アメリカの日系飲食店で仕事をする20代女性の海外就職インタビュー

アメリカで仕事

アメリカのフロリダで日系飲食店で働いている木田さん(28歳女性)に海外就職についてお聞きました。今回はアメリカで働くきっかけやメリットやデメリットについてご紹介します。

アメリカの飲食店で働くことは、日本とどのような違いがあるのでしょうか?

アメリカで働くことを選んだきっかけ

日本では何年も接客業で働いていました。日本の接客はおもてなしの心がこもっていて、もちろん素晴らしいと感じていましたが、あるとき海外の接客はどのようなものなのかという疑問が生まれました。

日本よりも海外の方がより多くの国の方を接客することができると思い、同時に自分の英語力や接客力を海外で試したいと思うようになっていったのです。

また、実際にアメリカで働いた友人などから「絶対に経験した方がいい」というアドバイスを受けアメリカで仕事をすることを決めました。

メリット1、世界中の人を接客することができる

働いていた地域は観光地(フロリダ州オーランド)ということもあり、お客さんは日本人をはじめ、世界中の国から訪れています。

 

毎日1000人以上の外国人のお客さんを接客する

日系の飲食店で働き、ポジションは受付業務がメインです。毎日1000人以上の外国のお客さんとコミュニケーションをとり、接客を行いながらアメリカ式の接客を学んでいます。

時にはクレーム対応や電話対応などもしなければならないポジションですが、英語でどのように対応すればいいのかというのを日本では学ぶ機会も実践する機会がなかったので、アメリカで働きながら学んでいます。

メリット2、チップ制度で自分の評価がわかる

アメリカと日本の飲食店の大きな違いが「チップ制度」です。

カウンターサービスではなく、ちゃんとウェイターがテーブルを担当するレストランでチップが発生します。この制度により仕事に対するやる気がかなり上がります。もちろん、まわりのスタッフも同様です。

日本では、おもてなしは無償のサービスという感じがしますが、アメリカではチップを頂くために良い接客をしようという気持ちで接客しているスタッフがほとんどです。

良い接客をすればするほど、お客さんは喜んで多くのチップを置いていってくれるので、それが自分の評価にも直結します。自分のサービスレベルを知るきっかけにもなります。

現在は、チップ込みで20万円~25万円 / 月ぐらいの収入です。

アメリカで仕事をするときに知っておきたいこと

日本人のクレーム対応をするときには、こちら側に非がなくても「申し訳ありませんが」や「恐れ入りますが」「お手数おかけしますが」などクッション言葉を加えることが多いですよね。

しかし、アメリカではそのような言葉をしようしてしまいますと、「では、そっちに非があるのだから、何をしてくれるの?」と強気に出られてしまいます。

実際に日本式のクッションワードを使って、トラブルになることが多々ありました。

アメリカで仕事をするときには、こちらに非がなければ、できないことは「できません」とはっきり言うことが大切です。

アメリカ生活で困ることは車がないとどこにも行けない

勤務地はアメリカのフロリダ州オーランドです。ニューヨークなどの都会ではなく、高層ビルもない地域なので、電車などの交通手段がありません。

アメリカでの移動の基本は車です。車の免許を持っていないとかなりつらい思いをします。もちろんバスもありますが、1時間に数本程度で、車では15分で着くところも1時間半くらいかかることもあります。

また、日本のようにバスは時間通りに来ませんし、そもそも時刻表もないのですごく不便に感じます。

まとめ

いかがでしたか?

アメリカで接客の仕事をすることで、世界中の人を接客することができ、自身のスキルアップにつながります。また、日本とは違ったアメリカ式の接客も体験できます。

もちろん、トラブルになることもありますが、それもまた経験です。ぜひ海外で働いてみて日本との違いを学んでみてください。

それを日本に持って帰ってこれると、さらなるスキルアップにもつながります。

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

中国とか東南アジアで海外就職をするとメリットもデメリットもあるけど総じて面白い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. お金
  2. フランス人
  3. フランス生活
  4. workingholiday
  5. 海外で働く
  6. 馬車:delman(デルマン)

おすすめ記事

  1. バンドンで語学留学
  2. セブの語学学校の選び方
  3. イタリア
  4. シンガポールのcondo
  5. St. Patrick’s Day
ページ上部へ戻る