イタリア語を勉強するのにおすすめの留学都市はどこ?

ミラノ

イタリアで語学留学をするのならば、どの都市で勉強をすれば良いのかと迷う方も多いのではないでしょうか。

日本と同じようにイタリア語にもたくさん方言があります。

イタリアの方言は、とても変化に富んでいて、話し方や発音からイタリア人同士で、正確に出身地を当てることができるほどなんです。

どこの都市に行くかで、身につくイタリア語が変わってきてしまいます。

そこで今回は、語学留学をするにあたって人気の高いイタリアの都市をご紹介します。

ローマ

ローマ

イタリアの首都ローマは、コロッセオやフォロ・ロマーノなど有名な世界遺産が町中に溢れ、毎日観光気分で楽しむことができます。

2路線のみのシンプルな地下鉄と、バスがローマっ子の足。

ここで話されるイタリア語は、ロマーネーゼという方言です。ロマーネーゼは標準イタリア語に近いのですが、標準イタリア語よりは少し荒っぽい印象を受けます。

語学も観光も楽しむならココ!

ローマの人達は、外国人と話すときは、きれいなイタリア語を話してくれるので、理解できなくて困る、という問題は特にありません。

世界遺産に溢れる美しい都市で過ごすということは、あなたがイタリアにいる時間をより充実させてくれることでしょう。

また、ローマはイタリアの中央部に位置するので、イタリアの他の都市へも行きやすいのもこの都市に滞在する長所の1つです。

フィレンツェ

フィレンツェ

花の都といわれるフィレンツェは、町そのものの美しさが魅力です。

ヴェッキオ橋の上に立ち並ぶ宝飾店、「ヴィーナスの誕生」や「プリマヴェーラ」などボッティチェリの名画を見ることができるウッフィーツィ美術館など、見所満載のフィレンツェの町は、何でもない日常を特別な日々へと変えてくれるでしょう。

フィレンツェの方言は独創的

ここで話されるイタリア語は、フィオレンティーノという方言で、これもまたクセのあるイタリア語です。

フィオレンティーノは「C」の発音を「H」と発音するので、例えばcoca cola(コカコーラ)は、「ホハホーラ」と発音されます。

フィレンツェの人達もローマの人と同様、外国人と話す時はきれいなイタリア語で話してくれるので、会話の際大きな問題を感じることはありません。

ローマ同様方言が話される地域なので、標準イタリア語を学びたい人には、向いていないかもしれませんが、芸術に溢れた美しい町で生活することは、貴重な経験となるでしょう。

ミラノ

ミラノ

ミラノはビジネスとモードの町と言われます。首都ではありませんが、日本で言うと東京のようなイメージです。

地下鉄も網羅していて、10分も待たずに電車が来るので、日本の都市に慣れている人も、そこまで不自由さを感じることはないでしょう。

ミラノの町の中には、高級ブティック店が多く、歩いていると素敵なイタリア製の服、かばん、靴に出会うことができるため、ショッピングが好きな人には、とても魅力的な町と言えるでしょう。

しかし、家賃が高いというのが玉にきずです。

標準イタリア語を学びたい人にはおすすめ

ここで話されるイタリア語はミラネーゼといわれる方言ですが、最近はミラネーゼを話す人が少なくなり、多くの人達がきれいな標準イタリア語を話すため、標準イタリア語を学びたい人には、おすすめの町です。

交通渋滞が多く空気が悪いという欠点もありますが、歴史的な一面とモダンな一面が共存するスタイリッシュな町ミラノでは、刺激的で楽しい生活をおくることができるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は語学留学におすすめの、イタリアの主要3都市についてご紹介しました。

イタリアは都市によって、まるで国が違うかのように風景や話し方が異なります。1861年にイタリア王国が建国されるまでは、それぞれが独立国家だったからということもあるのでしょう。

イタリアとして一つの国になったのは、わずか150年程前なんですよ。

せっかくの長期滞在。住む町の雰囲気も大切です。滞在する都市を決定するには、イタリアでどんな生活や経験がしたいかも考えてみるとよいのではないでしょうか。

おすすめ記事▷

  1. イタリアに長期滞在するために知っておきたいビザに関する3つのこと
  2. 気になるイタリアの1ヶ月の生活費や家賃はどれくらい?
  3. イタリアで仕事をしたい!学生ビザでの仕事や給料は?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. お金
  2. フランス人
  3. フランス生活
  4. workingholiday
  5. 海外で働く
  6. 馬車:delman(デルマン)

おすすめ記事

  1. 水道水
  2. 青いペン
  3. 漢方系料理、おすすめは「薑母鴨(ジャンムーヤー)」
  4. ベトナム・ハロン湾の夕日
  5. グァーバはタイ語ではファラン
ページ上部へ戻る