自由出勤!アメリカの外資系コンピュータメーカーで仕事してました

コンピューターメーカーで勤務

日本で外資系(アメリカ)の企業に勤めていました。その企業は株式会社ではなく単なる日本支店で、私の直属の上司はアメリカ本社の社員でした。

日本支店を撤退することになったのですが、行き場がなくなった私を本社の上司が引き抜いてくれ、アメリカへいくことになりました。

他の日本人スタッフは早期退職をし、会社のサポートで人材バンクを利用して日本国内の会社に転職をしましたが、私は特に行きたい会社もなかったので、本社に行くことにしたのです。

今回のインタビュアー

梶原さん(女性30歳)日本支店の撤退により、アメリカへ本社へ転勤。外資系コンピューターメーカーに務め、給料は27万円。

初めての海外勤務がアメリカということで不安と期待でいっぱいだったそうです。

アメリカの会社の雰囲気は非常に自由な雰囲気だった

コンピューターメーカーで勤務

アメリカ本社の雰囲気は非常に自由で、タイムカードなどはありませんでした。社員は好きな時に会社に来て、好きな時間に帰っていくというスタイルです。

始業時間は8時なのですが、8時ピッタリに来ている人は少なく、午前中に出社してくる人もいれば、昼過ぎに出社してくる人もおり、いつの間にか出社しているという感じです。

他の社員は、誰がいて誰がいないのかもよくわかっていないような感じです。

 

結果さえ出せば勤務態度は問題ない

個人の机は約2メートル程のパーティションで囲まれていたので、中を覗かないと人がいるか分かりません。

お昼休みも12時よりかなり早く出て行って、1時半頃戻ってくることもありました。お昼休憩が2〜3時間というのも良くある光景です。

とにかく自分の仕事さえしっかりとやって結果を出せば、勤務態度というのはほとんど問題になりません。結局実力社会で結果のみが求められるのです。

 

外資系なので四半期に一度予算の見直し

仕事内容は財務分析で、予算会議のプレゼンテーション資料を作ることです。当然会議が近付くと仕事の量が増えて、残業も毎晩21時~22時頃までかかり、土日も出勤することもあります。

しかし、それ以外の時は全くヒマではっきり言ってほとんどやることはなく、残業も全くありません。夏はサマータイムがあったので、仕事帰りにショッピングを楽しむこともできます。

ヒマな時期には休暇もきちんと取れて、プライベートを充実させることができるのが魅力です。仕事の量に幅があるので、なんとか調整しながら仕事をしています。

仕事に対してとにかく厳しい

外資系企業は雰囲気が自由な代わりに、仕事に対しては非常に厳しく、日本人だからというのは通用しません。

上司から言われたことは即座に「Yes / No」をはっきりさせなくてはならず、できもしないのに「Yes」ということも許されないので、非常に緊張感があります。

常に緊張感と集中している必要がある

ちょっとでも英語が理解できなくて返事をしそびれると「バカか」と言われることもよくあります。

少しでも失敗をすると「使えねーな:useless」と言われてしまうので、常に集中していなければなりません。精神的にキツいです。

アメリカでの休日の過ごし方

アメリカで一番好きな休日の過ごし方は、フリーマーケットに行くというものです。フリーマーケットといっても日本とは規模が違い、気が遠くなりそうな広大な敷地内で開かれます。

同じ日にちに何カ所かフリーマーケットをまわり、気に入った日用雑貨(可愛いものからおしゃれな物まで)を購入して、部屋に飾っています。

アメリカでは車移動なので、余暇を過ごすにも1日がかりです。かなり遠距離移動になるので、移動だけで疲れることもしばしば。

また、何人かで誘い合って大都市で開催される有名ミュージシャンンのコンサートに行き、翌日の朝帰ってくるということもやっています。とにかく休日は充実しています。

まとめ

いかがでしたか?

会社の雰囲気は自由ですが、仕事にたいしての要求は厳しいです。能力がある人には最高の環境ではないでしょうか?逆に英語がネイティブじゃないと厳しいと感じる面もあります。

仕事の仕方は日本式でも大丈夫ですが、英語ができないとそれを伝えることすらできません。

もし、アメリカで働きたいと思っているのであれば、英語を必死で勉強することをおすすめします。逆に英語さえできれば、仕事は役割分担もはっきりしているのでなんとかなると思います。

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

中国とか東南アジアで海外就職をするとメリットもデメリットもあるけど総じて面白い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. トロント
  2. リヨンの交通機関
  3. ヤンゴン動物園
  4. ドイツのビザ
  5. 青島54広場
  6. 葡萄

おすすめ記事

  1. フィリピンで海外就職
  2. B-STORY
  3. インドの病院
  4. 韓国の運転免許
  5. フィリピン・セブのプリズンダンス
ページ上部へ戻る