中国北京の交通事情(バス・地下鉄・タクシー)と料金

中国北京のタクシー

北京は都市としても広く、外国人でマイカーを持っている人は多くありません。北京市内は広いため、移動には公共交通(バスや地下鉄)、タクシー等を利用する必要があります。

今回は、北京の交通事情(公共交通機関として路線バス、地下鉄、そしてタクシー)についてご紹介します。

路線バス

中国北京の路線バス

距離当たり運賃が最も安いのが路線バスです。安く移動するのであれば、バス移動がおすすめです。

バスの路線網は市内各地を網羅しており、500以上の路線があります。2014年末に運賃改定があり、初乗りが2元(約35円)となりました。バス運賃の支払には、現金で支払う方法と交通カードを使う方法があります。

デポジットが必要ですが交通カードを使うと1元に割引となり、初乗りから10kmを超えると、5kmごとに運賃が加算されます。

 

バスはラッシュ時のスリ・ひったくりに注意!

中国北京の路線バス

路線によっては、ラッシュ時には乗客で溢れかえる線もありますので、ひったくりや怪我に十分気を付けてください。

携帯電話で話しながら混雑していたバスに飛び乗り、車内の中ほどに移動していたときに、ポケットから携帯電話を抜き取られたという経験があります。

後日中国人の友人には、「上着の内ポケットにしまわないと盗まれるよ」とアドバイスをもらいました。携帯電話や財布などの貴重品は上着の内ポケットにいれるようにしましょう。

休日にぶらりとバスに乗り込み、景色を眺めながら気ままに出掛けてみるのもよいですね!

関連記事▶︎初めての入国審査と、北京空港から市内に出る方法(バス、地下鉄、タクシー)空港から出る方法も合わせてどうぞ。

地下鉄

中国北京の地下鉄

毎年のように新しい路線が拡張・開通しており、一都市の地下鉄全長としては世界一と言われる北京。

地下鉄と言っても地上を走る路線もあり、日本でいう一般の在来線とほぼ同義なので単純に比較はできないかもしれませんが、開発は今後も進み益々便利になりそうです。

北京の地下鉄は現在、初乗り3元(約54円)で距離制を採っており、12kmまでが4元、22kmまでが5元、32kmまでが6元、92kmまでは9元となっています。

中国北京の地下鉄

日本人が行く主要地域には地下鉄の駅もできているので、スムーズな移動をしたいときには地下鉄の利用がおすすめです。

午後4時半ぐらいから徐々に混雑が始めるので、混雑時のスリにも注意しましょう。

関連記事▶︎やっぱり面白い!中国で生活してみてわかる5つの中国の日常 北京で生活していれば、自然と目に入る光景です。

タクシー

中国北京のタクシー

市内には同一デザインのタクシーが縦横無尽に走っています。初乗り運賃は13元(約226円)と安いため、気軽に利用できます。

3kmまでは初乗り運賃で、その後1km毎に2.3元が加算され、23時~翌5時の深夜料金では20%割り増しとなります。

メーターを起動させているか確認しよう

郊外や人の往来が少ない場所などでは、メーターを倒さず記録に残らない形で高めの値段をふっかけてくる悪質な運転手も稀にいるので要注意。

走り出したらメーターを使用しているか確認する必要があります。下車時には領収書を確実に受け取りましょう。

また、タクシーを拾いにくい場所では手数料がかかりますが呼び寄せサービスもあり、最近ではスマホアプリを使った予約システムも普及しており、タクシー利用も非常に便利になっています。

関連記事▶︎中国での日常生活で実際に見かける面白い6つのこと 中国では面白い光景をたくさん見ることができます。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

北京は広いため、移動するには交通機関を使わなければなりません。移動には地下鉄の利用が便利です。最安値で移動するならバス移動がおすすめ。

北京市内でも端から端まで移動しようと思うと非常に時間がかかります。道路の渋滞やラッシュアワーなど状況を見極めながら、状況に応じて交通手段を選択してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. タイで現地採用
  2. シェムリアップの食事
  3. タイ語
  4. バンコクのお土産MAMAカップラーメン
  5. 中国大連での給料相場
ページ上部へ戻る