働く理由はひとそれぞれ、中国で就職することを選んだ3人の理由

働く理由

海外で就職する理由は人それぞれです。

中国には多くの日本人が仕事で来ていますが、そのほとんどが日本本社から派遣されてきた駐在員の立場であり、自ら進んで中国に来という人は少数派です。

今回は現地で働いている実例をもとに、中国で就職するにいたった経緯をまとめてみました。

早速、見ていきましょう!

中国系エンジニアリング会社勤務、Sさん(20代、男性)

中国系エンジニアリング会社勤務

Sさんは大学卒業後、日本の大手商社に勤めていました。

当時から中国には強い憧れを持っていて、いつか中国で働きたいと考え、社内でも中国関連案件を担当したいという希望を出し続けていましたが、3年が経つ頃、希望する中国関連部署への異動は難しい状況になっていました。

チャンスがないなら、チャンスを作りに自ら中国へ行くとの思いで、Sさんは退職を決意。

中国に移住し、語学学校に通いながら直接現地で仕事探しを始めます。

1年間語学を勉強する一方で、大学の同窓会や異業種間勉強会、同業者交流会等に積極的に顔を出しては人脈や情報集めに取り組んだ結果、日本留学帰りの中国人社長と知り合い、意気投合して彼の会社で働くことになりました。

日系コンサル会社勤務、Tさん(20代、男性)

日系コンサル会社勤務

Tさんは大学で中国語を学び、卒業後は中国語を使って仕事をしたいと考えていました。

学部卒業後の進路を決める時期になると、中国語で仕事をするためには語学力を高め、現地のことを理解しておきたいとの考えに至り、中国への留学を決意。

1年間の語学留学のつもりでしたが、中国政府奨学金に応募したところ運よく合格し、北京の大学院へ進学する機会を得られ、更に3年間修士課程で学び論文を書くことになります。

卒業後の就職を考えるにあたり、せっかくの現地経験を活かして仕事をしたいとの思いから、現地での就職を検討していたところ、論文執筆のためヒアリングで訪問した会社でインターンシップに誘われ、論文執筆のかたわら現場での経験を積み、卒業後はその会社で正社員として働いています。

大学教員、Mさん(30代、女性)

大学教員

Mさんは幼少より書に親しみ、日本の大学学部以来書道を専攻していました。

その専門性から中国との係りは深く、修士課程在学中に中国留学を経験、その後、中国の大学院で博士号を取得した後、現地の大学で教職に誘われる形で就職し教師として活躍しています。

大学教員のMさんについては、前者2名とは異なり、「外国人専門家」という形で「就業証」とは別の「専家証」というものが発行され、この証書に基づいてビザ・居留許可証を取得しています。

このように、特殊技能(特に学術・芸術関係)の場合、専門家として中国で勤務する方法があります。

まとめ

いかがでしたか?

今回取り上げたケースはいずれも、中国に対する強い思い入れが根底にあり、留学等の現地での準備期間の中で模索しながら、現地でつながった縁がきっかけで仕事を見つけています。

このほか、市場としての中国に魅力を感じて中国に来た人の多くが、自ら会社を立ち上げてビジネスを展開しており、その場合中国現地に来てからの期間も短いのが特徴です。

やりたいことが明確であるならば、中国で自ら会社を立ち上げるのもよいですよね!

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

中国とか東南アジアで海外就職をするとメリットもデメリットもあるけど総じて面白い

 

おすすめ

逆張りとしての海外就職、日本の景気が良い今だからこそアジアへ行け!

日系メーカーで中国勤務、駐在員として勤務してわかったこと

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. ディズニーランドパリ
  2. 台湾でのワーホリ
  3. ベルリン
  4. ベトナム
  5. 英語力
  6. 台湾

おすすめ記事

  1. Japan Tour Guide(ジャパンツアーガイド)
  2. マレーシア
  3. シンガポールブログ
  4. シンガポールでの銀行口座開設あ
  5. ピンクドルフィン
ページ上部へ戻る