【大自然】ニュージーランドに昔の古き良き日本の姿があった!

【大自然】ニュージーランドに昔の古き良き日本の姿があった!

「南半球には古き良き日本の姿がある」今回のテーマはこれです。いったいどういうことなのでしょうか。 

 

日本からずっと南の国ニュージーランド。人口よりも羊の方が多いという牧場の国です。私はニュージーランドでのホームステイで、大きな自然とそこで幸せに生活する家族に巡り会うことが出来ました。

 

日本では経験できない大きな大きな世界だったのです。

 

昔の良き日本のリズム

 

ニュージーランドでは日本のように深夜までスーパーマーケットは営業していません。夕方6時や6時半に閉店し、皆帰宅するのです。

 

その後、家族と一緒に食事をし、食後にはゆっくりと一家団らんの時間を過ごします。日本で言えば、昭和の良い家族関係を維持しているような生活です。

 

街中でも渋滞などはほとんどなく、道も広いので人口密度が極端に低いので、妙な圧迫感はありません。

 

人間の心理ではあると思いますが、人ごみの中で生活することもほとんどなく、街の中心を生活の拠点にしていても車で走れば山や海まで混雑せずに向かえます。

 

自然とともに生活し、家族を大切にするという生活スタイルはニュージーランドの特徴ともいえるかもしれません。

 

彼らは日本人にも親切です。いや、誰に対しても親切なのかもしれませんね。

 

日本との深い関係

 

ニュージーランドでは学校教育の中で外国語を選択できる授業があり、非常に多くの学生が日本語を勉強しています。そのため日本の文化にも深い興味を持っているひとが多く、街を走っているバイクや車は日本車がほとんどです。

 

そのためか、私が接した子供たちは私に様々なことを日本語で表現してほしいと頼まれることも多々ありました。他の欧米諸国へどのような印象を持っているのかは分かりませんが、ニュージーランドの人々は日本と日本人に対しては非常に親切に接してくれます。

 

国民性は国によって様々ですが、ニュージーランドは日本人に近いかもしれません。穏やかに自然を楽しみ、自分の価値観を押しつけることも非常に少なく感じました。このようなところが日本人との相性がよいのだと思います。

 

大自然から学べること

【大自然】ニュージーランドに昔の古き良き日本の姿があった!

rakuten.co.jp

 

日本でも未だに豊かな自然が残っている地域は多いですが、就職や進学などで仕方がなく都会に出て仕事をしているひとも少なくないはずです。

 

もちろんニュージーランドでもオークランドなどの都市部では高いビルなどもあり、日本の街中と遜色ない人工物の密集地帯はあります。しかし、広大な牧場と牛や羊、馬などの動物を国全土で見ることができるのです。

 

人の生活は便利になりすぎてさらに豊かさを求めるが故に生活費を稼がなければならなくなります。それもある程度で止めておくことがひとの幸せではないのかと感じることができます。

 

彼らはマオリという先住民族の文化も大切にし、動物と自然を大切にします。忘れかけている日本人の姿を見せてくれる国です。

 

海外だからこそ学べること

 

海外では日本以上に人種が多い国ばかりです。日本人と違い多民族であることに抵抗がありません。それ故に日本人も受け入れられるのです。

 

私は語学の修得のためにニュージーランドへ行きましたが、本当に学んだことは、人と関わることです。それも家族と同じようにです。

 

日本人の国民性では難しいかもしれませんが、本当の家族のように人に接することで学べる何かが海外にはあるのかもしれません。私はニュージーランドでそう感じました。

ニュージーランド

ニュージーランドのオークランドにある居酒屋で店長をしてみませんか?

 

まとめ

いかがでしたか。

海外では、その国々で違った体験ができます。国の数だけ経験ができ、出会いの数だけ体験があります。自分だけの体験をして少しでも人生を豊かにしていきたいですね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 本のオブジェ
  2. ロンドン
  3. 事務員
  4. レストラン
  5. フランスで働く
  6. プーケット

おすすめ記事

  1. イタリア人
  2. バンコクのダイナソー・プラネット
  3. カナダへ持っていかなくても良いもの
  4. ミアンカム
  5. バリ島の物価と生活費
ページ上部へ戻る