台湾のコンビニではどんなものを売ってるの?デートもできる台湾コンビニ

茶葉蛋:台湾流煮卵

日本でコンビニといえば、必要なものをサックと買い物したらそれで終わりですよね。おにぎりやカップラーメンをその場で食べながら会話を楽しむというのは、一部のコンビニを除いてなかなか見かけない光景だと思います。

しかし、台湾ではどこのコンビニでも「くつろいでいる人」や「イチャイチャしている人たち」がたくさんいます。台湾でコンビニは北京語(中国語)で「便利商店」と書き、文字通り地域社会や人々にとって無くてはならない存在なのです。

今回はそんな台湾文化を楽しめる台湾のコンビニについてご紹介します。

そもそも台湾にはどんなコンビニがあるの?

台湾の主要コンビニには日系のセブンイレブンやファミリーマートがあり、ローカルコンビニにはOK-martなどがあります。その中でもセブンイレブンが圧倒的に台湾のコンビニ業界を支配しています。もちろん24時間営業です。

台湾の人口は日本の約1/5程度にも関わらず、セブンイレブンの店舗数は台湾では約5,000店舗(ちなみに日本は約18,000店舗)あり、台湾セブンイレブンが圧倒的なシェアを持っているのです。

まさにセブンイレブンが圧倒的な強さなのです。

台湾のコンビニはどんなものが売ってるの?

初めて台湾のコンビニに入ると慣れない匂いが鼻につくかもしれません。しかしこのにおいにも「台湾ならでは」が隠されています。

日本とはちょっと違う台湾のコンビニを堪能してみましょう。 

 

オリジナルメニュー茶葉蛋:台湾流煮卵

茶葉蛋:台湾流煮卵

まずはこれです。

卵をウーロン茶と漢方を中心に煮込んだ「台湾流煮卵」の茶葉蛋です。日本では見かけない台湾オリジナル商品です。味をしみ込ませるため、どの卵の殻にもヒビが入っています。

漢方とウーロン茶の混じったような不思議な「におい」がしますが、これがまた美味しいのです。

慣れない匂いも異国の庶民食である台湾流煮卵の誘惑と思えば苦にならないはず。とにかく1つ選んで食べてみてください!

注文方法は台湾風煮卵を選んで、備え付けのビニール袋にいれレジでお会計です。10台湾ドルです。

昨年まで一律8台湾ドルでしたが、原材料高騰を理由に昨年各社がこぞって10台湾ドルに値上げをしました。それが大きなニュースになるほど、台湾では広く愛されている食べ物、それがこの台湾流煮卵です。

 

関東煮:関西スタイルのおでん

関東煮:おでん

おでんは関西スタイルなのに「関東煮」という名称で台湾人のたちに愛されています。味付けは和風出汁と麻辣(辛いスープ)の2種類あり、具材メニューは練り物を中心に結構種類があります。

おでん

ただ野菜が少なく、台湾では大根と何故かのトウモロコシが人気です。日本のおでんではトウモロコシを見かけることは少ないと思いますが、台湾では定番なのです。

台湾の鍋にもトウモロコシが必ずと言っていいほど入っているのでその影響なのかもしれません。大根を選べばハズレません。

 

台湾らしいメニュー「米血糕」

台湾らしいメニュー「米血糕」

米血糕とは、簡単に言うと鴨や豚の血を餅米と合わせた餅のような食べ物です。台湾では夜市のメニューとしても定番なので、そこら中でみかけることができます。

見た目ほど味のインパクトは無く、モチモチした食感がクセになります。意外とイケるので、ぜひ挑戦してみてください。

コンビニの中にくつろぎ空間

コンビニ内のイートインコーナー

台北中心部のコンビニでも必ず設置されているのがこのくつろぎコーナーのイートインコーナーです。大きなコンビにでは売り場の1/5分くらいがイートインコーナーになっているところもあります。

食事や休憩は勿論ですが、カフェのようにしゃべったり、勉強したり、寝ていたり、カップルでイチャイチャしている人たちもいて地域の人々の憩いの場になっています。

もしかしたら、これが日本の未来のコンビニの姿かもしれませんね。街歩きに疲れたらコンビニで煮卵を食べながら休憩するというのが台湾流でおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

日本のコンビニとはちょっと違う台湾のコンビニ。国が違うと売っているのやコンビニのあり方も違いがあるんですね。文化の違いを体験できるので、面白くていいですよ!

不思議なにおいがする「茶葉蛋」や「関東煮」も是非食べてみてください。病み付きになること必須です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. ニノイアキノ国際空港
  2. これが中国の常識!日本の常識は通じない世界
  3. 釜山のバス
  4. コーヒー・ド・キャンドル ( Coffee De Candle )
  5. フィリピンで友達を作る
ページ上部へ戻る