王道の北京の観光地はここ!とりあえず行っておきたい北京のおすすめ観光地5選

頤和園

中国における歴史・文化の首都である北京には、多くの名所旧跡があります。その一方で、近年新たな観光名所も増えてきており、まさに過ごし方は千差万別です。

北京には数多くの観光場所があり、1日や2日でまわりきるの不可能なのです。

そこで今回は、北京に初めて来たら必ず行っておきたい王道の観光地5選をご紹介します。

万里の長城

万里の長城

中国では「不到長城非好漢」(長城に登らなければ漢じゃない)と言われる万里の長城。一番メジャーな長城である八達嶺長城(はったつれい)のほか、慕田峪長城、司馬台長城等が北京周辺で訪問可能な長城です。

八達嶺は最も早くから一般向けに開放されており、毎年多くの観光客が訪れています。

行かないからといって漢じゃないとは思いませんが、北京に来たのなら一度は行っておくべきところであることには違いありません。

とにかく観光客でごった返しています。

頤和園

頤和園

中国語を勉強していると必ず教科書に出てくるのがここ頤和園(いわえん)です。明代以降皇室園林として利用され清代に巨額を投じて整備された、ユネスコ世界文化遺産にも登録されています。

清朝末期には、アヘン戦争の戦火で消失したのを再建して西太后の避暑地とするため、日清戦争敗北の原因ともなるほど国家財政を圧迫したという巨大庭園ですが、それほどまでに贅を尽くしただけあって、緑と湖に囲まれた癒しを堪能することができます。

景山公園(故宮)

景山公園(故宮)

 

明清代皇帝の裏庭である景山公園は、紫禁城の真北に作られた人工の山が中心に据えられており、その頂上のお堂からは紫禁城を見下ろせます。紫禁城を見てみたいが入場券代が惜しいという方はこちらをおすすめします。

景山公園頂上から見下ろした紫禁城

景山公園頂上から見下ろした紫禁城の写真

シニアは他の観光地と同じくフリーで入場できるので、朝夕は中国人の踊りや歌などが公園のあちこちから聞こえてきます。

鼓楼周辺の胡同エリア

鼓楼周辺の胡同エリア

北京のおすすめローカル地区の筆頭は、古き良き北京の面影残る路地・胡同(フートン)です。

旧城内に点在していますが、中心部の再開発に伴い保存地区とされる一部を除いて取り壊しが進められており、鼓楼周辺に残る胡同は貴重な歴史的風景と言えるでしょう。

伝統的家屋である四合院も多く残されており、ホテルや貸家としてリフォームしているところもあります。

旧城内で時を告げる太鼓や鐘を響かせた鼓楼・鐘楼は建物に登り北京の街並みを見渡して当時に思いを馳せることができます。

前海・後海・西海の3つの湖からなる什刹海の周辺にはお洒落なレストランやバー、土産物屋が立ち並び、夜は幻想的な景観になります。

最も古い路地である南鑼鼓巷には、近年様々なバーが出店し、お洒落な通りとして毎日多くの観光客を迎えています。

歴史と現代の融合ともいえる鼓楼胡同エリアは一日いても飽きません。

オリンピック公園、鳥の巣スタジアム

オリンピック公園の鳥の巣スタジアム

2008年北京オリンピックのメインスタジアムとして建てられた、国家体育場、通称「鳥の巣」は、新しい北京のシンボルともなっています。冬になると雪が凍り、期間限定のスケートリンクと化します。

なぜか動物が連れてこられ、ちょっとした野外動物園にもなっています。夜になると、同エリアに建設された国家水泳センター、通称「水立方」と並んで、鮮やかにライトアップされ、目の前の幹線道路から目を引きます。

オリンピック公園

鳥の巣の北側には、オリンピック森林公園が680ヘクタールにわたって広がり、週末にはラニングコースを走ったり、貸自転車でサイクリングを楽しんだりする家族連れ等でにぎわいます。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

他にも有名な観光名所は多々ありますが、今回は王道の観光地5選を紹介しました。北京と一口に言っても、今や新興名所も多く、一日だけではとてもすべてを見て回ることはできません。

まずは王道の観光地からまわり、ローカルエリアへと足を運んでいくのが面白いと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. ミャンマーでのSIMカード購入
  2. 韓国でウェディングフォト
  3. 锅巴
  4. 韓国の運転免許
  5. 【大自然】ニュージーランドに昔の古き良き日本の姿があった!
ページ上部へ戻る