逆張りとしての海外就職、日本の景気が良い今だからこそアジアへ行け!

アジア就職

日本の景気は良いみたいですね。実感している人は少ないのかもしれませんが、一昔前に比べたら全然良い状況です。日本の景気が良い時には、日本国内で転職活動をする人が増えるのですが、そんなときにこそ海外就職をするというのも面白いと思います。

今回は、日本の景気が良い時にこそ、海外就職するとメリットが多いよ!というお話しをご紹介します。

日本の景気が良いときそこ海外就職はチャンス

日本の景気が良い時こそ海外就職を希望している人にはチャンスのある時期です。日本の景気がいいなら日本にいたら良いじゃんと思う人がほとんどだと思います。実はその考え方がポイントになるのです。

一般的には、日本の景気が良いときには、日本で就職する人が増えるため海外で就職を希望する日本人は減ります。逆に日本の景気が悪いと海外で就職する日本人が増える傾向があります。

では、現在の状況ではどうでしょうか。

実は今、日本で就職する人が増えているので、必然的に海外就職する日本人が減るということになります。チャンスです。

日本の失業率

日本の失業率を見ても分かるように2015年の失業率は3.4%です。

参考:http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/

ほとんどの人が日本で仕事が見つかる状況で、わざわざ海外で仕事を探しません。つまり言い換えると、今は海外就職するライバルが少ないということになるのです。

 

失敗しても日本がある

景気が良い時に海外就職に挑戦するメリットはライバルが少ないだけではありません。

先ほどもいいましたが日本の失業率3.4%です。フリーペーパーを見れば日本中どこでも仕事を見つけることができます。

つまり、海外で失敗しても日本があるのです。海外から帰ってきて、日本で就職できるというのは心強いですよね。

今が海外就職のチャンス

実は今が海外就職のチャンスなのです。海外へ進出する日系企業の数は毎年増えているのに、海外で働く(働きたいと考えている)日本人の数はほぼ一定です。

企業から派遣されて現地で働くことはありますが、自ら海外で仕事を探すという人は急激には増えていません。

日本人不足の企業では、少しでも良い条件を出したりして何とか採用しようとするので、今のうちに就職すると良い条件で採用されることも多いのです。募集要項に「待遇:応相談」と書かれていれば、いろいろ相談可能です。

上手に交渉して良い条件を引き出してみてください。もちろん能力があると良い条件になりやすいことはいうまでもありません。

関連記事▶︎中国とか東南アジアで海外就職をするとメリットもデメリットもあるけど総じて面白いんです。人とは違った体験をしたい人にはこちらの記事もどうぞ!

ライバルは不景気になってからやってくる

日本国内が不景気になると、日本の若者たちは職を求めて海外へやってきます。日本国内でもテレビなどで日本経済がヤバイという報道がされるようになるので、より人材の流出が加速するのです。

しかし、そんな時にいざ海外で就職しようとしても、急に海外の就職先が増えるわけではありません。

 

不景気になるとライバルが優秀になる

日本が不景気になると海外企業の受け皿は一定なのに対し、日本人の求職者が増えます。

さらに優秀な人も日本を出て海外で仕事を探すため、必然的に能力のあるライバルが増えます。簡単にいえば、質の高いライバルが増えるのです。

一昔前の日本の不景気時には、日本の優秀なエンジニアが中国・韓国企業に流れてニュースになりましたよね。

だからこそ逆張りの海外就職という選択肢

経済の善し悪しは数年サイクルです。数年〜十数年単位で景気の良い時期と悪い時期を繰り返します。今の経済が良いということは次の経済はどうなるのでしょうか?

そうなってから慌てて海外で仕事を探すのではなく、今、海外に出るとライバルの少ない環境で自分を高く売ることが可能になるのです。

東南アジアなどの成長地域では、毎年物価も上がっているので、自身の給料も毎年上がっていくでしょう。

もしかしたら、日本でもらう給料よりも多くもらえるかもしれません。

関連記事▶︎ベトナムとタイの1ヶ月の生活費です。こちらの記事も東南アジアで生活を考えている人には参考になります。

日本が成長しても東南アジアの成長はもっと早い

日本ではここ20年大きく変わったのかといえば、そんなに変わっていないと思っている人が多くいると思います。ぼく自身も日本が大きく変わったなと思うことはほとんどありません。

しかし、東南アジアや中国など1年あれば都市の雰囲気がガラッと変わるほど成長しています。ぼくは4年間東南アジアや中国を見てきてそれを実感しました。

街が成長する様子を実感しながら働く・生活するという経験は大事だと思います。国や都市が成長しているところは住んでいる人も楽しそうです。

そんな環境で生活すれば、あなた自身も自然と「都市の成長」と「自身の成長」を実感出来る気がしませんか?

まとめ

いかがでしたか?

みんなが右を向いているときに、自分は逆張りで左へ進むというのは、なかなか難しいことだと思います。しかし、みなが右へ進んでいるからこそ、あなただけのチャンスが生まれるものではないでしょうか。

海外という選択肢を少しでも面白いと感じたら、この機会に海外で働いてみるのもありです。海外で活躍する日本人の仲間が一人でも増えると嬉しいですよね。

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

中国とか東南アジアで海外就職をするとメリットもデメリットもあるけど総じて面白い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
坪田佳大

坪田佳大代表取締役 社長

投稿者プロフィール

Guanxi inc.代表取締役社長。
人手不足で諸々を担当しています。海外求人マッチングサービスがメイン事業。
経歴:在学中に起業、海外にて医療サービスを立ち上げる。
2012年エステサロンを立ち上げ、2013年には中国にてコンサルティング会社を設立するもパートナーが会社の資産とともに失踪。
2014年、Guanxi inc.創業。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. ディズニーランドパリ
  2. 台湾でのワーホリ
  3. ベルリン
  4. ベトナム
  5. 英語力
  6. 台湾

おすすめ記事

  1. スイスの滞在許可申請システム
  2. ドイツベルリンで部屋探し
  3. パスポートの申請方法
  4. ネパールの教育
  5. 韓国のカフェ
ページ上部へ戻る