知らなければ恥をかく!アメリカ生活で「知っておきたい食事のマナー」まとめ

食事の写真

アメリカ生活をスタートする理由は留学、仕事、結婚など様々です。私の場合は日本でアメリカ人である今の主人と出会い、結婚生活はアメリカで送ろうと二人で決めたので現在至ります。

アメリカで生活する上で最も大事なのはコミュニケーション能力。アメリカ人と結婚したことで、こちらにも家族ができたわけですが、うまくなじむためにもコミュニケーションはこまめにとらなくてはなりません。

では、基本的なコミュニケーションとはどういう事でしょうか。それはアメリカでのマナーや習慣を理解するということです。理解するって難しいですが、理解出来るとより生活が楽しくなります。

マナーが一番チェックされ易いのは食事の場面です。今回はアメリカでの食事の際にでどのようなマナーが求められるのかまとめてみました。

ウエイトレスやウエイターとのコミュニケーション方法

食事の写真

外食をすることも多いと思いますが、日本にはなくてアメリカには必ずある習慣というのはチップを渡す習慣です。私はいつまで経ってもこれに慣れません。

せっかく楽しくレストランで会話を楽しみながら食べているのにウエイトレスが何度もテーブルに来て

  • 「美味しいですか?」
  • 「何か必要なものありますか?」
  • 「How is everything going?」

等をきいてくるのですが、正直のところ毎回煙たく思ってしまいます。

 

食事は美味しいですか?と聞かれたら、とりあえずWonderfulと答えよう

美味しいですか?と聞かれて毎回アメリカ人の主人は「Everything is wonderful!!」とか返事をしていますが、別に素晴らしくなくてもWonderfulと言っているようです。

聞かれたのでとりあえず受け答えをしているという印象です。特別美味しくなくても「思っていた味となんか違います。」なんて言っているアメリカ人は見た事がありません。

 

用があれば、静かにアイコンタクト

日本では居酒屋などで、追加のオーダーや取り皿が欲しい時に「すみませーん!!」と店員さんを呼ぶ行為は普通ですが、アメリカではマナー違反です。

けっして大きな声で「Excuse me!!」とウエイトレスを呼ばないようにしてみしましょう。

あちらが気づくようにアイコンタクトしたり、軽く手で合図を送ったりするくらいで声をだす必要はありません。大抵チップをきちんともらいたいのですぐこちらに気づいてくれます。

 

要望はテーブルの担当にお願いする

日本ですと全く意識することなく、近くにいる店員さんに用があるときは声をかけますよね。アメリカでは最初に担当してくれた方にコンタクトをとるようにしてみましょう。

ウエイトレス、ウエイターはテーブルごとにチップをもらう担当制です。

その担当の方が他のテーブルで忙しいときは少し待ってあげる気遣いも大切です。相手が他の方と話をしている時に声をだして呼ぶようなことは避けましょう。

チップの相場はいくらくらい?

レストランのウエイトレスとして働くアメリカ人の友人に聞くと、日本人のテーブル担当になるとアンラッキーとのことです。理由として、日本人はチップを置いていってはくれるが、その金額がとても低いからだそうです。

もともと日本人はチップを払う習慣はないですし、レストランに行ってよい接客を受けるのは当たり前だと思っているので、そこまでチップの額に神経をつかっていないのが理由のひとつです。

 

チップは会計の20%

具体的な金額ですが、毎回会計の20%は払っていくのがマナーだそうです。日本のガイドブック等には10−20%と低めに記載されていることが多いですが実際には20%払うのが一般的です。

5ドルの食事に対して1ドルもチップがいるのかと、私はなかなか納得ができませんがこの国のマナーなら仕方が無いですね。

ランチでも20%が普通です。ディナーではワイン等をつぎにテーブルまで頻繁に店員さんが来てくれるので20%以上払うことも多々あります。通常税金込みの値段の20%で計算します。

 

ウエイターの時給はニューヨークでもたった4ドル

そもそもウエイターさんの時給は換算すると1時間あたりニューヨークでも4ドル程度しかもらっていないそうです。地方にいくと時給4ドルにも満たないようです。日本のように時給1000円で雇われている訳ではないのです。

従って店員さんはお客さんからもらうチップを収入源にしています。そういった背景を理解してきちんとチップを払うことは大人として大切なマナーになります。

 

おごるときこそチップに気をつけよう

また、注意したいのがアメリカ人の友人、同僚、家族と食事にいき、自分がおごる機会が出てくる場合です。海外旅行のような短期間ではこちらの人におごるというチャンスはなかなか無いですが、生活をするとなると話は別です。

そういった時にきちんと最低でも20%チップを払わないと一緒に来ている友人や同僚も常識がないとひとくくりに思われてしまうので注意してみてください。

アメリカ人の主人は、こちらで日本人におごってもらう時に、チップの額が少ないので毎回肩身の狭い思いをするそうです。おごってもらっている手前、「もっとチップを払った方がいいよ。」とも言いづらいので辛い様です。

誰から先に食事に手をつけていいの?

食事

これは特に、食事に招かれた時に気をつけたいマナーです。招いてくれたお家の、料理をしてくれた方が先に一口食べたのを確認してから自分も食事をはじめるようにしましょう。

ダイニングに座るのも食事を作ってくれた人が座ってから、他の人が着席するのがマナーです。例えば我が家の家族での食事会では、食事を調理した義理母が着席したあと、他のみんなが座ります。

そして義理母が一口目を口に運んだら他のメンバーも食事をはじめます。これは食事を作ってくれた方への感謝と敬意、レディーファーストがミックスされた習慣のようです。

 

日本とは逆です

日本だとお客さんが先に着席し、ホストが料理を順次運んでおもてなしするのが一般的なイメージですがアメリカでは違います。とはいえ、料理の段取りや調理の行程でどうしても立ったり座ったりが多くなるのがホストの女性です。

義理母はとりあえず、みんなが食事を始められるように一口食べます。その後キッチンに戻って次のおかずの盛りつけ等をする、気遣いをしてくれます。

バターを共有するとき

食事

これは外食時でも家庭でも知っていなければならないマナーです。日本で生活していると他人とバターを共有する機会があまりないので考えたこともないかと思います。

こちらではパンを食べる機会が多い分、テーブルの上に1つのバターがおいてある状況に頻繁に遭遇します。我が家でもよく主人の家族と休日の朝食としてパンケーキを食べるのですがその時も1つのバターディッシュの上に大きなバターが置かれていて、みんなでシェアします。

この時のマナーは1つのバターをシェアする場合はあらかじめ必要な分を自分のお皿に取り分けておくようにすると良いです。毎回こまめにバターをとるのはお行儀がよくありません。

スープをすくうのは手前から奥!

汁物を食べる時に音を出すのはマナー違反だということはみなさんご存知だとは思いますが、スプーンの運び方にもマナーがあるのはご存知でしょうか?スプーンは手前から奥に、自分のほうから遠ざけるようにしてすくって食べるのです。

これはイギリス式だそうです。

フランス式は逆に奥から手前にスプーンをうごかすそうですが、アメリカではイギリス式が一般的なようです。まちがっても残り少なくなったスープをかき集めるような動作はしないようにしてみてくださいね。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか。

今回はアメリカで生活する上で知っていた方がおきたい食事をするときの基本的マナーと習慣をご紹介しました。

努力うんぬんより、知っているか知らないかで変わってくることばかりです。つまらないところで誤解を招いたり、相手に不快に思われたりしないためにも知っている価値があります。

正しいマナーやアメリカ人の習慣を理解することで、早くこちらの生活に慣れて充実した海外生活を送っていただけたらと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スティーバー 由紀

スティーバー 由紀ライター

投稿者プロフィール

アメリカ人と国際結婚し現在ニューヨーク州北部在住。趣味はサッカー観戦(Premier League Arsenal ファン)・マラソン・ヨガ・アンティーク食器収集・キルト。日本では薬剤師、アメリカでは専らパンばかり焼いています。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. インド人との日本生活
  2. これが王道か!バンコク休日の「正しい」過ごし方
  3. バリ島のトラディッショナル市場
  4. これで快適!長時間のフライトを快適にする過ごし方
  5. 中国での生活
ページ上部へ戻る