イタリアで仕事をしたい!学生ビザでの仕事や給料は?

仕事

どこに住んでいても、生活するためにはお金がかかりますよね。イタリアに留学中、生活費の足しにアルバイトをしてみたいと思う人も多いのではないでしょうか。

残念ながらイタリアでアルバイトをしても、日本のように満足のいく収入を得る事は難しいですが、海外で仕事をするということは、かけがえのない経験となるはずです。

今回はイタリアにおいて学生ビザでアルバイトをする上で、大切な約束事とその現状についてご紹介します。

イタリアのビザに関して知りたい人はこの記事もどうぞ!イタリアに長期滞在するために知っておきたいビザに関する3つのこと

結論から言うとイタリアで仕事を見つけることは難しい

現在のイタリアでは、イタリア人でさえも仕事を探すのが難しい状況です。

2015年はミラノで国際万博が開催されたため、日本人観光客が、通常よりも多い年でした。

そのため、ミラノのブティックなどで日本語を話せるスタッフを多く募集していたのですが(1ヶ月に5件程)、ミラノ万博終了と共に日本人観光客が少なくなったため、それと同時にブティックでの日本人スタッフの募集も無くなってしまいました。

 

日本人向けの求人は少数

ローマやミラノなどの大都市では、今でも時々日本語を話せる人の募集がありますが、日本語よりは中国語を話せる事を条件にしている募集の方が多いので、イタリア語と日本語ができるだけでは、仕事先が簡単に見つからないというのが現状です。

最近は日本食ブームの影響で、日本料理レストランのウェイター、ウェイトレスの募集が増えてきてはいるものの、ミラノに限っていうと、インターネットの求人情報で日本人の募集は2件(2015年12月-2016年2月の直近の3ヶ月間)しか見つけることができません。

学生ビザで仕事するときに知っておかなければならないこと

仕事

学生ビザでアルバイトをする場合、労働できる時間は1週間に20時間までと決められています。

この上限は必ず守らないと、警察官の抜き打ち検査があった場合、上限を超えて働いていることが判明した外国人は強制送還させられる可能性があるので、「少しくらい20時間を過ぎてもいいか。」という甘い考えは避けましょう。

強制送還処分になった場合、その後5年間、イタリアへの入国は不可能になります。今後の海外滞在にも影響が出てくる可能性もあるので、20時間 / 週を厳守しましょう。

アルバイトで得られる賃金の相場

アルバイトで得られる賃金は、日本料理屋でのアルバイトで、時給7ユーロから9ユーロ位(910円から1.170円位)が相場です。この金額だけを見ると、日本とほぼ同じくらいですが、イタリアではここから20パーセントの納税義務が発生します。

9ユーロ×週20時間×4週間-20パーセントの納税ですので、労働時間の上限まで働いた場合、手取りで月約576ユーロ(74.880円程)の収入を得る事ができます。

 

イタリア人の平均収入

イタリア人の平均収入は月収1200ユーロ(156.000円程)と、日本と比べると少し低めです。

関連記事▶︎イタリアに入国後にするべき3つの大切な手続き(滞在許可証、納税者番号)手続きをしていない人やイタリアへ行く予定の人はこの記事もどうぞ!

まとめ

いかがでしたか?

イタリアで仕事を見つけるためには、イタリア語が話せるという事が、まず絶対条件です。

でも、イタリア語を話せたとしても、求人情報自体が少なく、競争率も高いので、思っている以上にアルバイト探しは難しいというのが実際の印象です。

物価は日本と変わらないので、決して優雅な生活を送れるわけではありません。学生としてイタリアに滞在する時は、日本でイタリア滞在期間の生活費をカバーするくらいの貯蓄をしておく事をおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. お金
  2. フランス人
  3. フランス生活
  4. workingholiday
  5. 海外で働く
  6. 馬車:delman(デルマン)

おすすめ記事

  1. マレーシアの時間感覚
  2. フィリピンで海外就職
  3. ドイツ就職
  4. イタリアで財布に注意
  5. タイ・ファッションアイランド
ページ上部へ戻る