや3G回線を使ってのアプリ通話になるため、普通の通話よりは質は落ちます。電波はどのキャリアも、どの地域も問題なく使えます。

関連:クアラルンプール国際空港からKLセントラルへの移動方法まとめ

プリペイドSIMカードを買おう

マレーシアでは現地の人はポストペイド(月決めパッケージ)を使いますが、その他私達のような外国人、旅行者などほとんどの人がプリペイドSIMカードを使います。

日本ではあまりなじみがないプリペイドSIMカードですが、マレーシアではポストペイド(月決めプラン)と同じぐらい、プリペイド式のSIMカードも普及しています。

ポストペイド式(月決め)、プリペイド式共に通話料、インターネットプラン、料金体系に殆ど違いがありません。現在どこの会社も価格競争で通話料、インターネット接続料共に料金を下げてきています。

以下、主要各社プリペイド式の料金例を調べましたので確認してください。(2016年3月2日現在)

SIMカードを利用するときの料金例

マレーシアではいくつか通信事業社があるのでお好みで選んでみましょう。CELCOMを選べばハズれないと思います。実際のものと相違がある場合があるので、現地で確認が必要です。電話するだけなら安く使えます。

 

CELCOM(XPAX)

例:SIMカード付、200MB;料金5RM(約135円)〜

約135円からsimを持てますが、200MBしかないので、その日のうちに使用可能通信料がなくなります。最低1G程度のプランを選びましょう。Celcomの料金体系は少し高いですが、その分カバー地域が広いです。マレーシア人にも人気。悩んだらこのキャリアを選びましょう。

 

DIGI

例:SIMカード付、Smart Plan:料金10RM(約270円)

安いですが、通話の質などは少し落ちます。マレーシア人がよく使っているのがこれです。

 

MAXIS(HOTLINK)

例:SIMカード付、5日プラン300MB:料金15 RM(約52円)

特に特徴はないですが、良くもなく悪くもなくといった印象。どうしてもこのキャリアがいいという場合以外、選ばなくてもよいでしょう。

 

U Mobile

例:SIMカード付、ファーストプラン 10日プラン200MB:料金8.5 RM(約229円)

U-mobileはインターネットを使うユーザーに人気です。ネットをバシバシ使いたい人はこれを選んでもいいかもしれません。

 

Tune Talk (エアアジア)

例:Travelers Sim Plan 1GB:料金35RM(約1000円)

提携しているTune Mobile のSimカードをエアアジアの航空券と一緒に購入可能できます。購入したらチケットと共にKLIA2 のチューントークに行けば即時発行可能です。やはり通信料は1G程度は必要になるので、最低でも35RM(約1000円)程度のプランに入りましょう。

また、多くのマレーシア人はCelcom かDigiを使っています。

マレーシアの人はSIMフリーを利用して2つのSIMカードを、通話用、インターネット用と分けて使っています。2つのSIMカード(電話番号)を利用していることも多く、ビジネス用、プライベート用と分けて使う人もいます。

まとめ

いかがでしたか?

どの会社も15分もあれば電話の開通が出来きます。必要なものはパスポートだけです。携帯が使えるのか使えないのかで、マレーシア滞在の充実度がだいぶ違ってきます。

SIMカードを購入は簡単にできるので、15分でSIMを買って携帯電話を使い倒し、快適なマレーシアライフを満喫しましょう。

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ記事

家族でマレーシア移住生活、1ヶ月の生活費はどれくらい?

1つの国で3度オイシイ!マレーシアで絶対経験したい3つのお祭り

マレーシアで海外就職、現地採用の気になる仕事や給料相場

 

マレーシアで新しい働き方をしよう

中国とか東南アジアで海外就職をするとメリットもデメリットもあるけど総じて面白い

現地採用の面接に受かる人の2つの条件と4つの特徴(海外就職編)

海外就職したいあなたに必見!海外滞在中の住民票と住民税ってどうなるの?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. ディズニーランドパリ
  2. 台湾でのワーホリ
  3. ベルリン
  4. ベトナム
  5. 英語力
  6. 台湾

おすすめ記事

  1. バンコクのコンドミニアム
  2. リーベル・プレート(RIVER PLATE)
  3. 韓国の運転免許
  4. フィリピンでのチップ
  5. セブの語学学校の選び方
ページ上部へ戻る