中国で携帯SIMカードを購入してみよう(料金・キャリア)

携帯電話

中国生活では携帯電話が欠かせません。最近では中国の若者はこぞってiPhoneなどのスマホを持ち歩き、携帯電話を使いネットで買い物をします。

中国では部屋探し、銀行口座開設、派出所への居住登録など各種手続きには携帯番号が必須となっており、使用頻度に関わらず持っておくといろいろと便利です。

今回は中国での携帯SIMカードの購入についてご紹介します。

携帯電話キャリアの選択をしよう

中国では、2008年に通信大手3社に集約され、携帯電話事業ではこの3社がしのぎを削っています。携帯SIMの契約をするなら業界大手の「中国移動」もしくは「チャイナユニコム」を選択するとよいと思います。

iPhoneであれば、チャイナユニコムの方が相性がいいようです。

 

中国移動(チャイナモバイル)

中国移動(チャイナモバイル)

中国、世界最大手の携帯電話事業者で、中国独自の3G方式であるTD-SCDMAを採用、4GではTD-LTE方式を採用しています。中国でも使っている人が多いです。

 

中国聯通(チャイナユニコム)

中国聯通(チャイナユニコム)

世界3位の携帯電話キャリアで、3GではW-CDMA方式を採用、4GサービスではTD-LTE方式で展開しています。

比較的安価でパケット通信速度も安定していますが、建物内や地下鉄では圏外になることもあります。iPhoneとの相性がいいようです。

 

中国電信(チャイナテレコム)

中国電信(チャイナテレコム)

元は固定電話・PHSの通信事業者で、3社のうち最後発。3GではCDMA方式を採用し、4GはTD-LTE方式を採用しています。スマートフォン普及により4G契約プランを全面に押し出し、伸びてきています。

ただ、実際に使っている人は「中国移動」か「チャイナユニコム」を選ぶ場合がほとんどです。

どのキャリアも各種プランを設けているので、生活スタイルにあったプランを選ぶことができますが、端末によっては相性の悪いキャリアもあるため、端末購入時に対応する通信方式を確認しておくことをおすすめします。

パスポート持参でSIMカードの購入しよう

キャリアを決めたら営業所に行きSIMカードを購入します。かつては露天商から購入することもできましたが、ここ最近は購入者の実名登録が実施されており、取得にあたってはパスポートが必要になります。

 

安ければ月10元(約180円)のプランから

初回契約時にプランを決めますが、基本料金は、通話メインであれば月10元(約200円)程度から、スマートフォンでのインターネット利用に便利なパケット通信量に応じたプランで月60元(約1200円)程度から選べます。

中国では街のあちこちにフリーwifiが飛んでおり、出掛けた先でも比較的容易にネット環境を見つけられるので、パケット通信をほとんど利用しなくても快適に使えます。

 

携帯電話の番号は自分で選べる

また、契約の際に番号を自分で選べるというのも、中国らしくて面白いところです。縁起のいい数字が並ぶ番号は高値で取引されており、店頭で選べる番号には限りがありますが、自分に縁のある数字を探してみてもよいでしょう。

中国では、「8」や「6」のたくさん入っている番号が特に人気で、高値で取引されています。

通信料のチャージしてみよう

通信料はプリペイド方式が主流です。チャージカードを購入して携帯端末からチャージ、インターネット上でのクレジット・ネットバンキング決済等が可能です。もしくは近くのコンビニでもチャージが可能なので、コンビニの店員に話かけてみましょう。

コンビニチャージでは中国語が分からなくても、電話番号を書いた紙を見せて、チャージしたい金額を渡すと勝手にチャージしてくれま(※全てのコンビニでチャージできるわけではありません)

日本のように月ごとの使用料が指定の銀行口座から引き落とされる方式もあるにはありますが、企業等の保証が必要となることもあるため、あまり一般的ではありません。

携帯を使うときの注意

注意しなければならないのは、通信事業者の各種サービスは都市ごとに異なります。例えば、北京で購入したSIMカードでの通信は、市外(上海や広州など)に行くと割高な通信料がかかります。

チャージカードでの通話料チャージも購入した都市内でなければできない場合もあり、旅行や出張中に残額がなくなって突然通信不能に陥ることもありえます。残高は携帯のメールで見ることが可能なので、チェックしてみましょう。

例えば、「チャイナユニコム」の定額プランでは毎日使用量のお知らせメールが届くので便利です。

まとめ

いかがでしたか。

中国でSIMカードを買う場合は「中国移動」か「チャイナユニコム」を買っておけば問題なく使えます。また、最近では定額プランや違う地域に行っても同じ料金のプランなども販売されているので、そういったプランを選ぶのもありです。

もし、中国で携帯を使いたいと思ったら、「中国移動」か「チャイナユニコム」へ行ってみましょう。

おすすめ

中国での日常生活で実際に見かける面白い6つのこと

とっても興味深い中国の車社会!中国で生活で気づいた7つの事情

中国の虫対策!どんな虫除けグッズがあるの?

 

中国お役立ち

外国人臨時宿泊登記と中国生活で知っておきたい各種手続きまとめ

中国で携帯SIMカードを購入してみよう(料金・キャリア)

中国で働くためにZビザを取ろう!就業ビザ取得まで(費用・日数・必要書類)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. インドの学校
  2. タイ・バンコクは知る人ぞ知る海外ラーメン激戦区
  3. 芸術に触れるならここ!音楽の都ウィーンのおすすめのコンサートホール5選
  4. バンコク、ゴーゴーバー
  5. バンコクでタクシーに乗車
ページ上部へ戻る