海外に3ヶ月以上滞在予定の人は大使館への在留届の提出が義務です

在留届

あまり知られていないことですが、日本国旅券法第16条において、海外に3ヵ月以上滞在する場合、所管の日本国大使館、総領事館に在留届を提出することが義務付けられています。

例えば、北京では在中国日本国大使館に、ハノイであれば在ベトナム日本国大使館、ニューヨークであれば在アメリカ日本国大使館に届出をすることになります。

知らなければ何も届出せずに生活してしまうものなので、この文章を目にした海外居住者のあなた、もしまだ届出をしていないようでしたら、早速、届出をしてみましょう。

在留届

在留届

クレヨンしんちゃんもメキシコ大使館へ在留届を提出しています。

外国に住所または居所を定めて3か月以上滞在する人は、旅券法第16条により、その地域を管轄する日本大使館または総領事館に速やかに在留届を提出することが義務付けられています。

新たに海外に3ヵ月以上滞在する場合、居所が決まった時点で提出します。事件・事故の発生時に所在の確認や国内緊急連絡先への連絡等が可能となり、救助活動の大きな助けになります。

帰国・管轄外転出届

届出者全員の帰国又は管轄区が変更になる場合に提出が必要となります。帰国しても記録が残っていると大使館側に余計な手間をかけてしまう場合もあるので、きちんと届出を出していきましょう。

記載事項変更届

住所の変更や結婚・出産による家族構成の変更があった場合に提出します。

各種大使館への届出の方法

届出の方法にはインターネットを使った方法と、メールや郵送などによる届出の方法があります。インターネットを使った届出がラクなので、こちらのほうをおすすめします。

 

インターネットでの届出方法

外務省ORRネット「インターネットによる在留届電子届出システム」で登録が可能です。一旦登録すれば、記載事項の変更や帰国の際の転出届も同システム上で行えるので、非常に便利です。

また、登録者には在外公館からの緊急一斉連絡メール等が配信され、緊急時の情報取得に役立ちます。

ORRネット:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/

※3ヵ月未満の渡航予定の方には、外務省海外旅行登録「たびレジ」を活用できます。

たびレジ:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

 

FAX、郵送、メール添付による届出方法

上述の届出様式を大使館ホームページからダウンロードし、印刷して記入し、大使館領事部在留届係まで送信・郵送・提出します。直接窓口に提出することもできます。

ただしこれらの手間を考えると、ORRネットで届け出を済ませるのが便利だと思います。

まとめ

いかがでしたか?

海外旅行や海外生活では、日本と異なり思わぬトラブルに巻き込まれるリスクが常につきまとっていることを忘れてはいけません。海外に出れば、私たちには常に「日本」という国を背負っており、何かトラブルがあれば外務省を通じて国が解決に動くことになります。

個人の責任において海外に出ていくとしても、最後は日本国民であるゆえに国に保護義務が生じます。

転ばぬ先の杖、何事も起きなければよいのですが、いつだって起きてからあれこれ言っても元の木阿弥。小さなことではありますが報告義務はしっかり果たした上で、海外での活動に励みましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. ベトナムドン
  2. ニュージーランドの家
  3. タンソニャット空港
  4. エジプトの旅行会社で海外就職
  5. ジャカルタの仕事
ページ上部へ戻る