費用は16,000円程度!はじめてのパスポート〜申請から受け取りまで〜

パスポートの申請方法

今回は海外行く際に命の次に大事なものをゲットする方法をご紹介します。

 

ええ、命の次に大事なものです。みなさんはもうお分かりですよね?

 

そうです、パスポートです。

 

初めてパスポートを申請する場合、分からない事だらけだと思います。でも、この記事を読めばもう大丈夫!申請資料を握りしめて、早速、パスポートの申請に出かけましょう。

 

では、見ていきましょう。

パスポートの基本

 

2006年3月から偽変造が難しくなるようICチップの入ったパスポートが開始されました。IC(集積回路)を搭載し、国籍や名前、生年月日など情報のほか、所持人の顔写真を電磁的に記録しています。

 

海外ではまだICチップを搭載していなパスポートや入管があるようですが、さすが日本ですね。

 

パスポート申請に必要な書類

パスポートの申請に必要な書類を見ていきましょう。

 

一般旅券発給申請書

申請書はパスポート申請窓口でもらうことができます。

都道府県別のパスポート申請窓口はこちらから

 

申請書は5年有効なパスポート申請用10年有効なパスポート申請用の2種類あります。(注)20歳未満の方は、5年有効なパスポートしか申請できないので、注意が必要です。

 

できれば、がっつり10年分のパスポートを取っておきたいですね。10年後に10年前の自分を見ることが出来ます。。。

 

戸籍謄本または謄本

申請日前6カ月以内に作成されたものが必要です。

 

住民票の写し(原則不要)

申請日前6カ月以内に作成されたものが必要です。(住民基本台帳ネットワークシステムを利用することにより原則不要になります。国外で申請する場合も不要です。)

 

写真

縦45ミリメートル×横35ミリメートルの縁なしで、無背景(薄い色)の写真が必要です。(申請日前6カ月以内に撮影されたもの)無帽で正面を向いたもので、頭頂からあごまでが34±2mmであるなど申請書に記載されている規格を満たしていることが必要です。

 

スピード写真でとってもいいですし、時間があるなら写真館で取ってもらうのもオススメです。僕は写真館で撮りました。写真は少しでもキレイな方がいいと思って。。。

 

身元確認資料

運転免許証など(a)の場合は1点、もしくは健康保険証など(b)を2点

 

  • (a)1点でよいものー運転免許証 / 船員手帳 / 写真付き住基カードなど
  • (b)2点必要なものー健康保険証 / 国民健康保険証 / 船員保険証 / 共済組合員証 / 国民年金手帳(証書) / 厚生年金証書 / 共済年金証書 / 恩給証書 / 実印と印鑑登録証明書など

 

上記はすべてコピーは不可なので、原本が必要です。運転免許証があれば一番楽です。

 

申請用紙はこんな感じです。

 

申請書(表面)

パスポート申請書

申請書(裏面)

パスポート申請書

 

申請の仕方

 

申請に必要な書類がそろったら、住民登録をしている都道府県のパスポート申請窓口で申請しましょう申請から受領までに、通常1週間程度(土・日・休日を除く)かかります。

 

余裕を持って申請することが大切ですね。

 

受け取り方

 

パスポートを受け取る時には以下のものを持って、本人が受け取りにいきましょう。

 

  1. 申請の時に渡された受理票(受領証)
  2. 手数料(必要額の収入証紙及び収入印紙を受領証に貼付して下さい)

 

パスポートができてウキウキ気分だと、受領証を忘れてパスポートを受け取れないことが多々あるようです。受け取れないと気分が一気にドンヨリしますので、受領証は忘れずに持っていきましょう。

 

パスポートを受け取るまでの費用は?

パスポートを申請してから受け取るまで実際にいくらかかるのでしょう。早速、料金をチェック!

 

10年間有効な旅券(20歳以上)

2,000円(都道府県収入証紙)+14,000円(収入印紙)=16,000円(合計)

 

5年間有効な旅券(12歳以上)

2,000円(都道府県収入証紙)+9,000円(収入印紙)=11,000円(合計)

 

5年間有効な旅券(12歳未満)

2,000円(都道府県収入証紙)+4,000円(収入印紙)=6,000円(合計)

 

やっぱり、20歳以上であれば10年間のパスポートがいいですね。いや、写真が見れるとかじゃなくて、金額的な面で。。。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

パスポートの申請自体は難しいものではないです。必要な書類をそろえるだけで簡単にゲットできます。

パスポートをゲットすれば、あなたはもうどこでも好きなところへ旅に出ることができます。早速、海外へお出かけしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 本のオブジェ
  2. ロンドン
  3. 事務員
  4. レストラン
  5. フランスで働く
  6. プーケット

おすすめ記事

  1. シンガポールの交通手段
  2. フィリピン語
  3. バンドンで語学留学
  4. 目標
  5. トレッキングをしなくても楽しめるベトナム・サパ旅行
ページ上部へ戻る